プロフィール

ティー

栃木県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:340
  • 昨日のアクセス:229
  • 総アクセス数:181875

検索

:

QRコード

涸沼川1バラシ

fimoでいつもお世話になっているとある方から、
涸沼川のおすすめポイントを教えて頂き、行ってきました

結果は1バラシでした。下の図みたいな感じです。
また、疲労と眠気が極限で、休養の大事さを知りました



i92umav535t6fct42xcx_480_480-48843141.jpg

場所は涸沼川のちょっと曲がってるところ。
反転流はなさそうなのですが、ブレイクがあります。
現地につくと、手前のシャローでは魚の波紋がいっぱい。
恐らくイナッコでしょう。
対岸では親子連れがハゼ釣り。けっこう釣れてる様子。

(^^ おすすめの場所だけあって、ベイト多そう

しかし、シーバスのライズまでは見られません。
これはもしかしたらハゼパターンかと思いました。



2aovb4f7xurutz43mxrk_480_480-9e98b68d.jpg
ふだんはあまり使わない鉄板バイブやらで、底も探ることに






gxbnzbwpe5gzdjfupvyr_480_480-8373ca68.jpg
しかし、涸沼川の底にはワケワカラナイ物も多いらしいです。
底をとろうとしたバイブレーションの殉職が連続……




wth5fn2cdg2pfti8hdsf_480_480-29e66669.jpg
そこで、アイマの新発売、モーグリ120で底を探ることに。
2mくらい潜り、MRDでブッ飛び、動きも良いという!
動画紹介が辺見哲也氏だったこともあり、購入しちゃいました。

モーグリはどうも、流心ではボトムぎりぎりを泳いでいる
感じで、そこからちょっと手前に引いてくるうち、
底にコツコツ当たりはじめます。

モーグリでボトム、ウェイク等でシャローを狙っているうち、
とある問題が出てきてしまいました。

(==; ね……眠い……!

仕事でトラブルがあり、その対応で眠れていませんでした。
しかも釣り中、いきなり強い雨が降ってきて、気温も急低下。
離れた車まで、慌てて雨具とグローブをとりに戻るはめに。

リーリング中に何度も寝落ちしそうになりましたが、
(いや、リーリング中なら仮眠をとれるんじゃないか?)
と、目をつむりながらリーリングするありさまに。

夜も深まると、下げがはじまりました。
しかし、シーバスのライズはなく、ルアーへの反応もなし。

ちょっと場所をずらしてみようか、と、
護岸ぞいにゾンビみたいに歩きだしました。
上流へ向かいながらシャロー帯を探ってみて、
はじっこまでいってから、下流へ戻りながらボトム探り。

しかし、24時、下げも止まったようでしたが、
ついに何の反応もなく、元の場所まで戻ってきてしまいました

(°Д° (寝たい寝たい寝たい寝たい……)

適当に投げたモーグリ120が、目の前まで近づいてきました。
そして、シャローの底にガツガツと当たっていて……

*ガツガツ……ガッ、グーン!*

ボトムの感触が、生物の感触にすり替わったのです。

(°Д° え? な、なに……?

目の前、エラ洗いが夜闇の中で白くはじけていました。
ラインは竿先から2mも出ていません。

今までの経験で、まずは疲れさせなきゃ取り込めない、とは
頭にあったので、ドラグを緩めて沖に出させようとしました。
しかし、フッコらしき魚はもう浅瀬に乗り上げているのか、
かなりドラグを緩めても、岸壁に体をこすりつけるように
ヘッドシェイクし続けています。

やばい、ラインテンションがヘロヘロだ……
フックがちゃんと刺さってなさそう……?
でも、強いフッキングするにも、巻き合わせしたら、
ただでさえ短くしか出てないラインが、ますます短く……

結局、私がしたのは、ロッドを振り上げて形だけの
追い合わせをしたあと、タモを差し出すということでした。

タモに驚いたような強いエラ洗いが炸裂し、
バーブレスフックがあっけなく外れました。

(°Д°  ……まぁ……そりゃ……はずれるよな……

感情の起伏がもう全くなくなっていました。
周りを探りなおし、反応がないのに、ギブアップ。
モーグリ120をケースに戻したときに吐き気に襲われ、
口に手をやりながら歩きだしました。

(体調管理って、大事なんだな……)

車のなかで痛感しましたが、この釣行は二段構えでした。
朝は、今度は私の釣りの師匠がおすすめしてくれた海の
場所に上げ潮のタイミングで入ることになっていました。

『飲むまいと 思うヒマない 三日酔い』

とは両津勘吉の句ですが、体調管理するヒマもなく、
2時間ほど寝て、海にいくことに。

そしたら、寝過ごして3時間寝てしまいました。
安全運転のため、顔を洗ったりコーヒーを飲んだりして
なんとか目を覚ます努力。
しかしちょっと足りなかったらしく、道を間違いました。
夜の道って、昼間とはぜんぜん違いますね(><

けっきょく、3時に着くはずの海に5時到着。
しかも、無風で波が弱すぎます。
ちょっと投げている間に上げも終わり、夜も終わりました。



knxmt8mvtstu9cdfwv2h_480_480-77fcab39.jpg
あさひがキレイだな~ (;∀;

今でなら、こんかいのヒットのときは、
ロッドを支えたまま後ろに何歩か下がる、が
フッキング方法として正解だったのかな、とか思えます。

寝不足での釣りは、アイデアもでないし、感動もできないし、
ダメですね。
せっかく場所の情報を頂いたのに、
不甲斐なくて申し訳ございませんでした。

ただ、やっぱり、ルアーを追うような高活性のシーバスは
シャローにさしてきてるのかな、と思いました。
ヒットのとき、モーグリ120は明らかに流心には届いて
いませんでした。
また、釣れたときに投げていたモーグリはドチャートの
ものでした。魚がすごくスレてそうな涸沼川でも、
夜はチャートが強いのでしょうか?


次の釣行は、ちゃんと体調を整えて、
那珂川中流のエサ釣りと、あとどこか行けるところで
ルアー釣りしたいなあ、と思っています
 

コメントを見る

ティーさんのあわせて読みたい関連釣りログ