プロフィール

ケンスケ

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:221
  • 昨日のアクセス:299
  • 総アクセス数:538998

QRコード

高価なロッドの落とし穴

以前、へらぶな釣りをやっていた頃は道具は高価なほど性能も高く“いいモノ”であると思っていました。
それぞれ目指された方向性は異なっていても他よりも軽く、ためが効き、グリップの手に収まる感覚などはやはり廉価品とは全然違うなと。
しかし、キャスティングを頻繁に行う釣りをするようになってからはそうとも限らな…

続きを読む

余計な荷物で新パターン発見

先日、とにかく魚がルアーを見切るのが早くて何をしても同じルアーで釣り続くことがありませんでした。
「なにをやっても連発はしないけど、ルアーを変えさえすれば釣れる」それに気付いてからルアーローテーションをしまくりました。
基本は2inch程でボリュームも小さいものばかり使っているのですが、この日はアイナメ・…

続きを読む

夜釣りで灯りを照らすと釣れなくなるのか実験

暗闇の堤防で同行者と2人でメバリング。
辺りが暗くなってからは入れ食いとまでは行かないものの、ポツポツ釣れて久々の数釣りで癒されていたその時。
「そこ入らせてもらっていいかな?」
平日の夜中、僻地に軽トラで颯爽と現れたポイントの主的な雰囲気を纏った方に訊かれました。
「もちろんどうぞ」
特に何も考えずに…

続きを読む

複数人で釣りをするメリット

僕の場合、サーフフラットではたまに単独の時もありますが他の釣りはまず1人で行きません。
メリット、デメリットという観点で単独の釣りをしていない訳ではないのですが、それらは必然的に付いて回ります。
最近、意外な発見がありました。
グループ釣行の利点の1つに正解が複数パターン存在する時に単独では把握できな…

続きを読む

ガイド抜けが悪いノットの利点

PEラインとリーダーの結束部を巻き込む場合にはガイドに干渉しないすり抜けの良いノットが推奨されていますよね。
しかし、必ずしもそうする必要はないのかなと思います。
先日、三日月の明かりだけが頼りの環境でメバル釣りをしたのですが、その日は風もあって回収時に軽量ルアーとティップの距離感をうまく掴めませんで…

続きを読む

先行者が居たケースの戦術考察

ポイントに先行者がいた場合、やはりその場にはプレッシャーが掛かっていると予想されますし精神的にも辛いですよね。 
今回のターゲットはロックフィッシュ。
居付きの魚を狙う場合や、先行者が餌釣りだった場合ならば尚更のことです。
そんな場合の活路を考えた結果、回遊の魚を狙う技術や目新しいメソッドなどは持ち合…

続きを読む

メバルプラグを1つ買うなら

メバルプラグ…
また高いだの安いだのというつもりはないのですが、本腰を入れていない釣り用に揃えるにはちょっと高い。
でもハマれば凄く楽に釣れるんですよね。最近の釣果はそれが大半です。
揃えるのを最小限で済ませようと色々な方の釣りを見たり、教えていただいたり、自分で試したりしました。その結果、詰まるとこ…

続きを読む

相反する感覚の種を掴む

釣りの解説において相反する訳の分からない表現が当たり前のように使われていますよね。
伝えたい感覚をより正確に解説しようとすることには掻けば掻くほどくほど痒くなるような煩わしさを感じます。
動画はブログのような個人の偏った感覚を通した文字だらけの表現以上に正確な情報が得られるのにも関わらずそれでもまだ…

続きを読む

急がば回れスタイルを通した人のベストフィッシュTOP5 2019

個人的ベストフィッシュTOP5。
残念ながら登録ライターはプレゼントキャンペーン対象外とのことですが、せっかく毎年書いてきたので今年も書きたいと思います。笑
今年の思い出に残っている魚を5匹挙げて順不同とします。
①座布団ヒラメ
圧倒的に強いインパクトがあるのはこの魚。
僕の釣りはサーフフラットメインで毎年掲…

続きを読む

自分の価値観と格安製品

釣り具って高いですよね。
ものに対価を支払うのは当然ですが、コスパは高いことに越したことはないです。
このルアーをご存知でしょうか?
これがよく釣れるんです。
かの有名なDAISO製品なのですが。
やはり性能的に完璧ではありません。
改良してほしい点はあります。
でもコスパ最高のいい製品だと感じます。
『ダメな…

続きを読む