プロフィール

有頂天@

南極

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/1 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:743
  • 昨日のアクセス:238
  • 総アクセス数:609559

QRコード

タックル選びの難しさと楽しさ



ブレーキ方式が変わったからか中々に厄介?
いや、それだけでは無いですね、とにかくリールを買ったので慣れるしかない。ブレーキはかなり弱めにしてルアーの重さごとにロッドの曲げる位置で調整したい。
30gちょい(釣れごろなビッグベイト?)を気持ち良くキャスト出来る8フィートクラスのロッドが欲しくなるんですが、、、ルアーキャパを何処に持って行くかが問題。重い方に合わせて軽めのルアーはロッドのテーパーに頼るか(ベリーからティップを中心に曲げるか)、それとも中間に合わせて重めのルアーはバッドからベリーを中心に投げるか?全てを頑張って振り切るのは年齢的にNGですので。汗

タックル選びの苦悩ですが、楽しみでもあります。が、、、ベイトタックルだけではありませんからね、頭がパンクします。爆


スピニングはとりあえず一本は注文済み。確かめたい事があるので本域?の前に一本挟む事にした。比較的、安めなロッドなのでアレなんですが、まさかの触った事の無い竿をギャンブルで買うという暴挙。汗

もう何がなんだか、、、発端というか気の迷いはプロの方々が書かれているログ。
読めば読む程に「?」が頭に巡る。自分は大した事はしていないつもりなのだけれど、、、何故、ルアーが飛ぶのか?
周りや見掛けるアングラーと比べても自分は割と飛距離は出ている方だ。が、どうにもその理由が分からない、、、。

それなりに長い年月、釣りをしているので飛距離が出ない理由は分かる。例えばオーバースペックである事。

ルアーローテーションをする中で全てのルアーを気持ち良くキャストするのは無理。それでもローテーションの中核となり得るルアーにロッドは合わせたいもの。特に初心者の方々に見受けられるのだけれど、「ロッドは重たいルアーを投げられた方が良い」という考え方は時に飛距離の面でビハインドを背負う事に繋がる。

もう一つ。身体能力に対してロッドがオーバースペックであるという事。
ロッドによっては「使い熟せるなら高性能」ってのも存在する。勿論、そこを目指して使い続けるのも若さが溢れていて大変に良いのだけれど、無理が祟ると身体はついて行けなくなる。←体験談
若さを保つ為には必要な要素かもしれないが…「俺の方が良いロッドだし長さも長いのにいつも飛距離で負けるんだが?」と思い当たるのであれば、無理はしない方が魚に出会えるチャンスが増えるかもしれませんね。←体験談


拭えない疑問は「詳しい人」に聞いてみる事にした。素人があれこれ悩むより聞いてしまえばあっという間。


という事で「ガイドに詳しい人」に凸した。笑


先ず最初に前提としてガイドについては正解が存在し辛いとの事。様々な釣りに合わせて各メーカーがそれぞれのベクトルで正解に近付こうとしているそうだ。

それを踏まえた上で敢えて飛距離に絞って質問をしてみたのだけれど、、、やはり絶対的な答えは存在しないという前提で聞いた内容を整理してみると第1チョークガイドから第3チョークガイドである程度は決まり、第3チョークガイドとベリーガイドの高さで絞り込みが決まるらしい。
調べてみると富士のホームページで詳しく書いてあった。

感度を求めるのか?飛距離を求めるのか?それともトータルバランスか?
さて、問題なのは使うリールのスプール径によってまた考えも違うとの事で、、、既にこの時点で「答えは無いな」と諦めつつ、また他の角度からの視点も。



答えが無いというよりは適材適所か?例えば第1チョークガイドの径だが、無風なのか風があるのか?で必要な要素は変わりそう。RGガイドもストローセッティングも横風による飛距離の減衰は少ないみたい。
つまり地域によっても違うし、季節によっても違う。まぁ、とても使い分けはマニアック過ぎるが、気持ち良くなりたい人はアリかも?


他の人から「富士のRVガイドにしたら飛距離が伸びたよ」なんて話も聞いた。


ガイドの表記の基準は、、、

-KLTG-H
赤文字のはチタン。ステンレスはPかEで仕上げのカラーの違い。

T-KLTG-H
KLはガイドの種類。この場合はKLガイド。

T-KLTG-H
TGはリングの種類でトルザイトの表記。SGならSICリング。

T-KLTG-
はフレームの高さ。


リールのスプール径との関係も大事だそうで。因みにメインタックルは、、、



キャスト位置ではこんな感じで、、、



一番、外側だとこんな感じ。



中央。
スプール径は48φ(ダイワだとLT3000)か47φ(シマノ3000)が一番気持ち良く糸が放出してくれる。飛距離の秘密はコレかな?と思ったけど、どうやらまだ沼の入り口に立っただけっぽい。


因みに他のロッドは、、、





意識して見た事はなかったけど気持ちガイドを上に詰めたくなるなぁ、、、まぁそのままダイワリールをセットしただけで実釣では少しだけ径の小さなヴァンキッシュをセットしてますが。
ただ、風があるならラインのバタつきは抑えてもらった方が良いみたいなので風の有無で使い分けは充分にアリですね、正にTPO。そう言えばリールもメーカーによってロッドに向かう角度が微妙に違うそうです。

アイマのシブミは第1チョークガイドまでの距離が長いし、ブランジーノは比較的チョークガイドの径が大きい(イメージ)、チヌ用は感度を求める為にガイド数が多い、、、など各メーカーや用途によって意図が違う。更に出血多量になりそうだけれど、ここにリングという要素が加わって来る。トルザイトか?SICか?ヤマガのトラウトロッドはティップのみトルザイトのフランジリング、とか。


全てが一概には言えない、というのは皆さんもご存知でしょう。けれども基準はある程度以上ではいたい。

例えばロッドも軽く、リールも軽い。だが、いざセットしてみるとバランスが合わずにペンシルのドッグウォークはめっちゃ疲れる、とかタックルバランスの沼もある。自分もハイ、経験しましたよ。ロッドは90g、リールは180gなのに疲れて仕方がない、みたいな。

ガイドの事を少しだけ理解するつもりがどうやらタックルバランスの沼に足を「捕られた」様子。


例えば、、、


ロッドのウェイトが120gだとする。じゃあその比重は何処に散りばめられているか?という事。そしてリールシートの位置だとか、、、。

色々と調べてみるとどうやらウエダ経験者が沼に多くハマっているらしい。笑
その中で自分のスパイスを自身のロッドに込めて、、、と。


という事で、


来週は「ロッドに詳しい人」に凸して来ます。爆

既に電話では少しだけ聞いたんですが、、、ネットでは「先重り」と「持ち重り」が一緒くたにされていますが、実は違うんでね?と思えました。


グリップの長さで、、、へぇ、、、。


と続く予定。

では。

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

固い水とスナップ
20 時間前
有頂天@さん

サヨリパターンシーバス④ ~時…
22 時間前
平田孝仁さん

ロッド自作の反省点
1 日前
rattleheadさん

色落ちしたキャップを染めてみた
3 日前
ワカメマニアさん

スキッドスライダー95Sってど…
4 日前
登石 直路(nao)さん

グランデージc80h インプレ
4 日前
ひびき さん

釣りの本質の話
6 日前
西村さん

新年のご挨拶と去年のラスト釣果
7 日前
渡邉 雄太さん

タングステンジグヘッド導入の…
8 日前
ケンスケさん

一覧へ