JERK・STRIKE2 https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 自分なりの楽しさと真実を求めた3月のミノウ https://www.fimosw.com/u/95v66p95ex/m3fpdeba5ia23s 2021-04-05T22:22:00+09:00 求めるのは同じ鱸。
だが地域によって差異はあるのでは?とも思わされる。だから求めるのは自分なりの楽しさや真実。



年々、地球の変化というか難易度が下がっている気はしなくもないのだけれど、そこはまぁ去年よりは進歩が見られたと自画自賛しておきましょう。

というかその確認の為の時期だと思っているので…



地球に助けられいる感は満載。それは時間にも顕われていて、1匹を除いては全て10:00〜13:00くらいに釣れていた。

単純に言えば水温で動き出す個体をそのタイミングに絞り易い条件の場所で狙い撃つ、的な。



忘れもしない26日。もうこの頃には安定というか行けば釣れてくれる感が。
ただご存知の通り?狩猟解禁日なので帰りに家族分のゲームソフトを4本買わされた上に、春休みの長男と次男に…

「僕達と釣りとどっちが大事なの⁈」

「(即答で)そんなのお前達に決まってるでしょ」

「じゃあ釣りに行かないで」

「(ソレとコレは話が違う気がするが)お、おぅ…」

まぁ、そろそろ春休みは終わりますし♪




濁りはノーサンキュー。爆
そんな日にはビッグベイトやトップウォータープラグで釣っていた。またいずれ。



鱸が吐き出したのはハクとルアー。しのごの考えさせる前に無理矢理、口を使わせるイメージ。
ハクの動向で水中の鱸の様子を想像し易いのがハクパターンの良い部分。7cmのミノーですら合っていなければただ巻きで一気に警戒されるくらいの状況下で…



ミノウのジャーキングが炸裂。

ナイトの連発も楽しくて比率的には半々になってしまった…というかデイ2匹目にして爽快過ぎてしまった。



あぁ…もう♪

スライド毎に表情を変える。基本はその瞬間のインスピレーション(行き当たりばったり)。
という事でそれに応じてくれるプラグでないと全く面白味が無い。爆

そもそもリアクションだとは思ってはいない。そりゃあ普通に考えればそうでしょ?


目で見て取れる状況の変化。そんなデイゲームを15年続けて来た。
釣れない事を恐れてしまうとどうしても冒険が出来ない。だから釣れない釣りを無駄だと思ってはいない。寧ろ無駄に時間を費やす事も上達に繋がると思っている。


河川中流域の3月のデイゲーム。
自分にとっては特別な釣りだが、皆さんも拘りを持って川鱸に挑む事がある筈。

こういった「拘り」が釣りを更に楽しくさせますよねぇ…?


では。

]]>
有頂天@
短時間のデイゲームで釣る為に https://www.fimosw.com/u/95v66p95ex/m3fpdebxz4drba 2021-03-31T19:41:00+09:00 燕が飛来する頃には本格的に始まるデイゲーム。



もう少し…もう少しで楽しい時期の始まりです。

鮎は遡上する河川ばかりではないので、狙い易いのはハク付きかな?と。



ハクパターンは狙って獲りに行けるのが魅力。
場所によってはアプローチが困難な場合も多いですが、ボイルに狙って遭遇出来るだけで精神的に良い?いや、悪いか…汗。



1.「3つのマズメ

狙うべきタイミングの1つは、やはりマズメかな?と思います。
デイゲームとは少し外れてしまいますが、朝マズメであれば薄暗いタイミングから動き出す個体、明るくなってから動き出す個体に分かれている?印象。

自分の経験から言えば、朝マズメは何処のシャローでも可能性があると思っています。
逆に夕マズメは深場と隣接したシャローの方がボイル遭遇率が高いとも感じています。

やはり日中は深場なり身を潜める場所があった方がシーバスも多く残ってくれているのかな?と。
まぁ、全くひと気の無いエリアのシャローでぼ〜っとしてるシーバスを見たりもしますが…。

