プロフィール

西岡 佑一 ~ちゃま

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:66
  • 昨日のアクセス:68
  • 総アクセス数:578947

QRコード

new_bunner1.jpg

賑やかフィッシング。

続々と人が集まり、久し振りに賑やかフィッシング。
みんなで集まって吉野川へ。
"風吹いとったらまぁまぁ熱いんですよー"
っと言いながらエントリーすると、兎が飛ぶくらいの爆風…
岸際は爆風により濁りまくり。
流石に荒れすぎのようでバイトが遠い。
そんな中、パターンを見つけるのが超早い先輩がバイトパターンを発見…

続きを読む

事故記録。

1月下旬の吉野川明暗ゲーム。
いきなり明暗際には立たず、明暗から少し距離を離してエントリー。
個人的な感覚だが、厳冬期になってくると水を押すようなルアーよりも水を切るようなルアーのほうが効く感覚がある。
なので、まずは近い距離をスネコン90Sでチェック。
キャスト後、ラインを水に馴染ませてスローにドリフト…

続きを読む

規格外。

準備はできた。
今回は、完全に規格外狙い。
規格外故に、自分の準備でどこまでやりあえるのかが分からないという不安はある。
しかし、どうしても甘えが出る。
一途になれない。
何故かって?
それは、著しく低いヒット率のせい。
1年に1回あるかないか。
そのバイトのために、1年中リターンの狙えるタックルで挑むのは凄…

続きを読む

最悪の滑り出し。

ファーストキャストをバラシから始まった新元号令和。
そこから怒濤の3連続ラインブレイク。
最悪の滑り出しだ。
フッキングした瞬間に牡蠣瀬でカット。
牡蠣瀬で擦れてしまうと、もはやフロロ4号も6号も大差無い。
どう対処すればいいのか困ってしまう。
その末に、30lb.ナイロンリーダー(8号)へ組み直すも結果は変わらな…

続きを読む

迷走の晩秋。

通称『カエル』と呼ばれるポイントがある。
毎年、冷え込んでくる季節になると良い思いをさせてくれる。
しかし時期的に、まだちょっと早い。
とは言え、全体的に渋めな吉野川。
今の所これと言って思い当たるポイントもなく、消去法で自然と『カエル』か、もう1ヵ所くらいしか選択肢が無くなってくる。
そこで、今後の釣…

続きを読む

鰯パターンの『昨日は良かったんやけどなぁ。』をどうやりくりするか。

職場の共有のおやつの中にチョコパイがあり、1ついただいた時の事。
いつものパッケージと違うので、箱を見ているとメディア等で見慣れた名前があり『えっ!?』っとなった。
よーく見てみると微妙に違う(笑)
一瞬、有名アングラーのあの方だと思ったちゃまです(笑)
イワシパターンで爆った夜の事。
今からナイトの稚鮎パ…

続きを読む