プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:38
  • 総アクセス数:392926

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

本間と山豊テグス

  • ジャンル:日記/一般
初めまして!本日ブログを担当させて頂きます、山豊テグスフィールドスタッフの本間昌和(ホンマ ヨシカズ)です!

ご覧になって頂いている方の殆どが初めましてだと思いますので、自己紹介させていただきます。

新潟県出身在住。
釣り馬鹿一家に産まれ、必然的に遊びの主が釣りで育つ。
現在のメイン釣種はシーバスでライトソルトから渓流までとやれる釣りは何でも挑戦したい派です(笑)


初めてやったルアーフィッシングはブラックバス。
ここからゲームフィッシングへとのめり込む。
が、何故か小学生の頃、師匠の元でフライフィッシングを学ぶ(笑)
そしてその師匠から教わり何よりもどハマりしたのがシーバスフィッシング。
実はこのかけ離れ様な釣種の様ですが、実は大きな繋がりがありました。それはまた後ほど…

さて、話は変わりまして山豊テグスとの出会いは実は去年の事でした。

今まで散々色々なメーカーのラインは使っておりましたが、実はFAMELLのラインは使った事がありませんでした。
小売店では何度も目にはしていたのに…

そんな中、山豊テグスの先輩である久保田さんからのご紹介でお話をさせて頂く機会があり、コレがキッカケとなりました。

正直最初は使った事の無いラインを使うのは不安でした。
頂いたサンプルラインを使い込み、強度は?糸鳴りは?水切れは?とか散々試しておりました。

そんな中ラインブレイクを連発してしまい、コレも正直にお話させていただきました。

その時に使用していたノッターの傷が原因とも気づかずに…(苦笑)

それに、気づいた時は恥ずかしく大変失礼な事をしたなと…穴があったら入りたい位でした(笑)

そして手組のFGノットに変え、直後にストラクチャーまみれのポイントでストラクチャーに擦れながらも獲ったランカーでストロング8の強さを実感…



強度面で完全なる信頼を置け、尚且つ得意とするリバーシーバスでのドリフトの釣りにおいて今まで感じた事の無い位の水切れの良さ。
適度な張りも有り、とてもメンディングがしやすい!!

先に出ていたフライフィッシングとシーバスフィッシングの大きな繋がりと言うのがドリフト。

どちらの釣りも自分の中では水切れがいいラインと言うのが一番重要視している点です。

ストロング8…良い意味でかなりの盲点でした。



と、今回はなんの為にもならない纏まりの無いお話になってしまいましたが最後までお読みくださりありがとうございましたm(_ _)m

それでは!!

コメントを見る