3つ目のマズメが昼マズメ。
ここ数年で(フィーモ発信?)広まった言葉ですが、やはり昔から心当たる事はありました。
同じ時期は同じ時間帯に釣れ出す事も多かった。
数年前はあまりにも同じ過ぎて驚きました。個人的に昼マズメの正体は水温だと思ってますが、真偽は分かりません。ですが、河川によってボイルが見られるタイミングにズレがあるのは水温の違いではないかと…思えてはいます。まぁ、どこでもドアが無い限りは1人で検証出来ませんので悪しからず。




2.「潮位変動によって出来上がる条件を狙う

デイゲームは日中の釣り。

「そんな事を言っても日中は家族サービスで釣りには行けないし!」

という方も多いと思います。
とは言ってもたま〜にチャンスはあるでしょ?嫁さんが子供を連れて友達とランチや買い物に行く、的な。
そんなタイミングで魚に出会う為にも潮位変動は知っていて損はないかと。地域によって差がある印象なので、参考にならないかもしれませんが。汗

ハクの多い地域(エリア)は流れに流されているハクを捕食しているみたいですが、自分のエリアではまだまだ先の話。ハクパターンの初期は流れの弛み葦際で捕食が多く見られます。
葦際でのボイルは近くに深場がある事が大事な気はしますが、狙い目はもう一つの流れの弛み。
潮位が高い時はただ真っ直ぐに流れていても潮位が下がる事によってボトムの地形の影響で流れの弛みが出来上がる場所があったりします。

こういう場所は一見して分かるので楽ちんなんですが、実は表面上は分かり辛いけれどボトム付近で変化が起きている場所もあったりします。
コレは流石に川の中を歩いたもん勝ちです。

ただでさえ時間が取れないところにではありますが一度、歩く事はお勧めしたいな、と。何故なら他のアングラーとのバッティングが無くなるから、です。知らなきゃ撃たないでしょ?自分だけの楽園になります!



3.「天候やタイミングよってポイントを決める

気圧などの影響もかなり大きいですが、分かり易いところで言えば太陽が出ているか曇天か
快晴の日に警戒心が高い個体はシェードに集まったりする。逆に曇天であればシェードから離れて捕食条件の整った場所に集まったりする。

もう一つ、濁りもある。太陽の光と密接に関係すると思うのですが、雨などで濁りが入った場合は日中でも捕食条件が整ったタイミング等でシーバスがシャローに差して来たりする。
ただし、浅すぎてはNG。その日の太陽光で差す水深の傾向は出るので、ある程度、把握しておけばポイント選定のヒントになる。



4.「太陽の角度も意識する

特に朝や夕方の一般的に言われるマズメは太陽が昇る方向や沈む方向でシェードが出来る場所が変わります。

例えば朝、寝坊してしまったら。
自分なら正直、昼マズメを待つのだけれど時間がある人ばかりではない筈。そんな時に影が出来る場所を知っていれば…実はそういった場所は活性の高い時間が長く続いていたりする。

逆に夕方に時間が無い場合は早いタイミングから影が出来る場所が狙い目。
新たにデイゲームを始まる人は条件を把握するまでに時間が掛かるかもしれないが、釣る事だけに夢中にならずに周りを良く観察する様にするといずれは釣果に結び付く。釣りたい気持ちをグッと堪えて条件の把握に努めるのが、結果的に楽しい時間が増える…かも。



実は5年前にデイゲームをしていた時は片道40分、釣行時間30分という狂行?も多かった。側から見れば阿保に見えるかもしれないが、ほぼ毎回の様にボイルに遭遇していました。

ハッキリ言って自信があったんです。そうでなければ片道40分は苦痛でしかない…。


ハクパターンのデイゲームは魚の居場所を見つけ易いのが魅力。
そろそろ本格的に始まります…行かなきゃ損!ですよ!


