プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:322
  • 昨日のアクセス:503
  • 総アクセス数:214374

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

リーダーを使い分けて釣りを快適に。


皆さんこんにちは。

茨城の鈴木です。


気候や環境の変化により、

シーズン開幕時期・水温・魚の着き場など、年々その表情を変えていくホームエリア。

自分も今年はちょっと魚を見失いがちになっていました(^_^;)


ホーム河川での開幕フィッシュは


8ancrzes9neskcunu5bb_366_480-add8b2bf.jpg


河川上流部でまさかのマゴチというスタート(笑)



p48hu9egsy4suxz2545x_480_344-bae283a7.jpg


ようやく釣れたシーバスも微妙なサイズ。


1発デカいのが欲しいな〜、と思っていたところにちょうど


svyrggstadr68c3n283k_480_347-48fd270e.jpg


ランカーが出てくれました♪



6xrx6c795v6eaen47rkg_401_461-9c8d93e8.jpg

護岸の角にリーダーを擦られましたが、


6gvsv8bxauu42j449rn6_400_446-4aa1dcbd.jpg

信頼の耐摩耗ショックリーダーがズタズタになっても耐えてくれました(^-^)


自分はトップウォーターの釣りが好きで、ナイロンリーダーを使うことが多いのですが、このリーダーはその名前に偽りナシの性能で、本当に頼りになります。


自分の釣りはベイトタックルで攻めて行く釣り。

スピニングでは入れるのが難しいような、ストラクチャーまみれの場所にもルアーを撃ち込んでいきます。

そうなると魚を掛けてからラインをストラクチャーに擦られてしまう事が多々あります。

そうした状況でも持ちこたえてくれる耐摩耗ショックリーダーは、今では自分の釣りに欠かせない存在。







mwhif9inw3u6h85cussa_480_395-8de7b183.jpg

7dsautx2osygfgjmnppu_480_360-8f05f163.jpg


こちらは

j3upzk9pew9anpvscmhg_400_400-3aafbe46.jpg

フロロショックリーダーを用いたビッグベイトの釣りで。

※画像は8lbですが、使用したのは22lb。


この時はフローティングのビッグベイトだけでなく、シンキングのビッグベイトでレンジを入て探ったりもしてたのでフロロを使用。


釣りをする場所や、メインで使用するルアーによってナイロンとフロロを使い分けると良いでしょう。

山豊テグスのショックリーダーは価格も500円程ととてもリーズナブルなところもオススメする理由の1つですね♪



これからの季節、狙える魚種や釣り方も増えていきますので、それぞれ釣り方に合ったショックリーダー選びをしてみてください☆

コメントを見る