プロフィール

網走

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:56
  • 昨日のアクセス:58
  • 総アクセス数:499543

QRコード

地磯 イソマグロ 2022-1

前週は毎日のように巨大なイソマグロが色々なポイントでバイトしてきたが、なんと一度もまともにフッキングしなかった。
海の状態は最高潮を迎えている。
釣りを続けていれば確実にそのうち魚が針に掛かるだろうが、サイズが大きいだけに掛けたらそれはそれでとても大変だし、無事にあげられるとも限らない。
最近目視した…

続きを読む

地磯 キハダ 2022-2

3/23
夕方に一時間ほど地磯へ。
横風ややあり、うねり少々。
まずはダイビングペンシル"別注ヒラマサ220"をキャストするも反応なし。
次に使用するのは同じくシマノ社製品のバブルディップ220。このポイントでのメインターゲットであるキハダに有効そうな細身のペンシルポッパーである。
このルアーはポッピングによるアピ…

続きを読む

地磯 キハダ 2022-1

2/21
夕マズメに前回のログと同じ磯へ。
北の風がやや強く、若干のうねりあり。波に魚を乗せてランディングできると踏んでギャフはあえて置いてきた。
このポイントでは地理的には北が追い風となるが、背後の山の影響で風が回り込むのか時折横風が吹く。
まず使用するルアーは横風に負けずに飛んでいく別注ヒラマサ220。

続きを読む

地磯 コクハンアラ

今年は港の泳がせカンパチが絶不調。
冬場はだいたい泳がせカンパチかルアー作成を行っているが、今年はルアーも十二分に在庫がある。
となると困った、やることがない。
地磯で例年冬に通っているポイントは島に短期滞在中の青年たちが入れ替わり立ち替わり入磯しているのでそこに入り込んでいくのも野暮というものだろう…

続きを読む

沖磯 イソマグロ 2021-3

馴染みの船長から沖磯釣行の誘いあり。
釣行予定日は風が強く、波も高い予報が出ているので場合によってはジギングに釣種が変更になる可能性があるとのこと。
良い磯へは高確率で渡礁不可というのが予報から導きだした私の結論だったので今回の誘いはお断りしようかと思っていたのだが、釣行前日に参加の可否を船長に電話…

続きを読む

沖磯 イソマグロ2021-2

9/5
島民5名で沖磯へ。
今回はヤングアングラー2名とシニアアングラー3名の2グループに分かれそれぞれ渡礁する。
私は心意気は若いのだが、今回はシニアチームに編入された。
まず一箇所目の磯は帆掛岩という40m四方ほどの独立礁。
春にはキハダがいいポイントだが、今回は全く沈黙。
下げ始めから下げ4部ほどのいい時…

続きを読む

沖磯 イソマグロ2021-1

内地での所用を済ませ、帰島中の定期船内で馴染みの船長から入電。
内容は
「磯渡しの釣人が同船者を募集しているんだけど、どう?」
というもの。
この前日までに地元の相模川で3日連続ボウズを食らってかなり欲求不満を抱えていた私にとっては渡りに船の提案。
二つ返事で承諾し、急遽7/10及び11の2日連続で沖磯での釣行…

続きを読む

地磯 イソマグロ 2021-1

5/30
午後からカヤックで遠方の地磯へ。
東に面する磯は午後から日陰となるので、高温期には助かる。
前日も午後に同じ場所に入ったが、2投目にキハダのバイトが出たきりで終了となってしまっていた。状況はそれほど良くはなさそうだ。
午後2時現場着。
昨日のように釣場にきてすぐにヒットがあるかと期待したが、結果はス…

続きを読む

総魚種戦後記

賞金のアマゾンギフト¥10,000に釣られて、先月9月の一ヶ月間に渡り開催されたfimo総魚種戦に参加した。
私の居住地はこと魚釣りに関しては地の利が凄まじいので参戦前からアマゾンギフトで何を買おうかなどと思案していたが、私の腕がその地の利をひっくり返すほど悪く、結果三位に。
残念な結果に終わってしまったが、人…

続きを読む

沖磯 イソマグロ2020-1

8/8
メガネ岩という沖磯へ。
プレジャーボートでのジギングのついでに磯へおろしてもらった。
5:00現着。
無風、ベタ凪。
6時ころまで全くの無反応だったが磯際でウメイロが浮いてきた直後から反応が出始める。
銀色の小さい魚が食ってきたがヒットに至らず。カスミアジなど中型魚のチェイスも出始めた。
と、ここで磯南方…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