プロフィール

大野ゆうき

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ダイワ・スライ110F
vuvdj4bf4ve7mabz478m-d3386026.gif
♪シーバス釣り超思考法
smw6vta25rspcutv6axs-81cb17e6.jpg
ダイワ・スライストロング156F
jz4gdc67izei63yjpmys-29593329.gif
ダイワ・ガルバストロング120S
p9xtrcxbtpw7xpkrf37c-bbf083d5.jpg
邪道・ごっつぁんミノー89F
6z8ze4bys26m8cfo287j-5925cd3e.png
ダイワ・ガルバスリム80S
783i24akm3ff82xj5zj3-348462b0.jpg
ランディングツール
g69ctrkisvge6ykftfv9-91c267a2.gif
マングローブスタジオ・マリブ78
mjh5okb5seba4e7tj6m3-430c0af6.jpg
アイマ・SW230V gaur
azm5kzbdkezvgb5eie8t-276de0fc.jpg
メガバス・トラビス7 a9yvdwatwuwxubypy457-da612bbc.jpg

☆DVD☆
-SEA SCAPE TOKYO vo.1-
(もっと釣る!!)
ba4n9rogas9kptw6e243-05bcd5e4.jpg
pchzdppfo3xyi6j3mabu-045d2900.png

検索

:

アーカイブ

2021年 7月 (13)

2021年 6月 (8)

2021年 5月 (9)

2021年 4月 (10)

2021年 3月 (11)

2021年 2月 (3)

2021年 1月 (2)

2020年12月 (7)

2020年11月 (18)

2020年10月 (12)

2020年 9月 (13)

2020年 8月 (10)

2020年 7月 (14)

2020年 5月 (4)

2020年 4月 (4)

2020年 3月 (12)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (10)

2019年11月 (11)

2019年10月 (8)

2019年 9月 (7)

2019年 8月 (12)

2019年 7月 (8)

2019年 6月 (7)

2019年 5月 (8)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (8)

2019年 2月 (8)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (5)

2018年11月 (16)

2018年10月 (8)

2018年 9月 (10)

2018年 8月 (10)

2018年 7月 (14)

2018年 6月 (7)

2018年 5月 (17)

2018年 4月 (8)

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (9)

2017年12月 (8)

2017年11月 (9)

2017年10月 (6)

2017年 9月 (6)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (11)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (11)

2017年 3月 (6)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (6)

2016年11月 (8)

2016年10月 (8)

2016年 9月 (11)

2016年 8月 (9)

2016年 7月 (10)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (13)

2016年 2月 (9)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (16)

2015年11月 (18)

2015年10月 (10)

2015年 9月 (9)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (12)

2015年 6月 (11)

2015年 5月 (14)

2015年 4月 (17)

2015年 3月 (10)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (8)

2014年11月 (12)

2014年10月 (10)

2014年 9月 (8)

2014年 8月 (8)

2014年 7月 (6)

2014年 6月 (7)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (9)

2014年 3月 (6)

2014年 2月 (6)

2014年 1月 (4)

2013年12月 (6)

2013年11月 (12)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (4)

2013年 8月 (8)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (7)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (7)

2013年 3月 (6)

2013年 2月 (3)

2013年 1月 (2)

2012年12月 (13)

2012年11月 (12)

2012年10月 (9)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (7)

2012年 7月 (9)

2012年 6月 (4)

2012年 5月 (12)

2012年 4月 (10)

2012年 3月 (8)

2012年 2月 (5)

2012年 1月 (3)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (8)

2011年 9月 (11)

2011年 8月 (7)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (5)

2011年 4月 (5)

2011年 3月 (9)

2011年 2月 (6)

2011年 1月 (4)

2010年12月 (8)

2010年11月 (15)

2010年10月 (10)

2010年 9月 (10)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (10)

2010年 6月 (10)

2010年 5月 (4)

2010年 4月 (3)

2010年 3月 (4)

2010年 2月 (3)

2010年 1月 (7)

2009年12月 (6)

2009年11月 (6)

2009年10月 (7)

2009年 9月 (2)

2009年 8月 (3)

