プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:42
  • 昨日のアクセス:57
  • 総アクセス数:393530

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

ハイシーズンの釣行に備えるために

こんにちは。
北海道の山豊テグスフィールドスタッフの小川貴恵です。


前回に引き続き未だに北海道は雨不足でいまだに川の状況に悩ませられております。


「こんなに水の少ない河川を見た事がない。」


気温も上がったり下がったりで安定せず苦戦している状況です。


7月になりそろそろトップで釣りたい…と思っていて狙いも定めて通っていましたがなかなかうまく釣れずタイミングをみて釣りに行にいってみてはミスしたり反応させられなかったり…まさしく修行釣行が続きました。


今回狙っているのは60センチ以上のブラウントラウト。


ラインシステムも悩み、辿り着いたラインシステムはPEレジンシェラー1.5号にフロロショックリーダー16lb。





以前ブラウントラウトの60オーバーを釣った時のラインシステムはPEレジンシェラー1.2号にフロロショックリーダー10lbでしたが、かなりヒヤリとする事が数回あり、今回はポイントの状況も考慮した上で上記のセッティングになりました。






気温も上がり活性も高い状況でのファイトを少しは想定していましたがこの時期ならではの草木という複雑な障害物もありキャストからのトレースコースもしっかり頭に入れて釣行をしていましたがいざヒットすると想像以上に走られ、強めのラインシステムにしてきて良かった…と安堵しました。



釣りをする上で「糸」の役割は1番大事といっても過言ではないと思います。


難所も無事にかわし無事にランディングしたのがこの魚。


65センチでした。





私はせっかちな性格から不安があるラインシステムでヒットした時に急に気持ちに余裕がなくってしまい今まで何度もミスをしていました。


それからラインシステムを改めて気にするようになり、自分のスタイルやその状況にあったシステムで気持ちよく釣りができるようになりました。
そして現在リールにセットしているラインを確認する機会が増えラインブレイクなどの1番悔しいミスを防ぐことにも繋がるようになりました。


今は河川やその日のターゲットの魚種でラインシステムを考えることも釣りの準備という楽しい時間です。


魚を釣るだけが釣りではなくこんな準備を楽しむ事も自分の楽しみや糧になるのでおススメです。











コメントを見る

登録ライター