プロフィール

西岡 佑一 ~ちゃま

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:60
  • 昨日のアクセス:75
  • 総アクセス数:578722

QRコード

new_bunner1.jpg

あの頃の続きを。

※2021年の釣行記です。
空気をまとった波が足の間を抜けていく。
なんとも懐かしい感覚だ。
娘を授かり遠い存在になってしまって9年が経っていた。
ようやくだ。
ようやく"あの頃の続き"を再開できる。
波に揉まれる事の少なかった俺の9年が何処まで通用するのだろうか?
そんな不安が大きく勝る中での初戦は、魚を手にす…

続きを読む

ベストフィッシュ TOP5 2018

師走。
ぼちぼち、この1年を振り返られる方もいる季節。
その1年を振り返るのに、fimoには凄く良い企画が。
『ベストフィッシュ TOP5』
今年も、この企画にそって1年を振り返ってみる。
BEST5
今年の徳島は、本当によく雨の降る1年だった。
そのため、初夏からは清流域での釣りが自然と多くなった。
清流域の醍醐味は、何…

続きを読む

釣履歴書。~再燃。『2人のK』~

長く続いた徳島fimoの過疎化。
そこに少しずつ変化が起きていった。
2016年頃から徳島fimoに参加してくれるアングラーが急に増えてきだしたのだ。
別に自分が徳島fimoを運営しているワケではないが、長年fimoを続けている身として、こんなに嬉しい事はなかった。
今までにも、徳島fimoに参加してくれるアングラーが居なか…

続きを読む

釣履歴書。~氷河期~

後で知ったが、自分がfimoへ参加した年はfimoが設立して2年目だった。
しばらくは、徳島でも多くのアングラーがブログを書いたりコメントしたりしていた。
しかし段々と回りの熱が冷めてきたのか、徐々に賑わいを失っていった。
当時は、ブログの確認やコメントをするのが忙しいくらいの人数がブログを書いていた徳島fimo…

続きを読む

釣履歴書。~繋がる楽しさ。~

程なくしてfimoにアカウントを作った。
それは、様々なアングラーが交流しているのを見て、とても楽しそうだと感じたから。
アカウントを作るのに、ためらいが無かったかと言うとそういう訳でもなかったが、そこは勇気を持って1歩踏み出した感じだった。
アカウントを登録した瞬間は
『これで自分も他のアングラーと交流が…

続きを読む

釣履歴書。~fimoとの出会い。~

今回は、久々の釣履歴書。
自分がfimoに参加した時の事から話してみようと思う。
ソルトルアーに転向して4ヵ月が過ぎようとしていた。
シーバスをずっと狙い続けていたが、コンタクトは0。
当時、手元には何も情報がなく右も左もわからない状態。
取り敢えず、自分なりのシーズナルパターンを作ろうと必死になっていた。

続きを読む

釣履歴書。~行動力~

『釣りログより面白いっす♪』っとか言う、生意気な千葉の大学生がいるので続きを書いてみました(笑)
初めてのブラックバスが釣れてからは、休みの度に朝から夕方まで貯水池で過ごした。
そして、釣りを通してどんどんと友達が増えていった。
そうすると、誰かが親に釣りへ連れて行ってもらった時の話が出てくる。
情報の範…

続きを読む

釣履歴書。~大魚~

このログが上がったって事は、魚釣れてないんですよ(笑)
奇跡の続編(笑)
暇潰しにどうぞ!
ルアーと出会ってからと言うもの、ブラックバスを釣りに行く日のために、雨の日も風の日も寒い日もひたすらルアーを投げにドブ川へ向かった。
いつも向かう先は、同級生の大やんの家の前。
自分に釣りの事を教えてくれる、先生の様…

続きを読む

釣履歴書。~釣りとの出会い~

あまりにもネタが無いので、昔話でもしてみる。
20数年前のちゃま少年のお話。
自分が釣りを始める切っ掛けとなったのは、家の前を流れる幅数mの3面堀りのドブ川だった。
そこには、いつも群れを作ったイナっ子が泳いでいた。
そんな事は、自分が小さい頃から見慣れた光景だった。
しかし、ある日の事。
そこに、見慣れな…

続きを読む