プロフィール

西岡 佑一 ~ちゃま

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:58
  • 昨日のアクセス:75
  • 総アクセス数:578720

QRコード

new_bunner1.jpg

お願いジョルティ!

少し時間をあけて再エントリー。
バイトの多いピンをルアーローテしながらチェックを掛けていくと、トレイシー15のミディアムリトリーブで食い上げバイト!
しかし、上手くフッキング出来ず…
その後は、反応が途絶えたので"お願いジョルティ"でフォローすると重たくなるバイト。
物凄い勢いで走るがシーバスっぽくない。

続きを読む

ドムポ。

1時間だけ吉野川の様子見へ。
開始早々、岸際で特大ボイル。
"あの位置でボイルはありえへんやろ"
"たぶんアイツやろなー"
っと思い近付いてみると、やっぱりエイ。
岸際でハクの群れに覆い被さって捕食していた。
食事に夢中で全くこっちに気付かないエイを横目にシャローをランガン。
程無くしてチヌのバイト。
しかし、…

続きを読む

どこ行った?

前回入ったポイントで、潮位を変えて2時間決め打ち。
兎に角、変わってしまった地形変化と流れの変化の把握をしておきたい所。
南寄りの風が強く、流れの緩い岸際のシャローにはハクの群れがぎっしり。
10Mくらい先には緩い起伏。
"これ、もらったんちゃうかな?"
期待に胸を膨らませ、ショートキャストを繰り返す。
Gaboz…

続きを読む

自分は自分であるという事。

パンデミックが引き起こした様々な弊害。
生活の制限は少しずつ緩和はされているが、全てが今まで通りになる訳でない。
だが、いつまでも制限を掛け続ける訳にはいかないのも事実。
どこかで、ある程度の線引きをしなければならない。
"自分の線引きは何処に定めようか。"
悩んだ結果、自分の2020年の新たなスタートライン…

続きを読む

魚種違い。

2019年12月初旬の釣行。
下げ残りの一押しを期待して少しだけ吉野川の小場所へ。
時折ボイルは見られるも、何を通してもバイトが出ない。
ワームで反応を見てみたいが、5gジグヘッドのワームでは飛距離が足りない。
最後に根掛かりのリスクは上がるが、ジョルティミニ8gをキャスト。
瀬の奥へ着水させ、ロッドを高めに構え…

続きを読む

三重からの来訪者。

三重からぶっ飛んだアングラーURARAKAさんが来徳。
こちらの都合に思いっきり合わせてもらい、家庭の用事が終わる夜に待ち合わせ。
待ち合わせ場所へ向かうと、ラゲッジを開けてルアーにフックを着けているURARAKAさん。
そこで軽く挨拶を交わし、話し込む事5時間…(笑)
ヤバい!
釣りしないと時間がない!(笑)
って事にな…

続きを読む

めんどくさいのむこうがわ。

『この先ってどうなんやろ?』
本流ブレイクにばかり気を取られ、ノーマークだった本流から分岐した流れの先。
一体、どれくらい先まで続いているのかも分からない。
だが、マップでポイントの大体の予想がつく。
『マップで見る限り、めちゃくちゃ浅いんよなぁ…』
マップをどう見ても、変化の少ないシャローフラット。
は…

続きを読む

雨音と吉野川。

雨降りの釣りは嫌いじゃない。
レインに打ち付ける雨音と目の前に広がる吉野川。
余計なものが入らず無心になれる時間だ。
っだあぁぁぁぁぁっ!
でも、バラした時は盛大に叫ぶ。
先に結果を言ってしまうと、4バイト2キャッチ1バラシ。
バラした1本がデカいのは、もはやお約束。
実は、雨が降ると嬉しくもあり悲しくもあり…

続きを読む

何故お前はバレない?

30分ショートタイムで挑んだYABUKOGIウェーディング。
地形と潮位のタイミングが良い感じに合うので、上手くいけば魚を手にする事ができるはず。
上手くいけば…
急いで藪と沼を越え、立ち位置に着いた頃にはすでに汗だく。
軽く肩で息をしながら、Narage65を沖に伸びる瀬回りへ向けてキャスト。
上からざっくりレンジを刻…

続きを読む

スランプ。

釣行を跨いでひたすらバラシ続けた。
初めは、意識など全くしていなかった。
しかし、獲れる確信のある魚をバラしてからドツボにハマった。
こういう時、何かのせいにしたくなる。
ラインの太さ。
フックの大きさ。
やり取りの仕方等々。
頭の中では分かっている。
そういう問題ではないと。
今まで不自由なくやれていたの…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 次へ