ANGLER'S PARADOX https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 5/0フックは小さい?? https://www.fimosw.com/u/3339/sd3d6eorax82zi 2021-01-25T10:00:00+09:00  

港湾の釣りが多い自分が多用するワームは2〜3inchほどのもの。よって使用するフックは3〜2番が多いです。


ただ先日ボートロックへ行く機会がありまして、事前に情報を集めたところ使用するワームは小さくて3inch、倍以上大きい8inchなんかも普通とのこと…。
なのでフックそれに合わせて5/0番なども普通。

サイズ比較するとこんな違いです。


ちょっと抵抗を覚えるサイズ感。
上のですら食い込みが悪いと感じることがある魚を狙うのに「これを使うの?食えるの??」と感じていました。


「5/0でも小さいくらいだよ」なんて自分で体感するまで信じないぞ…。



なんて考えながら岩手県・小白浜よりいざ出船。
お世話になったのは「健勝丸」。



出船して間もなく、すぐに心配は消えました。5/0でも当たり前かのように30㎝台がフッキング。

ランチワーム6inch+5/0フック

あれ、普通に掛かるぞと。
上の写真はアイナメですが、もっと口が大きいマゾイに至っては9.5inchのワームに5/0フックで約20㎝くらいのもヒット。

百聞は一見にしかずと言ったところでしょうか、この日の終わりにはもはや5/0フックが小さく見えるレベル。

他にも結構釣ったのですが天気が悪かったもので、スマホ操作が効かず写真が撮れませんでした。
下の写真を見ていただければご納得頂けるかと。






木に積もってる雪は出船時にはありませんでしたからね。帰港すると15㎝ほど積もっていました。。

そんな状況の中でももっと釣りがしたかったなと感じるほど新鮮な体験ができて楽しめました。

5/0フックの大きさに抵抗を感じている方も一度体験してしまえば全く抵抗がなくなるかと思います。余計な心配はせず購入したほうが良いかもしれませんね!




]]>
ケンスケ
ラインスラックを取るな!! https://www.fimosw.com/u/3339/sd3d6eoraatpk6 2021-01-21T15:35:00+09:00








2人で行ったところ、もう1人に自分よりも圧倒的に釣られてしまいました。

カウントも使っているルアーも同じなのになぜ?

最後まで同じペースに辿り着けず、素直に釣り方を習いました。


するとキーポイントはラインスラックの量と発覚。
横風が3〜5mほど吹いていたので、何もしないと大きく糸ふけがでます。
爆釣するためにはラインスラックをまったく回収しないほうが良かったようで、もはやルアーを操作している感覚が無な状態です。


そうかそうかと習ってラスト1投…。


完全にラインスラック量の差でした。
ラインメンディングはただただルアーの操作をしやすいように張るばかりではいけないなと勉強になりました。

シーバスのドリフトなんかでもそのように感じていたのですが、今回はまったのは想定を超えるラインスラックを残してのドリフト。
固定観念はやはり無くして行かないとダメですね。
]]>
ケンスケ
タングステンジグヘッド導入のすすめ https://www.fimosw.com/u/3339/sd3d6eo28yuose 2021-01-12T07:00:00+09:00 釣具によく使われる鉛よりも格段に重くて固い金属ですね。(ついでに価格もお高め)

重い性質だからこそ、同じ重さなら小さくできるというのが最も体感しやすいメリットに繋がると考えています。



元々サーフの釣りでは驚きの飛距離が謳い文句のファイアヘッドをよく使っていましたが、ある方に勧められて最近ライトゲームでもタングステンジグヘッドを導入しました。


するとそれが予想以上に好感触!
TG 月下美人 SWライトジグヘッドSS (3g)

これを導入してみたところ、強風の日に3人で並んで釣りをしていて自分だけ釣れるタイミングが出来ました。


恐らく1人だけしっかり沈めた上でコントロールできていたからでは無いかなと推測しています。

このヘッドの特徴である前面に設けられたカップが風による横滑りを防いでより垂直に近い形で沈みつつ、テンションをかけたらブレーキが掛かることでよいアプローチができたのかなと。


これは少々高くても買う価値があるのかなあと。
風が吹いたときの切り札的な位置付けで持っておいても損はないかも知れませんね。



]]>
ケンスケ
寒冷地ホッカイロ活用術 https://www.fimosw.com/u/3339/sd3d6eoov395zt 2021-01-10T16:00:00+09:00 というタイミングでも無くなってしまいましたが昨年末から時間を上手く作れずに久々の更新になりました。


さて先日初釣りに行ってきたのですが、カップラーメンに注いだお湯が完成までに冷たくなるほど寒くてびっくり。

みなさんもそんな状況でも釣りされますよね…?
今回はより快適に冬の釣りをするための記事が書きたいなと。他の人の2倍以上着込むことがザラなほど超寒がりなのに素手で釣りがしたい自分のホッカイロ活用術について書いてみます。


まず検証をした宮城の気温はどれくらいなの?
という所から書いて行きますと、1/3の初釣りで温度計は-11℃を示していました。
もっともっと寒い地域も多いのでしょうが、十分に寒いですよね。


そんな環境で釣りをしていて感じている有効なホッカイロを貼る場所は2箇所です。

①首
ネック付きのヒートテックを着て背側のネック部分に貼り付けます。更に上から襟付きのフリースやネックウォーマーで重ねることで保温すると完璧です。

②うちもも
これが最もオススメです。感覚的にもずっとカイロの温かさを感じ、体全体も温かくなっているように感じます。


この2箇所!
有効な活用術を調べれば手首やお腹、腰、足など様々挙げられていますが、特に効果を感じています。


以下は釣り納めと初釣りなど最近の写真です。








本気モードの素手が功を奏したかどうかはさておき、2021年は1投目からメバルをキャッチするなど上々のスタートを切れました。


首とうちもも。
寒くても釣りがしたいという方々!
この2箇所ぜひお試しください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

]]>
ケンスケ