プロフィール

網走

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:65
  • 昨日のアクセス:88
  • 総アクセス数:580983

QRコード

地磯 カンパチ 2019-2

3/31

朝に一時間ほど地磯へ。
同行者1名。

日照時間が長くなってきたため、3月中は1、2月と比較してより多く釣行していたのだが肝心の結果が全く振るわず、上がった魚はバラクーダ1匹のみ。

例年なら3月中旬頃には釣果が上向きになってくるのだが今年はどうやら魚の動きだしが遅いようだ。


東の地磯は珍しくべた凪ぎ。
まず投げるのは自作のダイビングペンシル。大きさは20cm。
自作ルアーは3個に1つくらいの割合で失敗作ができるが、ルアー作りは楽しい。
時間があればルアーの自作に関することも別項でログを描きたいが、私は筆無精でとんでもない面倒くさがりなので多分無理だろう。


時刻が6時を回りそろそろ帰ろうかというところで同行者I氏が3kgくらいのカッポレをあげる。
磯ルアーをデビューしたばかりのI氏にはこのサイズのカッポレでも十分なファイトだったようでかなり楽しめていた様子であった。
彼は期限付きの出張で島にきているので
このまま順調にステップアップしてもらって、島にいるうちに10kg~20kgあるいはそれ以上のサイズを釣って目一杯楽しんで欲しい。

私のほうは最後の締めに20cmのミノーを結ぶとこれが正解だったらしくすぐにヒット。

食った直後の重量感から良型だとわかる。
足下まで寄せ、チラと紡垂形のシルエットがみえた矢先に魚が海底に突っ込んでいったので肝を潰したが、それが最初で最後の抵抗らしい抵抗であった。

シルエットからGTだとおもっていたが魚の正体はカンパチ。
重量は実測11kg。

同行者にギャフ打ちをやってもらってランディング。

時刻を確認するとちょうど予定していた撤収時間だったので、カンパチをあげたキャストが最後の1投となった。

午後からはかなり釣果の期待が持てる磯へ行く予定。
キハダが出てくれると良いのだが…。


[追記]
午後に狙っていた磯へはいけませんでした(笑)





コメントを見る

網走さんのあわせて読みたい関連釣りログ