プロフィール

山豊テグス

滋賀県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:239
  • 昨日のアクセス:453
  • 総アクセス数:213788

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

こまめなラインチェック by 大澤大介

  • カテゴリー:日記/一般

皆さんこんにちは山豊テグスの大澤です。

4月みは二回目の対馬釣行に行きベストタイミング

かと思いきやこれが中々厳しい釣行でした。

苦労の甲斐あってやっとのことヒラマサをキャッチ

することが出来ました。

au8f8xss5hbtw4uetu5w_480_480-032951a2.jpg

今年の青物は自分的には出だし好調。勢いに乗りたいと

思い近場でキハダも釣れ出し珍しくオフショアに

も乗ることに。

メインラインは普段から愛用のファメルジギングPE5号

リーダーは130lbを使用

ウォーミングアップにポッパーを投げるとドカンと

食いついてくるキハダ。

サイズは16キロから17キロといったサイズ

すんなりランディングできたので

i7p77mf8fn963xnoj9so_480_480-0cca91e0.jpg

次はドラグを8キロくらいに絞めサクっとランディングし

数を伸ばそうとしたのですが

良いサイズが掛かりドラグがどんどん出され

ハンドドラグで止めた途端に

ブツッ

切れたぁあぁぁーーー!!

どうやら四月の遠征時にメインラインも少し

スレていたようだ…

なんせ前回の釣行からノットも組みなおして

いなかったので完全に私の失態である。

まぁ大丈夫だろうと高を括っていたのが

間違いのもとである。

vcxog4xz63jd63uwkdwe_480_480-35174c6b.jpg

そもそも想像を超えるサイズがヒットする

場面を想定し、万全を期して臨む魚種

新品のラインを巻いてくればよかったと後悔した

どの魚種でも共通するんでしょうが極端に

オーバーパワーのラインを巻いて釣りをすれば

多少のことでは切れないと思います。

ですが私たちが行っている釣りはゲームフィッシング

キャストやジグを沈めて快適に釣りをするため

狙いのターゲットよりちょっと余裕をもった

ラインの号数で釣りをしている。

そのちょっとの余裕ある号数で釣りをするには

何匹か魚を釣ったらノットやリーダーは勿論

メインラインもノットから10m~20mくらいは

チェックし少しでも毛羽立っているようなら

カットしノットを組みなおすことをお勧めいたします。

今回の私のようにならない様に

その後、メインラインを20mほどカットし

釣行再開。切られたときのように無理を

しても今度は全く問題なし!

ショアからも良いサイズのヒラマサも釣れ

満足な釣行になった。

rai5wkdowh5drbakdgjh_480_480-0a68200e.jpg

300mものラインを交換となると

それなりの金額になるので気が引けるが

千載一遇のチャンスを棒にふれば次にその

魚に会うまでにかける遠征費は船代を計算すると

安いものだ思います。

ラインは万全に!小まめにラインチェックと交換

をお勧め致します。

fk7djdxh3ixcjpcs4tg8_480_480-f26f8706.jpg

ファメル:ジギング8 5号
ファメル:耐摩耗性ショックリーダー130lb



 

コメントを見る