プロフィール

ケンスケ

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/9 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:71
  • 昨日のアクセス:587
  • 総アクセス数:524097

QRコード

ガイド抜けが悪いノットの利点

PEラインとリーダーの結束部を巻き込む場合にはガイドに干渉しないすり抜けの良いノットが推奨されていますよね。


しかし、必ずしもそうする必要はないのかなと思います。



先日、三日月の明かりだけが頼りの環境でメバル釣りをしたのですが、その日は風もあって回収時に軽量ルアーとティップの距離感をうまく掴めませんでした。


そんな時はルアーを巻き込んでしまったり、想像よりタラシが長い状態でキャストしてしまったりといったトラブルが起きやすいですよね。



それを防ぐのが巻き込む時に結び目がガイドに突っかかるノットです。

実際にはこのような感じです。


写真ではサイズ感が分かりづらいのですが、FGノットでリーダーの端糸を長めに切っていますので、トップガイドから巻き込む時に音と振動が出ます。


このFGで無くとも突っ掛かればOKです。
リーダーの長ささえ把握していればその部分を巻き込んだ感触を感じた時に簡単にルアーの位置を把握できますからね。

少なくとも高速でルアーを巻き込むトラブルは無くなるので、初心者の方などにオススメです。

僕のノットの場合、本線保護の編み込みを省いているので耐久性を考慮して釣行毎に結び直しています。MAX6g程度のルアーを使用する際ならPE04に フロロの組み合わせで1日2日釣り続けても問題は出ていませんが一応です。





その日は「ここでこうやったら釣れるよ」とルアーまで頂いて全部お膳立てされた状況での釣りでしたので当然のごとく釣れました。

初めて経験するパターンでしたが、一時は入れ食いになりながら約15匹ほどキャッチ。


僕は完全に感覚が鈍っていたので危うくそこまで教えて頂きながらも貧果になるところだったのですが、ノットのお陰もあってなんとか釣りになりました。(釣れて当然の状況で釣れないのが1番困りますからね…笑)



最後にオマケです。
DAISOのコインケースがリーダーを入れるのに便利ですので宜しければお試しください。



上のスプールなら3枚ほど入るので、僕はその日使うであろう物を選択して携帯しています。


以上、超小ネタ2連発でした。笑


コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

秋開幕に向けての開拓!
1 日前
渡邉 雄太さん

JINS スイッチ(眼鏡)は釣り…
3 日前
ケンスケさん

所詮は数投で飽きられる事でも
4 日前
有頂天@さん

タイコリール初挑戦
4 日前
rattleheadさん

エギングが苦手な子に本気で講…
4 日前
ワカメマニアさん

リーダーの使い分け
4 日前
シノビーさん

伊豆の秋イカとの戯れ
5 日前
タケさん

一覧へ