]]>
有頂天@
ハクボイル攻略の一手に https://www.fimosw.com/u/95v66p95ex/m3fpdeb6gyz9s3 2021-03-26T07:02:00+09:00


鏡のような水面、強い灯りの明暗部。

魚の顔の向きが安定するだけの流れがあってくれるのならやり方も増える。例えば…




気にされている方も多いかもしれませんが、同じルアーでも見せる角度を変えればシルエットは小さくなり、よりハクに寄せる事が出来たり。

因みにどアップでも鱸は普通に口を使ってくれます。自分は魚の真下流に立ってキャストしたりしてますので。爆(ルアーカラーはアピール系の方が良い印象)


流れが弱いと…



5秒後はこの位置。



そんな感じの遅さ。

実は自分、所謂?シーバスがバックで進めるくらいの流れの弱さ、嫌いではありません。橋の上流側でも下流側でも可能性がありますし、灯りの中を意識させたりだとか暗い中で追わせたりだとか色々と出来ますし。


さて…

ポイントの状況は流れの弱い明暗部、風は無風。

ハクボイルは小振りなプラグで攻めた方が確率が上がるのは当然なんですが、問題は飛距離が届かない時。
聞いていて良くありそう?なパターンは…

「ハクパターンだから小さいルアーの方が良いな、小粒なシンペンやバイブを投げるか…あ〜、ボイル止まっちまったな…今日も釣れないか」

的な。

1投や2投で釣れるか、それともポイントを潰すか?
そんなギャンブルの前にオススメしたいのが…



ルアーの一部に強めなカラーが挿しているクリアー系カラー。
写真はザブラウィスパー96s。(メーカーサイトはこちら)



同じルアーでも全体的に色があるのか、一部だけなのかでは全然反応が違います。

使い方は◯◯の一つ覚えの如くジャーク。しかもかなりハイピッチ。

あくまでも「その場のシーバスが許してくれるなら」ですが、ナイトのハクボイルは意外にもこのテのアプローチも有効。



50半ばより上の方が釣り易い。ただ問題は小振りなサイズ。自分、ハクパターンは小振りなサイズの方が難しいと思ってるんですが…



普通に釣れます。

ハイピッチでアプローチする理由は灯りが強いからです。LEDの灯りは非常に強い場合も多く、むしろハイピッチでないと反応が減るくらい。



自分はこういった状況ではデイゲームよりスピードが速いくらい。

理由は勝負が早いから。ぶっちゃけその方が釣れるとさえ思ってます。


気持ち、白濁したクリアーなので灯りの色と同化して識別し辛いんじゃないかと想像はしていますが、まぁ魚に聞いてみないと分かりません。
ただ、ハクパターンの場合は聞く相手はシーバスではなくてハクではないかと。

自分、デイゲームは15年くらいやっているんですが、ハクパターンの良い所?はハクの動向でシーバスの状況を目で見て推測出来る事。

ボイルが止まる前に予兆があるでしょ?ハクパターンは。そう、ハクが沈むんです。
ハクが浮いている理由は、想像するに空中からの脅威(鳥など)をしてまで水中からの脅威を感じているから。

アングラーがアプローチでシーバスに警戒心を与えればハクも安心して沈む事が出来ると…それを目で確認出来る事も多いのはハッキリ言って利点。

因みにこの日に限って言えばウィスパーのハイピッチジャークでハクは沈みませんでした。ただ!ルアーカラーにはシビアで、ルアー全体に色が付いているウィスパーのジャーキングではハクが沈みました…。


それでも魚の総対数が少ないエリアでは飽きられるのも早いので結局はアプローチの一つ、という話です。



最後にウィスパー96sの説明を軽く。
本来は流れに馴染ませてドリフトで使うミノー。ドリフト用としてはかなり使い勝手が良いです。
そしてジャーキングでもめっちゃ使い勝手が良い!

流れを受けて(ダウンクロスで)水を切るタイプではないですが、アップ〜クロス領域でのジャーキングでは遺憾無く性能を発揮してくれる。自分のボックスでは一年通して入っていない事は無いくらい。
ミノーなのでレンジに限界はありますが、もし少しでも魚に出会う確率を上げたければ持っていて損なんて有り得ないかと。


です!



