プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:34
  • 昨日のアクセス:40
  • 総アクセス数:393392

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

一年間の振り返り

フィールドスタッフの佐藤です。
2018年も残りあとわずかとなりました。
今年もたくさんの方々に支えられて、楽しくフィッシングライフを送ることができました。
毎年の事ながらシーバスをメインターゲットとして釣りをしており先日は吹雪の中、シーバスゲームを楽しんできました。
年間を通じて使用するラインはこちら。

続きを読む

【メバリングライン選択術~基本編~】

皆様こんにちは。
大分県フィールドスタッフの梶原です。
早いもので2018年ももう終わりに近づいてきましたね。
今回のログ2018年最後の私の担当となります。思い返せば本当に一年間あっという間ですね。
流石に年の瀬が近づき大分県も暖冬とは言え、気温も下がりグッと下がり体の芯まで冷え込む日も増えてきました。
当然…

続きを読む

耐久性

しかしもう12月も中盤2018年がもう少しで終わりますね
また一つ歳をとるのかと思うと今から憂鬱な川本です・・・
ちなみに私の担当ブログは年内は最後となります
前回、耐摩耗ショックリーダーの耐久性の検証をし終わった時に今度はPEラインも試してみようと巻き替えてたんですよね
 
大体自分の巻き替え目安としてはPEラ…

続きを読む

PEストロング8!!

こんにちは、フィールドスタッフの湯村です。
今回は、ソルト(主にシーバス)のキャスティングゲームのラインについて。
宮崎在住の僕のメインフィールドはこの時期、サーフや磯、河川内及び河口部がメインフィールドとなります。
ターゲットはマル・ヒラのシーバスに加えてヒラメなんかがメイン。
特に、河口部やサーフで…

続きを読む

ライトタックルのラインセッティング

皆さんこんにちは。
茨城県の鈴木貴文です。
いよいよ冬ですね。
冬といえばライトゲームが楽しい季節☆
今日はベイトタックルでライトゲームをする際のラインセッティングについてお話しします。
まず私が普段ライトゲームで使用しているロッドが、
・Fishman / Beams inte 7.9UL
・Fishman / Beams 6.6UL(プロト)です。…

続きを読む

ハードボトムにフロロショックリーダー。

こんにちは。
フィールドスタッフの佐藤です。
我がホームの山陰も冬に近づき朝晩が非常に冷え込んできました。
11月は会社の事情もあり本当にバタバタ過ごしておりました。
気が付けば11月も終わりです。
さて、今回の内容は山陰汽水エリアのシーバスゲームについてです。
この時期になると水温やベイトの関係にて、ポイ…

続きを読む

【再掲】初心者の方にお勧めしたいノット

皆様こんにちは!
鹿児島のフィールドスタッフの【こばっち】
小原暁彦(こばらあきひこ)です!
マイページ
【世間は遊びと言うけれど 釣られる魚は命がけ】
http://www.fimosw.com/u/KOBARA
FacebookとInstagramの方も本名でやっておりますので、そちらもよろしくお願い致します!
https://www.facebook.com/akihiko.kobar…

続きを読む

鹿児島アングラーズパーティー2018

皆様こんにちは。
大分県フィールドスタッフの梶原です。
ちょっと今日は趣向を変えて、一昨日、昨日と鹿児島で行われたアングラーズパーティーin薩摩川内2018に参加してきましたので、そのお話しをさせて頂きたいと思います。
この大会には山豊テグスも協賛させて頂いた大会で、運営サイドにはフィールドスタッフのこばっ…

続きを読む

ナイトフィッシング。白いライン!

皆さんこんにちは、
九州大分のYAMATOYOフィールドスタッフの河野です。
 
秋はどんどんと深まっていき、各魚活性は上がる一方です。
前回、「FAMELLアオリイカCOLOR´S」アオリイカ専用
4BRAIDEDPEと8をご紹介しました、が新人さんは
「夜、ラインが見えない」と言う。
 
 
ある程度経験があるアングラーはナイトフィッシ…

続きを読む

PEラインの手入れ

こんにちは、山豊テグスフィールドスタッフの湯村です。
今回のテーマはPEラインの手入れ、主に塩抜きについて書かせて頂きます。
と、言いましてもなにか裏技的な特殊なことをしている訳ではなく、ちょっとした便利グッズを使ってるだけなのですが、参考にして頂ければ幸いです。
その前に、PEラインの塩抜きは必要か…

続きを読む