プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:23
  • 昨日のアクセス:32
  • 総アクセス数:393341

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

糸の視認性の重要性「フィールドスタッフ正宗」

はじめまして、福井県にてフィールドスタッフを

勤めさせて頂いております正宗と申します。

皆さま宜しくおねがい致します。

FAMELLラインとの出会いは

釣具店で一際目立つ「色をもつ」

ストロング8 フラッシュレモン

視認性がとても良いです。





僕のメインフィールドは磯

使用する太さは

状況によって1.5号と2号を使い分けます。


季節でいうならば

春〜夏は1.5号

秋〜冬は2号

ウネリが大きく無理をしなければならない

状況ならば2号を選択します。






フラッシュレモンの恩恵



PEラインにとって岩肌と言うのは

とても恐れる存在

テンションがかかっててる状態なら

直ぐに切れてしまう可能性があります。

それでも狙うポイントは

荒々しい場所ばかり。

ラインの位置は常に視野にはいっていなければ

なりません。

的確にピンを打てると言う事は

無駄撃ちによるスレ防止

無駄な根掛かりによる場荒らし防止

ルアーロスト防止

PEへの傷の防止

メリットばかりなのです。






色落ち

PEラインは原糸に染め加工してる物が殆どです。

ストロング8も色落ちはします。

しかしこの色落ちは僕にとって

PEの状態把握にとても重要なのです。

釣行後の傷みをチェックする際

色落ちの激しい部分を重点的にチェックします。

1釣行5ヒロ前後はカットです。

とても勿体ないかもしれませんが、

ラインブレイクによるルアーロスト

魚、環境へのダメージの方がマイナスです。

是非一度

ストロング8お試しください。


今シーズン新たに新製品も発売されます。



★新製品のお知らせ★

商品写真

PEショアジグエイト200mが5月GW明け頃販売予定!!

詳細はこちら
http://yamatoyo.com/products/pe_shore_jig8/














 

コメントを見る

山豊テグスさんのあわせて読みたい関連釣りログ