プロフィール

有頂天@伝助

南極

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:41
  • 昨日のアクセス:732
  • 総アクセス数:1158029

QRコード

先入観

嫁さんとの買い物ついでに釣具店へ。
先日のログでも書いた通り、黄色いお店は嫌われるので量販店。
フックだけ買うつもりでしたが一応、店内を物色。
早く戻らないと機嫌が悪くなるので(爆)、とにかく効率的に店内を巡っていると見た事のある顔が…自信は無いけど声を掛けてみる。やはり中学生のヤマト君だった。
少し話を…

続きを読む

魚のコンディションを探る為のナチュラルダウンドリフト

西の方は別かもしれませんが、静岡県ではそろそろ雨がマイナス要因となる時期です。
雨によって水温が下がり、魚の動きが鈍る…という至って単純な図式。
釣りに行ける日が雨後だとガックリ来ます。
暖かい雨なら話は別ですが、基本的にこれからの時期は冷たい雨。
「雨後が良い」というパワーワードのせいで日中に雨が降る…

続きを読む

リールを巻く手

ジャーキングもそれぞれ。
1、イレギュラーなアクションへのリアクション。
2、「音」で気付かせる為のジャーキング。
3、鋭角な左右へのダート。
4、ロングストロークによる前スライド。
5、シビアな状況下での繊細かつ豪快なスライド。
6、U字ターンで誘う為のラインコントロール。
7、ナチュラルドリフトと併せた誘い…

続きを読む

ビッグベイトはナンパ理論

場所によってタックルを持ち替えるスタイル。
1セットで楽しめる訳がない。
とは言え、ついつい釣り方は偏りがち。そこで思い切ってビッグベイト用のタックルとティンバーフラッシュのみで勝負を挑んでみた。
1か所目。
珍しくハクらしき小魚が浮いていた。追われている様子は皆無だが、ハクが浮いているという事は何かし…

続きを読む

所詮は数投で飽きられる事でも

魚数が少ないからこそ感じる事はある。
ルアーカラーの違いと同じく、長い年月を掛けて身に付けた技術も所詮は他のアプローチと変わらない。
数投で飽きられる事もある。
シャローエリアでのレンジコントロールは、MAX深度まで水面、水面直下、ベイトのレンジ、ベイトよりもちょい下、ボトムからのレンジ…と自由自在。
恐…

続きを読む

ハク先生に学んでみる、の巻

全国的ではないかもしれませんが、大抵の地域で捕食対象となり得るハク。ご存知の通り難易度は決して低くはないパターンですが、だからこそアプローチの贅肉を削ぎ落とせるという話。
♦︎「水面に追われるハク」♦︎
マズメ時には群れで水面に浮くハク。特に昼マズメ等はフィッシュイーターに水面まで追い込まれている事が多…

続きを読む