プロフィール

たゆむふ

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/4 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:16
  • 昨日のアクセス:134
  • 総アクセス数:100790

QRコード

ホッケには会えなかった釣行記

4月になって積丹のホッケも少し安定してくるころと思い、本州から来たかたと釣りに行ってきました。
結果はホッケの顔を見たのは、小樽の祝津と岩内港のみ。
積丹の半島部では、釣果なしとなりました。
 
4月2日
夕方2時間ほど使って小樽で釣り。南防波堤・運河まわり・厩岸壁などをのぞいて、祝津へ。
先端部は数人のカレイ釣りの人が竿を出していたので、灯台から内側のちょい投げで開始。
風があったが、軽めの仕掛けですぐに同行者に20㎝のクロガシラ、自分にも30㎝のアサバカレイ・続けて25㎝ホッケが釣れる。このまま続くのかと思ったが、あとが出ず。
寒さと空腹でいったん仕切り直すことにして納竿。
 
4月3日 岩内港
仕事をすませ、岩内港へ。
おりからの強風だがフェリーふ頭は満員で入るスペースがない。それでいて釣れている様子もない。
中央ふ頭の角にいる人がぽつりぽつりとホッケを釣っているが、コマセに群れている割には釣れないようだ。
近くで竿を出すが、強風の中で何をやっているのかわからない状況が、さらに風が強くなり撤収を余儀なくされた。
 
4月4日 珊内
この日は朝から釣り。
漁港内でだんご釣りを開始し、隣でライトちょい投げでフォローする。
だんごに群れる魚がいてホッケだと思いきや、釣りあげると25㎝クラス。
立て続けに針にかけてしばらく海タナゴの引きを楽しんだ。
だんごに寄ってきたクロガシラもぽつりぽつり釣った。
昼間は釣れない時間ができたので、のべ竿で敷石と砂の境目を探っていると、コツっというアタリを感じて、聞き合わせながら重さが乗ったところで合わせて32㎝のアサバカレイをゲット。
だんご釣りではウキが表層を流されるので、チモトに4Bのガン玉を打って仕掛けを安定させたたら、身の厚いクロガシラが釣れた。
海タナゴ 良型12枚 アサバカレイ32㎝ クロガシラカレイ25㎝ほどが6枚
 

コメントを見る

たゆむふさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター