プロフィール

金森 健太

岐阜県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:47
  • 昨日のアクセス:37
  • 総アクセス数:102936

QRコード

郡上鮎解禁!


お久しぶりです。

5月8日に長良鱒をキャッチして以来、更なる1本を追い求めてきたが…その願いは叶わず、再び長良鱒に出逢うことはできなかった。

その最終釣行でのこと。

今年、長良川河口堰での稚鮎遡上数が令和初となる100万尾を突破し、5月下旬で約120万尾を観測した。

郡上市八幡町の長良川本流と支流の吉田川では無数の鮎が銀鱗を煌めかせていたのだ。更に、全身を真っ黄色に光らせた鮎がそこここで熾烈な縄張り争いを繰り広げていた。

郡上は混雑する為敬遠していたのだが、これを見てしまったら釣りたくなるのが釣り人の性。

というわけで解禁日である6月1日と2日に釣行したのだが、直前に流域を襲った豪雨により増水&白川状態で撃沈…

※白川状態…鮎の主食である珪藻類が増水により洗い流された状態。

というわけでリベンジと6月8日、再び郡上へ。

7日夕方、八幡町の釣具店でおとり鮎と入漁券を購入、急いで八幡町内の超激戦区の駐車場に車を入れるが…

…満車orz

日帰り組が帰れば空くかもしれないとおとり缶を川に沈め、夕食と温泉へ。

大和町の温泉で疲れた身体を癒し、先程の駐車場に戻ると…読み通り駐車場は数台分の空きがあった。車を停め、座席をフラットにして薄い毛布に包まり、朝を待った。

と、その前に…明日の天気をチェックしてなかったな。

何気なく開いたYahoo天気。

雨後曇り。

おいぃぃぃぃ!!!

日曜日だけ雨とかなんの嫌がらせだ!!!!!

(ちなみに先週も天気が悪かった)

アプリを閉じてふて寝。

で、翌8日5時。

目を覚まし、簡単な朝食の後身支度を整える。

前日に沈めたおとり缶の鮎を引き舟に移し、目をつけていたポイントに向かうと…

……先行者4人いたorz

さすが郡上の激戦区、地元河川(根尾川)や敦賀の笙の川ならほぼ間違いなく一番いいポイントに入れる時間なのに…orz

時刻は6時過ぎ、既にこの周辺エリアは満員御礼…しかしいい感じの瀬が空いている。迷うことなくその瀬に立った。

複数の筋がある瀬、手前からおとりを泳がせるとすぐに控えめなアタリ。

ギリおとりとして使えるサイズのチビ鮎を一筋奥へ。しばらくして、再び控えめなアタリが。またおチビちゃんかと思ったが、今度はなかなかの重量感。

慎重に浮かせ、華麗に?引き抜きを決める。

67xw72mzwgnm2666gr5c_360_480-b7235e2b.jpg
輝く追い星が美しい天然遡上鮎。アタリが弱かったのは、掛かりどころが悪かったからのようだ。とはいえダメージは少ないようなのでこいつをおとりとして登板。

やはり天然は泳ぎが良い。急流をものともせずぐんぐん泳いでいく。そして…今度は豪快に目印がぶっ飛ぶ。

uz8rbpfk2r3ojgg3xhvk_360_480-09cde4eb.jpg
いくつもある流れの筋を丁寧に探り、入れ掛かりとまではいかないまでもぼちぼち掛かり、9時までにつ抜け(釣果が10尾を超えること)達成。

反応が途絶えた為、上流の淵へ。淵の開きには、数えきれない程の鮎がキラキラと銀鱗を煌めかせている。

しかし…

この鮎たち、全て客引きだったようで全くおとりを追わないorz

結局おチビちゃんを1尾追加しただけで見切りを付け、とある支流へ移動。

支流の堰堤下からスタート。堰堤下の落ち込みの開きではやはり大量の鮎が見える。おとりを泳がせてみるがすぐに客引きとわかり、落ち込みからの流れが玉石積みの護岸に当たる筋におとりを入れると、すぐに目印がぶっ飛ぶ。

jr3dr4r5u99fgf4krj6s_360_480-b84431ac.jpg
ここで3尾追加したところで時刻は13時。お腹が空いたので昼食&昼寝タイム。

15時、竿を支流用の短いものに持ち替え再開。前週反応が良かったチャラ瀬を引くと

d4va6cfo8999rbtce38w_360_480-66f3126f.jpg
キラキラの天然遡上が連発。

これから入れ掛かりか…と思ったが、根掛かり救出で終了…

そこから上流へ釣り上がるも忘れた頃に掛かる程度で…日没を迎えタイムアップ。

さて、釣果は…

sg2ofbocscyovu8euuu2_360_480-8ecc8491.jpg
おとり抜き34尾。郡上の激戦区でこれなら満足^_^


【使用タックル】

竿(本流)/シマノ・香鱗 急瀬85-90
竿(支流)/シマノ・ナイアードH2.75 70
天上糸/ナイロン0.8号
水中糸/オーナー針・ザイト鮎ナイロン0.3号
ハナカン周り/がまかつ・頂上ハナカン仕掛け7号+カツイチ・マッスル背針4号
ハリス/ナイロン1.2号
掛け針/がまかつ・セツナ7号3本錨

雨&強風&超混雑という厳しい状況ながらも美しい天然遡上鮎に多数出逢え満足な釣行でした。しかしながら…やはりルールとマナーを守らない釣り人の姿も多数目につきました。混雑するフィールドではお互い譲り合って、トラブルのないよう心がけてください。竿や道具等、物を置いての場所取りは禁止です。他の人に踏まれたり触られたくないなら自分で管理しなさい。


最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m


コメントを見る

金森 健太さんのあわせて読みたい関連釣りログ