プロフィール

網走

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:40
  • 昨日のアクセス:199
  • 総アクセス数:575497

QRコード

道東遠征 2020-4

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
11/7
居候先の中学生の息子Haくんと釧路川の湿原上流部へ。
Haくんのタックルに14gのスプーンを結び、脇で自分の準備をしていると、早くもHaくんにヒット。この魚は残念ながら外道のウグイ。結局、この日のHaくんに釣れた魚はこの一匹止まり。
しかし、Haくんは初のルアーでの釣果にいたく感動したようで、帰宅してから両…

続きを読む

道東遠征 2020-3

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
11/6
先日の最後のポイントへ入る。
使用ルアーは9cmのディープダイビングミノー。
まずはカーブの内側から対岸の倒木際を攻めて50cmクラスをキャッチ。
川のカーブは内側が浅くなり、外側が流芯で深みを作っている場合がほとんどだ。
なので、カーブの内側からキャストする場合は対岸の際すれすれを狙う。
この時、ルアー…

続きを読む

道東遠征 2020-2

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
11/3
浜中の牧場近くの別寒辺牛川下流へ。
この別寒辺牛川も釧路川と同じく下流域は湿原(別寒辺牛湿原)を流れる川であり、さしずめ釧路川の縮小版といったところだ。
別寒辺牛川はイトウの川として全国的に知られた川であり、この日は祝日だったので、下流域のエントリーポイントはどこも満員御礼状態。通い慣れているポイ…

続きを読む

道東遠征 2020-1

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
11/2~11/9までの間、北海道東部釧路湿原内の釧路川で釣りを行ってきた。
釧路湿原は日本最大の湿原で、東西最大幅25km、南北36kmという広大な面積を誇り、他の地域では既に喪失してしまっている我が国の平野部の原自然が保存されている。
湿原内にある展望台に登ってみれば遥か彼方まで続く芦原でタンチョウやエゾシカなど…

続きを読む

腰越沖 カワハギ

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
行ってきました。
前日まで北海道にいたのですが、相模湾沖は北海道の河川より寒かったです。
同行の幼なじみは船中トップの8枚をゲットした一方、私は小型のみ3匹。
夜は地元の友人と釣ったカワハギを食しました。
たまにはこういうのんびりした釣りもいいですね。
そろそろ島に戻ります。

続きを読む

伊豆ヒラスズキ 2020

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
高校時代の友人と伊豆までヒラスズキ釣りにいってきた。
釣行場所は伊豆半島の中でもヒラスズキの魚影が濃いと思われる下田エリア。
当日の海のコンディションは北東の風6~7m。風が強くキャストはしにくいが、波に関してはヒラスズキをやるには大きすぎず小さすぎないベストな高さ。
5:45ころキャスト開始。
ヒラスズキは…

続きを読む

ボートシーバス

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
昨年、一昨年と海外釣行を共にしたT夫妻との顔合わせがてら横浜港へボートシーバスにいってきた。
ボートは東神奈川出船のシークロさん。
キャプテンはオカモト船長。
コースは午前6時からの4時間。
もう少し時間を延ばせば富津あたりでコノシロ付きのランカー狙いも出来るのだが、オープンエリアで漫然とキャストするラン…

続きを読む

ニュージーランド遠征 4(終)

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
1/1
朝マズメにT夫妻と私の総員3名でマタウラ川へ。
T妻はこれまで夕方の釣りしか参戦していなかったが、自分も大きなブラウンが釣ってみたいということで遂に朝の釣りにも同行。
宿のあるアソル近郊の流域は攻め尽くしたので上流にあるガーストンというこれまた小さな集落に架かる橋から下って釣りをしていく。
12月のニ…

続きを読む

ニュージーランド遠征 3

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
12/31
朝からT氏と2名でマタウラ川へ。
昨日釣れたポイントから上流へ上がって行く。
朝だというのに魚の反応は薄いが1度T氏に良型のバラシがある。
T氏はこれまでバラシが続き精神的に参っているようだ。
しかし、時間的に最後となったポイントで遂にT氏にヒット!
意外とあっけなくあがってきたのは昨日に引き続き60cmほ…

続きを読む

ニュージーランド遠征 2

  • ジャンル:釣行記
  • (遠征)
12/28
朝の2時間ほど昨日に続きオピヒ川へ。
T氏に大型トラウトのチェイスがあったもののヒットせず。
ロッジに帰りゆっくりと出発の準備を済ませ昼前にフェアリーからさらに南西に300kmほどの地点にある世界的な保養地クイーズタウンまでドライブ。
道中にあるテカポ湖周辺の道路は有名な観光道路らしく、なんでも"5分に…

続きを読む