プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:35
  • 総アクセス数:392944

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

冬の釣行に備えて

こんにちは。
北海道の小川です。

北海道は各地で初雪の知らせがあり、とうとう冬が訪れたようです。





落ち葉が多くこの時期のルアーフィッシングは落ち葉との戦いにもなります。


北海道は朝の冷え込みがマイナスになっても渓流アングラーは川が結氷しない限り釣りをする事が出来るので、雪が降っても状況を判断し釣行をする事ができます。


とはいえ、普段PEを使っているのでガイドや、ライン、そしてフックまで凍ってしまうこともしばしばあり、天気予報と睨めっこをする日々が始まりますね。


この時期は冷え込む事が多く川の魚の活性が低く苦戦します。


尚且つショートバイトなのでしっかりとあたりがあったら逃さぬように神経を研ぎ澄ました集中する釣りをする事が多くなります。


冬場は流れが緩く、水深がある所に魚は溜まりやすくなっているのでラインテンションなどをしっかりと確認しないとならない釣りが多いので、やはりいつも通りPEレジンシェラーのオレンジが活躍します。


先日、阿寒湖でイベントがあり、その後、道東の河川に釣行に行って来ました。
地元とは違い10月上旬でも朝はかなり冷え込みます。


道東河川は2年前のリベンジ釣行で、ラインシステムはPEレジンシェラー3号にフロロショックリーダー30lbでイトウ釣行に挑みましたがイトウ釣行は1日しか出来ず残念ながらイトウはバラシてしまい…リベンジならずでした。 



ですが…さすがは道東河川。いいサイズのアメマスがたくさん釣れました。





これからの時期の普段の釣りでも貴重な1匹を逃さないためにも安心できるようなラインシステムをしっかり考え楽しみたいと思います。





コメントを見る