プロフィール

西岡 佑一 ~ちゃま

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/5 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:62
  • 昨日のアクセス:68
  • 総アクセス数:578943

QRコード

new_bunner1.jpg

アテンド続き。

以前より徳島へ遠征に来るとお話を頂いていた、BlueBlue大分県テスターの梶原さんが来徳。
しかし、梶原さんが来られたタイミングの吉野川は見事に激渋。
それでも、まだ望みがありそうなポイントを2ヶ所アテンドするも、釣果は得られず途方に暮れかけていた。
が、その時…
『ちょっと様子見に行くっす~』
っとkentarowか…

続きを読む

早朝ショートタイム。

仕事前ショートタイム。
急激に渋くなった吉野川。
先日まで好調だったポイントも、ベイトの気配が薄れてボイルらしいボイルも見えない。
だが、全ての魚が抜けてしまったワケではない。
岸から2、3M先の地形変化 αが重なる一等地。
ここを超デッドスローで、引き波シャルダスのノーブレードを通してやる。
すると、地形変…

続きを読む

ベイトタックル導入。

確か7年くらい前の事だった。
ジャッカルのポインズンヘリテージ610Mマスターストロークに07メタマグMg7の組み合わせでシーバスをやろうとしたのは。
当時、吉野川で魚を出すのは今の自分には無理だと悟り、まずは市街地河川で経験を積もうとしていた時期だった。
なので、自分のタックルのメインラインはPE0.8号。
それよ…

続きを読む

スクランブル発進。

少し時間ができ、1時間程のスクランブル発進。
まだ少しだが、増水の余韻が残る吉野川。
エントリーしたポイントは、流れ、ベイトともに良い感じ。
早速、流速差で出来たヨレをスカーナッシュ120Fのストップ&ゴーで流していく。
すると、思っていたより反応はあるがショートバイトばかり。
それでも、ちょこちょこ掛けられ…

続きを読む

秋の夜長は臨機応変に。

秋の夜長。
久し振りに、弩M君とうさぎさんと吉野川へ。
まずは、先日好調だったデスロックへ。
若干の増水傾向でスリットを越えられるか不安だったが、ギリギリ越えられて無事エントリー。
そう言えば、うさぎさんと前に釣りしたのもここやったような…
弩M君は、初のデスロック。
時間があまりないという弩M君のために、…

続きを読む

2019ラスト清流。

小規模河川の増水はタイミングが難しい。
朝イチ水量多目だなと思っていたら、夕方にはギリギリだなんて事も多々ある。
だが、それもここ2、3年でかなり読めるようになってきた。
『この降水量ならギリギリ反応が取れそう。
でもベストは昼過ぎくらいか…』
この予想が的中。
ルアー:SNECON130S チャートバックパール
(身内…

続きを読む

久々の…

夜のタイドが大きく動くようになった秋真っ只中。
夏の間は潮位により閉ざされていたポイントへ久々にエントリー。
エントリー前から砂地に見える無数のエイホールに超ビビりながら入水。
ここに来たからには、ルアーロスト無しに魚をキャッチ出来ることは無かろう…
そう。
今回エントリーしたポイントは、通称『デスロッ…

続きを読む

横取り1000万。

BlueBlueから届いたGaboz!!!150のプロトを持って、いつも通り吉野川へ。
だいぶ増水も落ち着いてきたが、まだまだ流れは健在。
今回は、もっちーさんとスリットを越えてディープウェーディング。
広めのシャローの瀬回りで、もっちーさんがテンポ良く数本キャッチ。
自分も負けじとGaboz!!!150を流して50前後を1本と…
ルア…

続きを読む

静&動。

スカーナッシュ120Fがリリースされた秋真っ只中。
吉野川は増水の終盤。
流れが効いた状態でウェーディングができる最高のタイミング。
個人的には、このタイミングが一番好き。
ガンガンの増水で立ち位置を制限される釣りよりも断然ゲーム性が高い。
当たり外れも激しいが、またそれが良かったりもする。
エントリーして…

続きを読む

スネコン。

スネコンが好きだ。
強い流れの中でも動きが破綻しずらい。
そのため、流れの強弱を考えなくて良い。
そして、2フックだから大型のフックを背負える。
スネコン90は販売時#6が着いているが、#4や#3のトレブルに交換しても問題なく使用できる。
使い方は簡単。
抵抗を掛けなければ頭下がりで沈むスネコン。
イメージとして…

続きを読む