プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:25
  • 昨日のアクセス:87
  • 総アクセス数:393678

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

季節の変わり目。

こんにちは。


フィールドスタッフ佐藤です。


9月も後半になり、いよいよ秋本番に近づいてきました。


私のホーム、山陰の汽水湖も季節の変わり目です。


天候や気温、風向きや風量によって非常にムラがあります。


良い時もあれば全く無の日もあります。


しかし、良い日ばかりを狙って釣りに行くのも難しく状況関係なく、私は行ける日にしっかり釣りに行くサラリーマンアングラーです。


厳しい状況でも少しでも魚に近づけるよう特にこの時期はタックルには気を使います。


また、流れが無く風で水が僅かに動くポイントが多く手元に伝わる情報に敏感になる必要があります。


水の動きの強弱がわかる感動。


地形の変化を感じとる。


喰わせ方がマッチしなかった時のショートバイト。


小型、軽量プラグの操作性。


等のメリットを考えて、やっぱりこの時期も前回私が書いたログと同様で細軸ラインが中心となります。


ただし、最低限の強度は残しておきたいためメインラインはストロング8、0.6~0.8号。



リーダーはフロロショックリーダー12~16lb。


8本拠りの滑らかさと細軸によって更にノイズが少なく水中の情報が手元に伝わりやすくなります。


まだまだ秋のハイシーズンとはなりませんが手元に伝わる情報をしっかりとラインを通じて感じとり、魚に出会えるようにしていきたいです。







さて、話は変わりますが秋は釣り物も多い時期です。


山陰はイカの当たり年ともあり、先日はエギングをしてきました。


ライトタックルを使用し、ラインはPEライトゲームホワイト0.3号。



リーダーはフロロショックリーダー5lb。


PEストロング8も視認性は抜群だが、PEライトゲームホワイトもカラーがホワイトとサラシが無ければ視認性は問題無い。


ラインの動きを見てバイトを感じとるような今回の釣り釣りでは非常に使いやすいラインだと思います。



また次回も宜しくお願いいたします。

コメントを見る