プロフィール

ヤブキ ナオヒロ

東京都

プロフィール詳細





カレンダー

<< 2020/12 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:17
  • 昨日のアクセス:72
  • 総アクセス数:471398

検索

:

QRコード

2020年ラストブログ‼︎ 湾奥河川のマイクロパターン

本日で2020年もラスト。
1年間私のブログを読んで下さった皆様ありがとうございました。
今年はコロナウイルスという見えない敵に悩まされあっという間に過ぎたように感じます。
緊急事態宣言もだされ、釣り関係のイベントも多くが中止、釣りへ行きたい気持ちもグッと抑え辛抱した時期もありました。
私は東京在住という事…

続きを読む

湾奥河川 干潮前の1本勝負!!

時間が少し出来たので緩潮、干潮前の湾奥河川シャローエリアへ向かう。
しかし予測よりもベイトは確認できなくて、かなり渋そうな予感…
渋いと聞いていても、現場へ足を運んで自分で確認しないと納得いかない笑
時間も無いので今日は1本勝負になりそうだな〜と思いながらスタート
 先ずはシンペンやミノーで上から中層ま…

続きを読む

極寒の荒川 ボトム狙いでプチ連発

この日は極寒の中、下げ後半の荒川へと向かう。
ベイトは恐らくイナッコとサッパが少しだけといった感じで渋そうな雰囲気。簡単に見えないマイクロ系も捕食していればよいのだが。
ただ流れは程よく効いていてドリフトは行いやすそうだ。
先ずは一通り上のレンジから。
シンペンやミノー、スラローム系で通してくるも中々…

続きを読む

数日間の港湾部コノシロパターン釣行記

最近は年末に向けてかなりバタついており自宅に帰るのも遅い時間。
そんな状況でも魚は釣りたくなり、何度か釣りへ行ったもののブログの更新が遅れておりました。
その為今回は12月の港湾釣行をまとめて書いていきます
 ◆ジグザグベイト80Sのジャークで喰わす◆
今年はどこもコノシロが本当に多かった。
その中でも個人的…

続きを読む

上げ潮の荒川 ランカーシーバスをキャッチ!!

この日は上げが効きだしたタイミングで極寒の中、荒川の明暗と地形変化の絡む箇所へ。
ここは久々だったがベイトも確認出来て安心。
サッパ、小型のコノシロといったところ。
ボイルこそ確認出来ないが潮位、流れの速さが理想の状態。
捕食のタイミングによっては良型も期待できそうだと思いながらスタート
 ◆クレイジー…

続きを読む

超連発!!クレイジーツイスター80Sボトムドリフトのやり方

下げ中盤から東京湾奥河川へ向かう。ここは久しぶりのとある橋まわり。
下りの魚がとどまりそうな場所でもある。
近日あまり状況が良くないのか、すんなりエントリー。
水面のベイト気はかなり薄くなってきたが僅かながらパラパラとサッパがいるもボイルは全く起きていない。
 サッパだけでなくマイクロベイトを捕食してい…

続きを読む

ドハマリで連発!クレイジーツイスター80S

下げ中盤から荒川のとあるシャロ―エリアへ。
水面のベイト量は一気に減ってきた感覚。
なんとなく水面にベイト気はあるがボイルも起きていない。 
先ずはミノー、シンペンでサーチするもバイトは中々でない。
 
人によっては見切って移動してしまうかもしれない感じ。
しかし魚はボトムにごっそりいて、とあるルアーでの…

続きを読む

東京湾奥河川 ミックスであらゆるベイトを捕食中♪

この日は仲間と下げ3分頃から湾奥河川へ浸かりに向かう。
どこも先行者だらけで何箇所か見て、空いていた久々のシャローエリアへエントリー。
メインベイトはサッパ、コノシロといったところだろうか。
 ◆手前から丁寧にサーチ◆
潮位的にはもっと先へ進めるが膝下の水深程度に立ち、手前から丁寧に探っていく。
膝下ぐらい…

続きを読む

ジグザグベイト120F(プロト)を持ってシャロ―のコノシロ調査へ!

この日はお誘いを受け、とあるシャロ―エリアのコノシロ調査へ向かうことに。
タイドグラフで満潮過ぎに出発。
到着したころは丁度潮も動き出しておりいい感じの時間。
それにしても今年はどこもコノシロが多い。
港湾も日によってはルアーを引くと直ぐにコノシロが引っ掛かりまともに釣りが出来ないレベルだったし。
さぁ…

続きを読む

ジグザグベイト120F(プロト)絶好調‼︎

タイトル通りではありますがジグザグベイトには発売中の60mm、80mmサイズに加え、新た120mmサイズのプロトモデルが完成し各地テストがスタートしております。
 
 
既存モデルと比較するとより分かる、このサイズ感にシルエット。大きめのベイトターンに効果的なのではないかと考えております。
 
そして既存のモデルと…

続きを読む