プロフィール

西岡 佑一 ~ちゃま

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:60
  • 昨日のアクセス:75
  • 総アクセス数:578722

QRコード

new_bunner1.jpg

独り言。

サラッと聞き流して欲しい俺の独り言。
俺は基本的にアホだから、テスターになって後々気付く事になった。
それは、
『俺は"趣味"で釣りをしている。
でも、メーカーの人達にとって釣りは"趣味"でもあり"仕事"である。』っと言う事。
これをどう考え、どう捉えるかは、人それぞれだと思う。
ただ、どのメーカーの人達も釣…

続きを読む

人生初ロケ。

雨降りの釣りは嫌いじゃない。
確かに、そうは言った。
だが、物事には時と場合ってものがある。
もはやこれは『神様の嫌がらせか?』っとさえ思えてくるタイミングだった。
はい。
無事に終えました。
吉野川ロケ。
https://www.youtube.com/watch?v=jAzUYr7w8GI
人生初のロケが動画。
しかも、大雨…
手厳しい環境でのデ…

続きを読む

招かねざる客。

まるでゴミ袋を引っ掛けてしまったかのような重量感。
間違いない。
つい先程までベイトにべったり張り付いて、ずっと捕食していたアイツだ。
エライもんが掛かってしまった…
これは一体何処に掛かっているのだろう。
『このままバレてくれないものだろうか…』
そう願うばかり。
だが、無情にも岸にずり上げられてしまった…

続きを読む

ラストSWAP!

物事に永遠はない。
これは、いかんともし難い事実。
避けては通れない事だ。
ただ、その気持ちを『受けとる』
『引き継ぐ』『次の世代に伝える事』は可能だ。
って事で行って参りました。
濱本 国彦プロ主催の
Salt Water Angers Party
略してSWAP!
今回で本当のラストとなるSWAP。
300人を越えるアングラー達が香川は坂…

続きを読む

釣履歴書。~再燃。『2人のK』~

長く続いた徳島fimoの過疎化。
そこに少しずつ変化が起きていった。
2016年頃から徳島fimoに参加してくれるアングラーが急に増えてきだしたのだ。
別に自分が徳島fimoを運営しているワケではないが、長年fimoを続けている身として、こんなに嬉しい事はなかった。
今までにも、徳島fimoに参加してくれるアングラーが居なか…

続きを読む

釣履歴書。~氷河期~

後で知ったが、自分がfimoへ参加した年はfimoが設立して2年目だった。
しばらくは、徳島でも多くのアングラーがブログを書いたりコメントしたりしていた。
しかし段々と回りの熱が冷めてきたのか、徐々に賑わいを失っていった。
当時は、ブログの確認やコメントをするのが忙しいくらいの人数がブログを書いていた徳島fimo…

続きを読む

釣履歴書。~繋がる楽しさ。~

程なくしてfimoにアカウントを作った。
それは、様々なアングラーが交流しているのを見て、とても楽しそうだと感じたから。
アカウントを作るのに、ためらいが無かったかと言うとそういう訳でもなかったが、そこは勇気を持って1歩踏み出した感じだった。
アカウントを登録した瞬間は
『これで自分も他のアングラーと交流が…

続きを読む

釣履歴書。~fimoとの出会い。~

今回は、久々の釣履歴書。
自分がfimoに参加した時の事から話してみようと思う。
ソルトルアーに転向して4ヵ月が過ぎようとしていた。
シーバスをずっと狙い続けていたが、コンタクトは0。
当時、手元には何も情報がなく右も左もわからない状態。
取り敢えず、自分なりのシーズナルパターンを作ろうと必死になっていた。

続きを読む

千葉から来た青年。~前編~

『はじめまして!』
いや、違うな。
正確には知り合って6年程だ。
『はじめまして!』と言う挨拶には違和感がある。
彼と知り合う切っ掛けとなったのは、このfimoというSNS。
fimoをやり始めた当初、自分が立ち上げたコミュニティへ参加してくれた事が始まりだったと記憶している。
当時彼は中学生だった。
その彼が、遠路…

続きを読む

自作ウェーディングストック。

『ヤラレター!』
オルブル三牧悲痛のトークがグループLINEに突如舞い込んだ。
ウェーディング中にエイに刺されたとの報告。
正直こんな身近な人が、エイの被害に合うなんて夢にも思ってなかった。
幸いにも、近くの病院へ救急で駆け込み大事には至らなかった。
『他人事じゃない。次は自分かもしれない。』と心底感じる出…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