プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:35
  • 総アクセス数:392944

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

山陰、春のハイシーズン。

こんばんは。


フィールドスタッフ佐藤です。


4月も半分が過ぎ山陰のシーバスゲームは春のハイシーズンといったところです。




コノシロパターンにアミパターン、そしてバチ。


ポイントによって異なりますがいずれも良いサイズの鱸が期待できます。


基本的に私が行くポイントは流れが釣果の鍵となっています。


ハイシーズンだからこそ、ハイプレッシャーになることも多く魚に違和感無くルアーを送り込んであげる事が必要です。


ボトムゲームをする場合等、ボトムタッチの感度を優先してフロロショックリーダーを多用していましたが、このシーズンは耐磨耗ショックリーダーを使用します。




流していく釣りに関してはハリのあるフロロではなく、流れに自然に同調させていくため耐磨耗ショックリーダーを使用します。


そしてラインはPEレジンシェラー。




1.2~1.5号を使用。


シンキングミノーを中心に狙いたいレンジにルアーを置く。そして流す。


良いサイズのシーバスが出てくれますが、基本ガチンコ勝負。


ロープや流すポイントによっては橋脚にリーダーが擦れることも。


それでもラインブレイク無く勝負できています。



ベイトタックルの利点であるロングリーダーセッティングも有効となっていることでしょう。


まだまだこれからもハイシーズンが続きます。


ポイントやパターンに合わせてリーダーのセッティングにもこだわっていきたいと思います。






コメントを見る