]]>
有頂天@
危ない!フックキーパーを使おう‼︎ https://www.fimosw.com/u/95v66p95ex/m3fpdebfawg3di 2021-03-20T19:04:00+09:00 (因みに本人了承済みの内容です)

釣友のH君が県西部の河川を見たいというので軽く案内する事に。



一番の目的は地形チェック。地形を知らずして川鱸には辿り着けない…。


H君は割とアレなタイプ(爆)で、例えば先月も浜名湖で釣りをする事になったのだけれど、実釣の前にジャーキングを見せて欲しいと言われた。

ただその日の睡眠時間は3時間弱…まぁ釣りだけ考えればジアイに合わせて追加で4時間は寝られるかな?って感じだったのだけれど、お袋から用事を頼まれて1時間しか寝れない事に。
普通ならH君の方は断るのだけれど、わざわざ高速を使ってまで来るのだから?そりゃあ合わせてやらないとな…と殆ど寝ずに浜名湖へ。

出発の時に連絡を入れた。そしていざ浜名湖へ向かったのだけれど、40分ほど走ったところで連絡が来た。

「今から出ます。」

はぁ⁈ってなるでしょ?笑

「連絡来てから準備してたんで♪」


寝不足の中、40分待つ事になった…彼はそんなタイプ。笑


この日も出発はいつも通り。まぁそこは想定内。
ただ問題は地形チェックがてら竿を振った後だ。

車に戻る道中、ふと後ろに目をやると…



彼はルアーをプラプラとさせていた。

おいおい…風が強い中、近くを歩いていて(水の中)それは無いだろ…。

流石に固定をしてもらった。

暗くなってから目的の場所に行く道中、数カ所立ち寄る。また車に戻る道中にあの光景が目に飛び込んで…



こらこら。笑

「ちょっと危ないぞ?」と後ろを向いて話しながら足を止めなかったのが運の尽き。段差に気付かずすっ転び…



ウェーダ…あ…(お察し)

ヤバい…ヤバいよ…何がヤバいってお小遣いが余ったので子供達にゲームを買う約束をしたばかりだよ…爆


流石に念を押して最後のポイントへ向かう。

釣りを終えて恐る恐る(爆)目をやると…





もういいわっ!笑

確かに面倒くさいと言えば面倒くさい。(そういう事ではないけれども)

とりあえず、コレがオススメだっ!



スミスホームページ


「大丈夫ですよ」な〜んて言われて信用する大人は居ない。そんなの当然でしょ⁈

根拠が全く無いのだ。何をもってして周りの人間を傷付けないの言い切れるのか。

「大丈夫だろう」と考える人は仕事でもミスが多い。「危ないかもしれない」と常に考える人はトラブルへの対応も早い。


動画もー!

https://youtu.be/kAIURYfJxt8


近所の人が10億円、当選した…。

俺は宝くじなんて当たらないだろうと買っていない。だから当たらないのだ…


orz



]]>
有頂天@
新規参入へ向けてDUOの取り組み https://www.fimosw.com/u/95v66p95ex/m3fpdebxsab4ex 2021-03-15T19:04:00+09:00 コロナ禍の中で釣り業界は賑わっている「らしい」。

景気が悪い時ほど流行ると言われている釣りだけれど、コロナの自粛が始まった頃に仕事が無くなったのか釣り道具一式を売り払う人を見たので個人的にいまいちピンと来ない。

「釣りすらも出来なくなってしまうのか…?」

という感じで人ごとだとは思えない恐怖を覚えた。
(未だに安心なんてしてないけど)



