プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:27
  • 昨日のアクセス:32
  • 総アクセス数:393345

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

対象魚によるテンション感覚

表題の件

私は基本磯マルが対象なのですが、春、秋は

平政に絞ってます。

ロッド、リールはもちろんケタ違いに違うのです

が、ラインシステムも大きく違います。

磯マルの場合ストロング8 1.5号〜2.0号
5komvv73x58oyraw9j29_361_480-b4776059.jpg

耐摩耗ショック35lb〜40lb

というセッティングです。

nacp9fuz37ac7mxk9tip_480_386-3b4ca77f.jpg

svfuik2b3sajccbzi2zr_480_362-22f9a921.jpg
srk6mp92ue8jjygdt87u_480_270-fb1b676c.jpg
(川スズキ)

frkcc4fcrc78c52j2tem_480_270-c1392be2.jpg

平政の場合

5号〜6号

リーダー100lb〜130lb

数値だけ見ても倍以上違うのです。

結束はどちらもFG

扱い方は殆ど同じですが、「ファイトの感覚」

が全く異なるのです。

磯マルから平政に切り替えて

数少ないチャンスを探して行きます。

福井ではアベレージ60-70が多く

トロフィークラスの平政には中々出会えません。

が密かに狙ってます 笑

60クラスでも磯マルの数倍引きます。

しかしチャンスの少ない魚だけあって

感覚を掴むのに難があるのです。

平政がかかっても、PE2号程度の感覚が邪魔

するのです。

せっかくのPE5号クラスパワーがいかせきれない

その事が、100%のファイトが出来ない。

中々出会えないだけあって、感覚を掴めないので

柱なんかにくくって、PEの限界値を知ることは

とてもオススメです。

体に染み付くまで引っ張り倒します。

ドラグ設定もその時調整してしまいます。

ドラグチェッカーも良いですが、

僕は数値より感覚を優先させてます。

仮にブレイクしても体が吹っ飛ばない程度に

合わせます。普通の人で15kgとか磯場では不可

です。(普通の僕も無理です)

数値で言うなら10kgまでが現実的だと思います。




hadrgnb3ofw4xpuremmp_480_372-3193b4ee.jpg

mu6p4nwgy52gp3p3g9j5_480_270-e75726b7.jpg

byr9jccev89y8ar46jku_426_400-dc2bdbc9.jpg

no4an8g4ppuvwozaozi9_480_270-a6a2f811.jpg


写真は過去の物を乱用しております。















コメントを見る