2009年 7月 (4)

2009年 6月 (2)

2009年 5月 (4)

2009年 4月 (4)

2009年 3月 (4)

2009年 2月 (3)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (3)

2008年11月 (4)

2008年10月 (6)

2008年 9月 (6)

2008年 8月 (5)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (4)

2008年 5月 (5)

2008年 4月 (6)

2008年 3月 (7)

2008年 2月 (4)

2008年 1月 (6)

2007年12月 (4)

2007年11月 (8)

2007年10月 (4)

2007年 9月 (5)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (4)

2007年 5月 (2)

2007年 4月 (4)

2007年 3月 (3)

2007年 2月 (2)

2007年 1月 (4)

2006年12月 (2)

2006年11月 (6)

2006年10月 (4)

2006年 9月 (6)

2006年 8月 (1)

2006年 7月 (3)

2006年 6月 (2)

2006年 5月 (3)

2006年 4月 (3)

2006年 3月 (4)

2006年 2月 (2)

2006年 1月 (3)

2005年11月 (5)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (4)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (3)

2005年 5月 (3)

2005年 4月 (3)

2005年 3月 (5)

2005年 2月 (3)

2005年 1月 (2)

2004年12月 (3)

2004年11月 (7)

2004年10月 (4)

2004年 9月 (6)

2004年 8月 (2)

2004年 7月 (2)

2004年 6月 (1)

2004年 5月 (3)

2004年 4月 (2)

2004年 3月 (2)

2004年 2月 (1)

2004年 1月 (2)

2003年12月 (1)

2003年11月 (1)

2003年10月 (2)

2003年 9月 (3)

2003年 8月 (1)

2003年 7月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2078
  • 昨日のアクセス:1796
  • 総アクセス数:19338254

GraverHi89S発売!!表層を引けるバイブレーションみたいなミノー

いよいよ本日あたりから発売となり(24日出荷開始!)

店頭に並び始めるGraverHi89S


必ずやこのミノーでしか

引っ張ることのできないポイントがたくさんあることでしょう。

rgawsz34ju9jfzpvkzs3_480_480-dfba5c54.jpg

 
en5hedsn8fu4xbu2ysu4_480_480-8f20ee0e.jpg
wpx7u3t9eoadtt8ifuzi_480_480-a58b284c.jpgvx4cshm95n3bjxkba9cv_480_480-258d5304.jpg

 
【スペック】
サイズ:89mm
ウエイト:13.5g(フックなし時)
フック:ST46#6
使用レンジ:1~80cm
____________________

グラバーは速巻き対応のシンキングミノーです。

高速リトリーブ時のアクションは

バイブレーション並みの細かく狭いピッチ。

高速リトリーブ時でもバランスを崩すことなく

水面に飛び出すことなく安定したアクションを実現しました。

そのアクションは速度を上げるほど細かくなり

追うものに過度なアピールを与えることがありません。


水面へのラインの進入角度が浅ければ浅いほど

その安定感は増し

ロッドを立ててジャークやトゥイッチを織り交ぜながら

引いてきても飛出しにくく水面直下を

高速で逃げ惑うベイトを演出することができます。

b5s6fsvyubycvraf8wo3_480_480-49d80ef8.jpg

例えば

グラバーを簡単に表現すると

「表層を簡単に高速で引くことのできるバイブレーションプラグ」

と言い換えることができます。

デイゲームの河川などで

バイブレーションが底を擦ってしまうような潮位になっても

グラバーへとローテーションすることでシャローを

バイブレーションプラグと同じスピードで攻略することができます。


また、バイブレーションでは突っ込みすぎて

引きにくい浅い

岸際のゴロタの落ち込みなど

平行に引くこともできます。


グラバーはベイトに着き、ルアーに対して追ってくるようなコンディションのときだけでなく

ボトムストラクチャーやゴロタの落ち込みなど

通過するベイトを待ち構えてピンポイントに居着いているような

コンディションのときにも高速リトリーブで瞬間的に見せることで

口を使わせることが可能です。

8sdgbzngpnjgf4b2pd33_480_480-bcf59e66.jpgjp539p4vvf466ffdke59_480_480-5ef10d22.jpg

