プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:38
  • 総アクセス数:392926

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

鹿児島アングラーズパーティー2018

皆様こんにちは。

大分県フィールドスタッフの梶原です。

ちょっと今日は趣向を変えて、一昨日、昨日と鹿児島で行われたアングラーズパーティーin薩摩川内2018に参加してきましたので、そのお話しをさせて頂きたいと思います。

282nxwpieypfz6fzfmmf_480_480-60e76cfe.jpg

22hythmkgm3gn4sxpx3i_480_480-cf1834fc.jpg

この大会には山豊テグスも協賛させて頂いた大会で、運営サイドにはフィールドスタッフのこばっちくんこと小原君がいます。

p7ppzdwibspd366ie8fd_480_480-c4e889b2.jpg


私自身で言えば昨年に続き2回目の参加となりました。

同じ九州ですが、結構距離はあり、私の居住する大分県大分市から鹿児島県薩摩川内市までの所要時間は約6時間。

結構な長旅です。

とは言え、同じ山豊テグスのフィールドスタッフということもあり、年に数回は遊びに行ってますので、もうこの距離も慣れつつあります。
今年も鹿児島に行ったのは3回目で、シーバスポイントや地名も徐々に頭に入ってきました。

今回の大会は薩摩川内市内を流れる川内川を本部に11月17日14時エントリー開始。翌日9時迄に本部帰着という1DAY大会で対象魚はシーバス。

鹿児島県内には本部が置かれる川内川を始めとして、肝属川や万之瀬川といった河川もあればサーフ、漁港、磯等々の実に様々なシチュエーションからシーバスが狙える好フィールド。

cppf5fpa3h7axyf5mkk9_480_480-09fa089a.jpg


私も断片的で表面上しか見てませんが、毎回思うのは自然豊かで景色も良く、シーバスを狙うには凄く良い環境だなと感じます。

ただ、様々なフィールドで選択肢が多く存在するエリアだけに大会では数あるポイントの中からどこのポイントを選択するのか?が大きな鍵を握っているように思います。

事前の釣行でのチェックや過去データ、当日の気象状況、水温、ベイト、潮位等々を加味した上で、ポイントを絞り込めるか?要はやっぱり事前準備の重要性を感じました。

私もこばっちくんと前日に2、3箇所下見をして、プランを組み立てました。

話すと長くなるので、ちょっと割愛させて頂きますが、その甲斐も少しあり(ほとんどは同行して頂いた方のお蔭です)、大会中にシーバスと出逢うことができました。

zb6ayte97i3co66hddzk_480_480-8e01dc47.jpg



nd7s577k5ai389fy3xg6_480_480-d1044bca.jpg



いつも通りのベイトスタイルで、ラインはレジンシェラー、リーダーはフロロショックリーダーを使用。

今回はビッグベイトも多く用いた為、レジンシェラーは3.0号を使用していました。

jx7hk8m3yyj2kx3ge6im_480_480-847224b6.jpg


バラシもあった為、悔いが無かったと言えば嘘になりますが、最後まで投げ抜き、個人的には達成感を味わえた大会となりました。

また近いうち遊びにきたいなと考えています。

今回の大会では結構ラインやリーダーで山豊テグスを御愛用頂いているアングラーの方も多く見受けられ、本当に有り難いなと思いました。

表彰式後にはFishmanの試投会もさせて頂いたのですが、実は私のリールも紛れており、どれもレジンシェラーを巻いていましたので、試投会ではロッドだけでなく、レジンシェラーの感触もお試し頂けたのではないかな?と思っています。

nfbgg9eivsxnwwazjzc6_480_480-d539ebfb.jpg

大会終了後、地元の釣具店に立ち寄らせて頂いたのですが、山豊ラインが非常に豊富に店頭に並べて頂いておりましたので、使ってみたい方や興味のある方は是非お店を覗いて見て下さいね。

個人的にベイターにオススメなレジンシェラーも勿論ありましたよ。

本当に沢山のアングラーが参加する大会で大いに盛り上がった大会で、楽しむことができました。
また来年も参加することは決定です。

大会に参加された皆様、運営側の皆様本当にお疲れ様でした!


gza5am3yoehjrrga3p9r_480_480-aff1bfc0.jpg







大分県フィールドスタッフ

2d22pvwyr6vpjdfwgmtv-9f699283.jpg

梶原 利起
Toshiki Kajiwara

個人Blog


Facebook


Instagram


コメントを見る