プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:38
  • 昨日のアクセス:503
  • 総アクセス数:214090

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

北海道の渓流釣行

こんにちは。
北海道の小川 貴恵です。


今年の北海道は異常に暑い日があったり雨が少なかったりと苦戦続きです。


北海道は上川・空知・石狩・後志・檜山・渡島・胆振の各振興局所管区域内の内水面はヤマメ釣りが解禁になり、渇水気味の河川ではありますが渓流には多くの釣り人を見かけるようになりました。


(日高・十勝・釧路・根室・オホーツク・宗谷・留萌の各振興局所管区域内の内水面は7月から解禁です)


私がイワナやヤマメを釣りに行く河川では基本はPE0.8〜1.0号にフロロショックリーダー8〜10lbで釣行します。





ゴツゴツした岩があったり、カバーだらけの河川に行くことが多く、不意に大物に当たったりする事もあるのでこのラインシステムで釣行しています。
北海道ならではの強いラインシステムだと思います。


岩と岩の間を通したり、流れを狙ってみたりもするので目が悪い私は視認性の高いオレンジ色のPEレジンジェラーを重宝します。
PEレジンシェラーは渓流釣行メインの私には欠かせないPEラインです。





ラインのチェックは釣行前日に必ずし、PEレジンシェラーは150mの容量ですので渓流用のベイトリールに巻く分は3回分程あるので気になったらすぐに巻き替えをします。



そして結節部には「ストロングノット」を使用しています。
これはヤマメ、イワナに限らず釣行前に準備するラインの結節部には必ず使用しています。





貴重なヒットをものにするために一工夫!という気持ちでひと塗りで結節部をより強固に出来るならとってもいいものだと思います。


ヤマメやイワナ狙いの河川ではヒグマとの遭遇率も大幅に上がるので用心しての釣行になります。
人にとっても魚にとってもハイシーズン。
ヒグマ達も…という事ですね。





釣りが楽しめる時期。
いろんな魚種を楽しみながら釣りをしていこうと思います。

コメントを見る