先日、汽水湖に釣りに行った時に釣具店でお洒落な物が目に入った。



ゴミ袋が20袋入り。
以前から有ったのかは分からないが、そう言えばDUOは最近YouTubeで色々と動画をアップしていたな…と思い出した。

DUOの公式YouTubeは→こちら

DUOも最近はサーフの釣りに傾倒していたが、懐かしい?タイドミノーも新しく作り直すみたい。SLDとかリップを削ってジャーキングで良く使ってました。

しかし特にモデルチェンジしていないルアーの動画までアップされている。
今さら何で?とは思ったのだけれど、自分も心当たる事があった。




最近は今まで使っていなかったサイズのルアーも使う様になったので、初めて見る物はとりあえずYouTubeでアクションを観てから買うか決める。
パッケージにも色々と書いてはあるのだけれど…アテにならないとは言わないが、書かれている説明だけではピン!とは来ない。まぁ一つの言葉で思い浮かべるイメージは人それぞれですし。

慣れているタイプのルアーアクションはある程度、想像が出来る。ただ、考えてみれば新しくルアーフィッシングを始める人や淡水からソルトに移行した人達にとっては実際にルアーのアクションをYouTubeで観られるのは有り難いはず。


ただ正直言うとDUOもブログはあった方が良いかな…それもファンでなくても目に付く場所で。

というのも自分はフィーモを頻繁に見るのだけれど、フィーモから撤退(表現はおかしいかも?)したメーカーの新製品が全く分からない。
今現在、フィーモにログを書いているメーカー以外の新製品を知るのはショップが書いているログのみ。

いくらインスタやYouTubeが便利だとは言っても見るのは元々のファンだけ。

不特定多数が見るフィーモってのはかなり良いと思うんですけどねぇ…個人的にはまたアイマにも書いてもらいたいし(ライキリ60とか知らない間に発売してるし)、シマノの毎日投稿もかなり好きでした。


メーカーだから簡単な告知や宣伝で良いのでは?と。
誰かの目に止まり、いざ使ってみたらめっちゃ釣れました!的な。そこから更に広がって行くかもしれませんし、近隣の釣具屋はそのエリアで良さそうなルアーを店員さんの判断で取り寄せたりもするのでどうしても偏ってしまったりする。


DUOも何やら楽しそうな取り組みを始めるみたいですし!

https://youtu.be/nguDVs2F0U4

こういう動画がおすすめに挙がるか挙がらないかがYouTubeのAI次第ってところが勿体無いな、と。

ふと一般アングラーが感じた事でした!

ではでは。


]]>
有頂天@
エルドール115Fを使ったジャーキングU字メソッド https://www.fimosw.com/u/95v66p95ex/m3fpdeb2oms4st 2021-03-14T10:07:00+09:00 先日、新しいルアーのスイムチェックに近所の池に行くと先行者が。流石に気が引けたので一言、声を掛けると快く入らせてくれた。

暫くすると先行者さんがヒット。写真を撮りたい様子だったのでカメラマンをする事に。
ただ、一枚撮った時に…ん?何か撮られ慣れしてるぞ⁈聞いてみるとメガバスのプロスタッフだそうだ。



感じの良い子で話に華が咲いた。因みに、感じの良い子でないとあまり声を掛けないのが自分だ。爆

メガバスのプロスタッフ、石田さんのインスタもチェックしてみて下さい。あまりの釣れっぷりにバス釣りをやりたくなりましたよ。笑

石田さんのインスタはこちら
因みにシーバスでは大野ゆうきプロのファンらしい。


開発に在籍していた事もあったそうで、やはりルアーが好きな人は釣りを良く知っている…との事。
日中にルアーのアクションチェックをする人としない人で釣り(アプローチ)が違うのも当然と言えば当然か?


シーバスアングラーが最初に覚えるテクニックがドリフトやU字ターン。やはり視覚から得られる情報量は膨大で、日中にルアーの軌道を見ている内に身体がタックルに伝わる情報を記憶し、知らず知らずのうちに暗所でも狙った場所でUターンさせられる様になる。

ただ、やればやる程にドリフトだけでは限界も感じる訳で。



分かり辛いですが、赤い円の中の白い点がルアー。
そのままただ巻くだけでは黒い矢印の通りの軌道になってしまうのだけれど…




「ジャーキングはリアクション狙い」と思われている方も多いのではないでしょうか?
個人的にはそればかりではなく、ドリフトの中で行うジャークはラインの変形を意図して作り出す意味合いもある。





