プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:35
  • 昨日のアクセス:38
  • 総アクセス数:392940

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

ハードボトムにフロロショックリーダー。

こんにちは。


フィールドスタッフの佐藤です。


我がホームの山陰も冬に近づき朝晩が非常に冷え込んできました。


11月は会社の事情もあり本当にバタバタ過ごしておりました。


気が付けば11月も終わりです。


さて、今回の内容は山陰汽水エリアのシーバスゲームについてです。


この時期になると水温やベイトの関係にて、ポイントによってはボトム攻略が必要となります。


使用するルアーはバイブレーションや鉄板バイブ。


なかなかのハードボトムを攻める釣り。


小刻みなリフト&フォールやストップ&ゴー。


スローなズル引き等。


根掛かり多数の釣りとなります。


スピニングタックルの場合はPEストロング8。




なめらかでノイズが少ない使用感。


ベイトタックルの場合はPEレジンシェラー。



ベイトタックルとの相性抜群の使い易さ。


メインラインも重要だがハードボトムを攻める釣りでは特にリーダーに拘ります。



このゲームで使用しているのがフロロショックリーダー。

フロロでも固すぎない適度なしなやかさがノットも非常に組みやすい。




フロロならではの感度を活かしボトムタッチの瞬間や地形変化の読み取りやすさ。


後は根掛かりを即座に回避(掛かった瞬間に外す)できる点。


使用するルアーもバイブレーション中心。


河川のようにラインを送り込むような釣りではない。


以上の内容からフロロショックリーダーを使用しております。


これからが本当のハイシーズン。


状況やポイントに応じてリーダーも使い分けて快適に釣りを楽しんでいただければと思います。




コメントを見る