プロフィール

薮木尚弘

東京都

プロフィール詳細





カレンダー

<< 2021/12 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:228
  • 昨日のアクセス:391
  • 総アクセス数:304960

検索

:

QRコード

湾奥河川 ボトムレンジまで丁寧に探ると・・・!!

東京湾奥河川、荒川へ。

秋のメインベイトのサッパも少なく例年よりかなり渋いんだけど、この先冬に向けてどうなるのかとか、色々追求したくてエリアやエントリーするタイミングを変えながら通ってます


 
◆狙うはボトムレンジへ◆


セオリー通りシンペン系から表層を探り、反応が無いのでミドルレンジへ。

そこでも反応が中々取れないで狙うはボトムレンジへ。
運河や港湾でもボトム狙いの釣りは得意ではないけど好きなパターンだったりする
ちょっとレンジが完全にボトムになるのはシーズン的に早い気もしてます。

先ずはクリスタルサリー60をややアップに着水させ、ボトムを取ったら流しながら軽くロッドをあおるだけの小刻みなリフト&フォールのアクションを加えてやる。

そうすることで、ただ流すよりも食い渋った魚が思わずリアクションで反応してくれる事があるからだ。

すると待望のヒット


 
bfi8uktiekkzds4mjpjf_480_480-9c5ff89f.jpg


bcs58j6pseywxgg9uhup_480_480-ce11770e.jpg
ルアー:クリスタルサリー60  ブラックレインボー
 
◆同レンジでアクションを変えてみる◆


続かないので今度はスローかつナチュラルに探る為、フィンバックミノー75S(ノーマルモデル)にチェンジ

フィンバックミノー75Sはバイブ感覚で扱えるミノーなのです
ティップの角度を立て、リトリーブ速度を上げれば膝下程度のドシャローから、カウント入れスローで引いてくればナイトのボトムレンジ攻略まで出来ちゃうので魚がどこのレンジにいるか広範囲に探る時なんかも非常に助かります。

​​​​​早速、クロスからのボトムドリフトで流れに同調させるイメージで手元に振動を軽く伝えながら流していくと。。。。

1本バラした後、直ぐ次のキャストでヒット


 
mznfpd4w27f6hxxmu8mx_480_480-c43a83ff.jpg
 
d7r9cty49jhbu69x9vr6_480_480-e37d1e44.jpg
ルアー:フィンバックミノー75S  チャートバックレインボー


速い流れ、緩い流れの中もティップの角度、リトリーブ速度で安易に僅かなレンジコントロールができるので実はかなりおススメの渋い時の最終兵器。

フィンの開発に3年かかったとか

渋い時はシャローでもボトムまで丁寧に
シンペンなどで口を使わなかった魚が食ってくるかも
是非お試し下さい〜


 
◆使用ライン◆
PE:GOSEN ROOTS PEx8 1.2号
リーダー:GOSEN ROOTS FC LEADER20lb

 
vs3uwa3ur9xk2bv4ge2h_480_480-e5d33090.jpg
 

個人SNSも随時更新中です。
こちらもフォローよろしくお願いいたします!
twitter

instagram

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

2021年秋の大阪湾
19 時間前
登石 ナオミチさん

ヒラツイ終了。準優勝でした。
20 時間前
BlueTrainさん

ランカー乱舞干潟
22 時間前
タケさん

魚祭2021 結果発表
23 時間前
こいのぼりさん

冬用グローブのすすめ
4 日前
ワカメマニアさん

フィッシュマン始めました
5 日前
有頂天@さん

万が一は誰でもありうる〜2年…
6 日前
チヌニャン(ねこヒゲさん

落葉
6 日前
平田孝仁さん

一覧へ