朝マズメや夕マズメのようにベイトが浮き

ボイルが出るタイミングに

ミノーやトップで反応しにくい時も

水面直下のレンジをキープしながら

高速でリトリーブすることで

スピードに反応するシーバスを追わせて食わせることができます。

魚数が多いときは高速リトリーブとジャーク+スローなど

スピードにイレギュラーなアクションと急激なスローダウンを

組み合わせることで追ってきて見切ってしまうターゲットに

口を使わせることができます。

58hf9vh8h9jctcbtz5pw_480_480-f1872bab.jpgf3ea5mxhpt3w23t8i4ca_480_480-77db5789.jpg

干潟で使っても有効です。

ミノーのスローな釣りに反応が渋いときや

バイブレーションが引きにくい干潟ではグラバーが活躍してくれることでしょう。

逆に足場の高すぎるところではリップが短い分、

苦手なポイントです。


ポイントによっては

高速で巻いてくるグラバーに対して青物も食ってきてしまうこともあります。

bxkrdkhe3pxzx2p8hipt_480_480-efa12780.jpg


【もう一つの使い方】

速く巻いても安定したアクションをキープした状態で

引くことができるメリットを生かし

激流ポイントでもグラバーは難なく泳ぎ切ることができます。

mfkthzjv7xtzgbuuxhf8_480_480-4a03d01f.jpg

激流と言えば、雨後の 堰下や流量豊富な川の中・上流域、

海と海を繋ぐような地形的に流れを生むポイントなど

通常ミノーではひっくり返ってしまうようなシチュエーションでも

グラバーはきっと口を使ってくれるアクションをキープしたまま

泳ぎ切ってくれることでしょう。

5pjz3sfjcumjfb3y74ru_480_480-0b168b33.jpg

グラバー自体はそこまで重くはありません。

フックを含めて15g前後。

体積もあるので

小型バイブレーションプラグくらいの飛距離になります。

僕の手持ちだとミニエント57Sやマリブ78くらいでしょうか。


バイブレーションより浅いところをバイブレーション並みの

細かく幅の狭いアクションで引くことができるのに

ラインアイが頭に着いているため

バイブレーションよりバラしにくいというメリットもあります。

50cmを超えるようなシーバスになってくると

結構な確立でフロントフックがフッキングしています。


フォール姿勢はラインをたるませると頭から落ちていき

テンションを掛けた状態でフォールさせると

水平に近い状態を保って沈んでいきます。



リトリーブ時も水平に限りなく近い姿勢で泳いでくれます。



そもそも潜らせたくないプラグのため

潜行レンジは浅めの設定にしてあります。

潜り過ぎないようにするために

リップを短くしその分、

水受けが悪くなるので

リップを横に広げて水を受ける面積を増やし

細かくもしっかりと強いアクションを発生させ

速巻き時にも安定した軌道をキープすることができました。

レンジは僕が実際使うレンジで1~80cm程度。

水面直下を引いたりロッドを寝かして

水深に合わせボトムストラクチャーに合わせ

多少潜らせて使ったりします。


フックを1番手上げることも可能です。

逆に下げることはオススメしません。

よりばたつきやすくなるため安定した高速リトリーブができなくなります。

また、チューニングウエイトをプラスすることも可能です。

要は、低い重心で重くする分には大丈夫で

むしろ使用範囲が広がるとこうことです。


カラーは村岡さんカラーのブルーブルーを含めて全11色。

夏場や雨後のように水が濁ったときにも

ホロが貼ってあり

アピール力もあって使いやすいレモンソーダやピエロ、キンピカイワシといった

カラーも採用しました。


ハッピーレモンやコーラルピンクも採用したのは

ナイトゲームでの使用も踏まえてです。

大潮のナイト河川、ボートの河川ゲーム

夜の堰下や激流ポイント、

夜の干潟の速巻きなど可能性がたくさんあります。


思い当たる状況・ポイントが頭に浮かんだアングラーのみなさん

是非、1投してみてください☆


スイミングアクションやスピード感の映像はコチラです↓↓



 

コメントを見る