プロフィール

関根崇暁

福岡県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:68
  • 昨日のアクセス:74
  • 総アクセス数:951251

QRコード

BlueBlue.jpg 「背中に背負う蒼色は鳥から見た海の色」 「お腹に抱く蒼色は魚から見た空の色」 「BlueBlue 海を愛する人へ―」 「Where's your Blue?」 ima_banner.gif 株式会社アムズデザイン運営のima公式web site。シーバスルアーkomomo,sasuke等の紹介。ルアーテスターの釣行記、コラム等も掲載。

初夏の本流にて

ywxx79um3yzte4xp89de_920_518-bba10cbe.jpg
本流の魚が釣りたい。

いい意味でも悪い意味でも、利根川のサクラマスは釣りに行くタイミングを逃したまま6月を迎えた。

本流ヤマメやニジマスを瀬の中でヒットさせること。

長い事やっていた釣りではあるけれどやればやるほどその奥の深い世界に填まって行く。

今回は栃木県の鬼怒川本流を選んだ。
超が付くメジャーな河川であるけれど、この時期、幅広のスーパーなヤマメが狙える。

前日は神戸で仕事を終え、栃木が地元の仲間と合流してコンビニで釣り券を買いポイントに付いたのは15時くらいの時間になっていた。

狙うはもちろん瀬、渡れないくらいの荒々しい流れだ。

i9s7wffguceewgg7nccr_920_518-0850a911.jpg
程なくして、流し込んだミノーに幅広の本流ヤマメがヒットする。
ya6svynrx6hs9e7d6y3f_920_518-095f370e.jpg
どことなく懐かしく、それでいて新鮮な感覚。

xuiss5z94ug4rtywtkkj_920_518-05c601d0.jpg
続けてニジマス。
本流の流れに磨かれた魚は野性味を増して行く。こちらはブレットンをドリフトさせて流芯から飛び出した。


この釣りを永遠に続けて行きたいと思えるいい釣りだった。

数でもサイズでもなく、流れを攻略する楽しさがそこには待っている。









Android携帯からの投稿

コメントを見る

関根崇暁 さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!