プロフィール

有頂天@伝助

南極

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:314
  • 昨日のアクセス:677
  • 総アクセス数:1177742

QRコード

難しいけど楽しい

何やら若い子がルアーを買いたいというので付き合う事に。

実は買うまでに諸々とあった。「なんとなく形が近い」というだけで全く別のルアーと同じアクションをするかもしれない、と言い張るのだ。


「遊び道具としての」ルアーそのものが好きでないタイプ。爆


魚に触るまでのただの一片でしかない。だからしっかりルアーを見ていないし、道具としての価値を見出せない。

別に悪い事ではないのかな?と。

正直、「遊び好き」としては有り得ないのだけれど(笑)、そこは人それぞれなので。真面目なだけかもしれません。そうだ、真面目なんだな…考えてみるとその可能性が高い。
「ルアー自体は好きなんだけれど、傷が付くから使いたくない」と言っていたのを思い出しました。分からなくもないが、バッチリ喰わせたらバッチリ歯形は付くモノ。確かに使わないのも正論か。



さて、件のお店に行ってみる。




爆笑。

売り物ではなく置物。爆




1個、10万円のルアーがひいふうみい…「あっ、俺って可愛いじゃん!」と不思議な感覚に。笑







知らないルアーの方が多いかも?爆





タイニー、クラッシュ9。実は静岡県でDRTが新品で入荷されるのはこのお店しかない。関西圏では信じられない事実でしょう。

「oneside-glide」通称ヨコヨコで投げられない場所にルアーを通した〜い!それこそ真髄の1つでしょう?やらないなら意味がない。やれないならやれる様にするのがルアーに対する敬意。


そして噂のフレンジーも。



持った感触はルアーじゃない。笑
ただ、よくグライドするルアーだというのは触った瞬間に伝わる。

初めての大きさだけど、こういうのって分かるモンなんですね。こういう事が伝わるルアーは大抵、本物。やっぱりスゲ〜んだな、DRTって。



ルアーが好き過ぎる人で笑うしかなかった。某ルアーとか、購入して自分なりにチューニングする為に一度、ほどいて縫い直す事もあるそうです。爆

「入力で変えたりとか?」

「えぇ、そうですね」

と即答。
初めてでしたわ、初対面でこの話をスンナリ即答してくれる人。



シーバスで流行った「木片」も。



自分みたいな「にわか」が言うのもアレだけど、ビッグベイトは最初にして1つの答えに辿り着いてしまっているのでは?と。こりゃあ釣れるわ…釣れる未来しか見えない。鱸釣りの基本にある部分かもしれません。

そう言えばこの「木片」はバラつきだらけでしたね。それ込みで使うルアー、う〜ん…バラつきは悪ではありませんでした。笑

更にジョイクロの金型による違いとか、聞いていて笑うしかないお店。



「タイニーの方がグライドするイメージなんですけど?」

「いや、K9ですね。グライド幅が全然違います。」

あ〜、実物を見てなかったし動かしてないし、やっぱりYouTubeくらいじゃ分からないな…。


「動画に惑わされるな」

とは言ってるんです。自分で動かしてみないと分からないでしょ?その人はそうでも自分が動かせばもっと良いかもしれない。
ただ、DRTをあまりにも見掛けないので自分が思いっ切り惑わされてしまいました。爆笑




「難しいけど楽しい」ってあるな、と。



帰りにLDトゥイッチャー130を若い子達に泳がせてもらいましたが…やっぱり最高なルアーの1つだな、と感じました。使っていて楽しいんです。


生命感がゼロだとか、ヘッドの向きを不自然に変えてしまうだとか、ロッドの動かし方に終始してしまうだとか。まぁホント、全て丸分かりになるルアーです。

あと恩恵としてナチュラルドリフトが楽しくなる。

ナチュラルドリフトが食傷気味な自分ですらそうなるんです。楽しいと思います。釣具店で見掛けた時に手には取ってみて下さい。購入するかどうかはご自由に。爆笑

では。

コメントを見る

有頂天@伝助さんのあわせて読みたい関連釣りログ