カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:161
  • 昨日のアクセス:207
  • 総アクセス数:400971

QRコード

林漁具:モンキースティックスペシャル

knke84m3ct3ukc6mmtnk_480_480-99152c9e.jpg

w3d254rsbpighg4khirs_480_480-7d415aa2.jpg

 完全手作り天然桐製の餌木猿シリーズで名高い高知の林漁具がリリースしている上位モデルのエギングロッド、モンキースティックスペシャルの初代モデルです。いつ発売されたか忘れましたが、おそらくもう15年ほど前の製品になります。現在の林漁具の状況はよく知りませんが、当時餌木猿のモニターをやっていたこともあり、この竿もそういった経緯で受領したものです。
 ブランクやグリップ周りのデザインなどから、ゼナックのOEMではないかと思います。現在は、ロッドの企画は海外のブランクメーカーに発注することが主流かと思われますので、国内メーカーのOEMは今では珍しいかもしれません。真っ白なブランクにグレーの差し色が個性的です。昨年ロッドのネームの一部が剥がれてしまったので、かなり残念。
 現在、最先端のエギングロッドはどういったものか私は知らないのですが、標準的な3.5寸餌木を操作するための8フィート6インチのミディアムパワーです。胴調子、いわゆるパラボリックアクションを採用し、3.5寸の餌木を楽々はるか沖までキャスト可能です。林漁具の餌木猿をはじめとして、桐製の餌木は上下の単純なシャクリだけで誘うものなので、基本的にパラボリックアクションを活かしてゆったりとシャクる竿です。竿先が唸るような鋭いシャクリはあまり適していないように思います。
 この竿でスズキやチヌや青物等も相手にしてみましたが、昔のトラウトロッドで相手をする感覚と似ていて、どうしてもパワー不足を感じてしまいます。一方、本業のアオリイカに対しては、イカの引きが基本的にジェット噴射でしかないことから、時間を掛ければ必ず獲れます。私は、近年は親イカの時期しか狙いませんから相手は1~2kgクラスが中心です。
 大型のイカのジェット噴射をしのいで時間をかけて引き寄せてくる、これだけの瞬間のために使うのであれば、今後も引退は考えられない大切な竿です。
 
 

コメントを見る