プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:12
  • 昨日のアクセス:132
  • 総アクセス数:393253

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

簡単ライトラインの結び方

皆さん、こんにちは、、、熊本のデカアタマことビッグヘッド山田です。

今回は珍しくライトラインの結び方を書かせて頂きたいと思います



主にメバルゲームが好きなんですが、、、

使うPEラインは
43tdmfbhb6grt3k4f4i9_361_480-42aa23ff.jpg
ファメルPEライトゲーム ホワイトの0.4号。


そして、リーダーは最近は
f59pw2epo4xi2zbxgcxw_361_480-1dd40d0b.jpg
ファメルフロロショックリーダーの7lbを使うコトが多くなっております。




さて結束方法は?と言うと、、、以前オフショアジギングで良く多用していた『SFノット』を良く使います。


詳しい結び方は、ネットで調べてもらうとして、、、簡単に言うと“最初はFGノットみたいで、時間の掛かる編み込みの部分が電車結びになっている”ヤツです。


ここ結び方の利点は、慣れればともかく早く結べるコト。そりゃ〜元々が船の上で簡単に手早く結べるコトを考慮されて出来たノットだから当然である。
船酔いしやすい僕がSFノットをオフショアジギング時に多用するようになった理由はコレである。

また強度的にも電車結びよりも圧倒的に強く、ライトラインのリーダーは細いので、FGノットでの編み込みだと“スッポ抜け”の確率も高くなるが、これなら結んであるので大丈夫なのだ。


勿論、欠点もある、、、それは結び目が太くなるコト。ホントは大好きなヒラスズキでもこのノットを多用したいのだが、リーダーが35lbだと太過ぎて、特に長くなると出来た太い結束部分がガイドに干渉してトラブルの原因になるのだ。


だからリーダーが半ピロほどと短く出来るライトなシーバスゲーム〜ライトゲーム限定でSFノットを使っている。


ちなみにメバルなどのライトゲームは、リーダーは20cm。

たまに70cmオーバーのシーバス、、、いや「長メバル(笑)」が掛かっても大丈夫だったので、現在はこのラインシステムに落ち着いている。


釣りと人生に絶対は無い、、、勿論、ラインシステムもである。
これからも変わるコトは有ると思うが、とりあえず「SFノット」で続けたいと思う。


ちなみに、、、今シーズン、メバル狙いで釣りに行った3回の釣果は、、、
vy7zjctxntyy5jaogtb9_480_349-3f119749.jpg
アジ、、、
7z4am7zdcx4o9us7xvsx_480_360-ce06a96e.jpg
アジ、、、
koi8ctyiwahb4xcjrekg_340_480-1e75e5ad.jpg
アジ&、、、
yo8duddaojdn6gd32whv_480_358-c74a65c6.jpg
ヒラセイゴである。


アジ率100パーセント

完全にアジの人になってしまったが、これから是非ともメバルラッシュに辿り着きたいモノである。




それでは、、、また、、、




おしまい




コメントを見る