鋭角なU字を描くにはラインを相当、流さなければならない。しかもアングラーから離れれば離れる程にいくらラインを流しても、いくらラインメンディングを行っても不可能になる。

「し」の字にターンさせたければ狙う場所の出来るだけ上流に立たなければならないのだけれど、そもそもソコに立てるかは分からない。

メジャーポイントなどで人が立ち並び、U字を描くスペースが確保出来ない、よしんばU字を描けたとしてもそこは下流のアングラーがルアーを着水させる場所で、せっかく着いて来てくれたかもしれないシーバスが逃げてしまう、など。


一回のジャークを行う事でラインが変形し、跳んだルアーから先行したラインはルアーにU字を描かせる。

限られたスペースの中、周りがドリフトしかさせられない中で、自分だけがU字を描く事が出来る。


ルアーはAPIAエルドール115F。



水を斬り裂くヘッド形状が様々な軌道を描くドリフトを可能にする。ジャーキングはジャーキング、ドリフトはドリフト、と別に考えてしまってはこのルアーの性能は活かし切れない。

因みに…ワンジャークの後の再始動は必ずただ巻きにしなければ意味が無いのでご注意を。



この場合のワンジャークはラインの変形が狙い。変形し、先行してくれたラインを次のジャークでまた変形させては意味がない。
ワンジャークで充分は変形を作り出した後は、そのラインの軌道にルアーを乗せる。だからU字を描ける。


エルドールは使い勝手の良いルアーだが、いまいちピンと来ない人も居るのでは?

「あぁ、飛んでくれるけどルアーがどう動いているのか分からん」

そうそう、良く飛んでくれるんですよね〜…って部分も動画に収めようと8フィートクラスにヴァンキッシュをセットして川に行ったんだが、、、着水点が遠くて映らなかった、、、汗。

という事で逆に手持ちで一番、飛距離の出ないタックルを使った。




ジャーキング専用タックルなので飛距離を求めるのはナンセンスな話。

7.3フィート、LT2500(ラインは少なめ)、PEは1号。
巻き取り量が少ないのは「そうなってしまった」のではなくて好きなルアーに合わせてですので悪しからず。爆

それでも必要最低限の飛距離が出てくれるのが最近のミノー達。



特にアイボーン118Fとエルドールは使い勝手が良い。一見、似ている二つだが、性能は全く違う。ドリフトの釣りに於いてはどちらが良い悪いではなくて、どちらも必要なマスターピース過ぎる存在だ。


、、、という事で説明不足なログの補足。

https://youtu.be/iM0o0yyVSa8

「ジャーキングでU字の軌道変化なんて、普通でしょ?」って方は観る必要は無いかと。逆にもし、やった事が無いなら一度は観て頂きたい。

ハッキリ言って釣果は断然、上がる。


いつも同じ場所に立って同じ場所に投げて同じ場所でヒットする。

「いつもあそこだから根か何かあるんじゃないか?」

本当にそうだろうか?ただ着いて来てくれてU字を描いたから口を使っただけではないか?

ドリフトで周りより釣りたければジャークは必須だ。



最後に少しだけ補足。
ジャーキングでラインを変形させるには事前にある程度のラインの弛みが必要。つまり、近場で試そうとしても大きな変形は作り出せない。
しっかりと離れた距離で、そして出来るのであればウェーディングをお勧めしたい。(陸っぱりで出来ない訳ではない)
そのせいもあってルアーの動きを撮るのに苦労しました…。

もう一つ…今までエルドールをナチュラルドリフトで使っていた人が懸念するのは「音」ではないかと。
ナチュラルドリフト「気味」ではなくナチュラルドリフトの強み?は音が限りなく少なくなる事。
ジャーキングをすると、どうしても音が出てしまう。なので着水で意識をさせていた場所よりは少し離した場所に着水させたり(ジャーク時の音でルアーを意識させるイメージ)、風が強い日に試してもらうと良いかも?エルドールの音質は割と良いとは思ってます。


あくまでも主観の話。

では。


]]>
有頂天@