プロフィール

西岡 佑一 ~ちゃま

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:58
  • 昨日のアクセス:75
  • 総アクセス数:578720

QRコード

new_bunner1.jpg

割りと渋め。

高温多湿に加えほぼ無風の雨降りナイト。
こんな不快感が高まる状況の時こそ"えぇの出るんちゃうか?"みたいな変な期待感を抱いてしまう馬鹿野郎は今宵も吉野川へ。
しかし、着いてビックリ。
ダムが300tオーバーの放水をしているにも関わらず、ほぼ流れがない。
何ヵ所か回るも、どこも似た状況。
そんな中、途中立ち寄っ…

続きを読む

外した感満載。

エントリーしてみると静かな水面。
明らかにポイントを外した感満載のシャローエリア。
それでも朝マズメパワーでたまーにボイル。
移動する時間もないので、玉砕覚悟でやってみると早々にガボッツ90に水柱!
Gaboz!!!90 ピンクジョーカークリア
後にも先にもバイトはこの一発のみだったが、水面割れたから満足(笑)
これか…

続きを読む

ドムポ。

1時間だけ吉野川の様子見へ。
開始早々、岸際で特大ボイル。
"あの位置でボイルはありえへんやろ"
"たぶんアイツやろなー"
っと思い近付いてみると、やっぱりエイ。
岸際でハクの群れに覆い被さって捕食していた。
食事に夢中で全くこっちに気付かないエイを横目にシャローをランガン。
程無くしてチヌのバイト。
しかし、…

続きを読む

どこ行った?

前回入ったポイントで、潮位を変えて2時間決め打ち。
兎に角、変わってしまった地形変化と流れの変化の把握をしておきたい所。
南寄りの風が強く、流れの緩い岸際のシャローにはハクの群れがぎっしり。
10Mくらい先には緩い起伏。
"これ、もらったんちゃうかな?"
期待に胸を膨らませ、ショートキャストを繰り返す。
Gaboz…

続きを読む

自分は自分であるという事。

パンデミックが引き起こした様々な弊害。
生活の制限は少しずつ緩和はされているが、全てが今まで通りになる訳でない。
だが、いつまでも制限を掛け続ける訳にはいかないのも事実。
どこかで、ある程度の線引きをしなければならない。
"自分の線引きは何処に定めようか。"
悩んだ結果、自分の2020年の新たなスタートライン…

続きを読む

横取り1000万。

BlueBlueから届いたGaboz!!!150のプロトを持って、いつも通り吉野川へ。
だいぶ増水も落ち着いてきたが、まだまだ流れは健在。
今回は、もっちーさんとスリットを越えてディープウェーディング。
広めのシャローの瀬回りで、もっちーさんがテンポ良く数本キャッチ。
自分も負けじとGaboz!!!150を流して50前後を1本と…
ルア…

続きを読む

感じ方1つ、捉え方1つ。

闇に包まれた大きな干潟。
虫や生き物が作り出す音が広がる空間。
そこに、自分の足音が無造作に響く。
薄明かるくなる空に気持ちを急かされ、自然と歩みが早くなる。
視界のきかない水際を、ひたすらに歩き続ける。
そして、目的の場所に辿り着く。
その頃には、肩で息をするほどのバテ具合。
思わず振り返り、自分の歩い…

続きを読む

三重からの来訪者。

三重からぶっ飛んだアングラーURARAKAさんが来徳。
こちらの都合に思いっきり合わせてもらい、家庭の用事が終わる夜に待ち合わせ。
待ち合わせ場所へ向かうと、ラゲッジを開けてルアーにフックを着けているURARAKAさん。
そこで軽く挨拶を交わし、話し込む事5時間…(笑)
ヤバい!
釣りしないと時間がない!(笑)
って事にな…

続きを読む

秋の入り口。

更新が滞って申し訳ありません。
頑張って9月のログを消化します…
IWAPでもらった熱量も全く消化しないまま数日。
今日は、とにかく魚に触りたい。
そんな気持ちで吉野川へ。
潮位のタイミング的にはバッチシ。
いなっ子にさえ会えれば、恐らくはずす事はない。
そう思いながら100m程の藪を抜けていく。
着いてみると予想…

続きを読む

吉野川トップゲームアテンド。

個人的に他の方へのアテンドは凄く大事にしている。
他の人に自分のポイントへ来てもらって釣ってもらう事って、実は凄く難しい。
ある程度、自分のスキルが問われると思っている。
まぁ今回呼んだ二人は何の心配も無いくらいのスキルを持ってるけど…
今回は、どちらかと言うと自分が勉強させてもらうための声掛け。
それ…

続きを読む