プロフィール

有頂天@伝助

南極

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2023/3 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:14
  • 昨日のアクセス:140
  • 総アクセス数:1157270

QRコード

ワンサイドグライドのコツを自分なりにまとめてみる回

動画を作っていて新たに気付いた事もあったのでメモ的にまとめてみる事にしました。
⬜︎グライドを伸ばすコツ。
特に上流側は意識レベルの話でリーリングジャークから始動し、間髪入れずにロッドの入力に繋げる方が良い印象。2つの表現だが、実際には繋げているので1つの入力。
⬜︎「く」の字にさせない。
急に負荷を掛け…

続きを読む

同じロッドを5本使って気付いた事。

18年くらい前だと思うのですが1本のロッドに出会い、同じロッドを5本所有しました。
同じロッドを使い続けると色々、気付くモノです。
最初に所有した1本は根掛かりを外そうとプンプンやっていると継ぎ目のちょい上から折れてしまいました。当然それ以降、根掛かりを外すのに竿は使わなくなります。
次の1本はバッド部の根…

続きを読む

川のクラッシュ9

DRTのクラッシュ9。
川には流れが付き物。だが、その流れが厄介。
フラログに貼った通りそれなりには使えている雰囲気程度ですが、それなりなりに難しさも感じました。
https://youtu.be/39arNhNAfEc
⬜︎上流側と下流側。
この手のプラグとなると操作でもリーリングの役割が大きくなって来る。
ロッドを持つ手とリールを持…

続きを読む

オンリーワンなロッド、フィッシュマンBC4.510LH

一年ほど使い込んでみました。去年はほぼ、このロッドで釣りをしていました。
やはり特徴はティップセクションの柔軟性。
これだけ曲がります。
その上でのルアーキャパも光ります。メーカー表記でルアーMAXは40g。
短いロッドはキャスト時に曲げ辛いのですが、このロッドは簡単に曲げられる。
大き目なフローティングミノ…

続きを読む

視点(始点)を変えると楽しい?

  • ジャンル:日記/一般
ランドラゴとアガケ。
どちらも「どダウン」にキャストしてのアプローチ。
葦際でイナが追われていた。立てる場所は追われている側の上流のみ。
何年も同じパターンで釣っている場所なんですが、毎年チャレンジしてもロール系以外は芳しくありません。
バタバタ泳ぐから見切られるのか?バタバタする分、大きく見えてしま…

続きを読む

釣れない事も楽しめる?ビッグベイターへの一歩

「キミ、ビッグベイトで釣ってる動画が無いじゃんw」
確かに。
…という事で釣りに行った。もちろんビッグベイトゲーム。
フィールドに持ち込んだのはティンバーフラッシュのみ。ルアーのサイズ感が麻痺しているのではなくて「釣れるんじゃないの?」みたいな錯覚と、釣ってないと言って来た人がビッグベイターだったら20cm…

続きを読む

コノフラット解体新書

  • ジャンル:ニュース
DUOのコノフラット195F。
かなり使い易いルアーです。
ウェイトの位置だとか色々とあると思うのですが、操作感も軽快、大して疲労も蓄積しない。
先日のログでも書きましたが、そこそこの重量がありつつバランスの取れているロッドで操作すれば凄まじく楽です。
ただロッドだけで推進力を出そうとするのは禁物、それでは疲…

続きを読む