プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:27
  • 昨日のアクセス:549
  • 総アクセス数:3166137

QRコード

ホゲカウンター始動

駐車場には車がたったの2台。
1台は今夜の同行者。
貸し切り万歳!

今夜のプラン
下げ末期でここ最近撃ってなかったシャローフラットのショルダーに向けて撃ち進み、コノシロを探す。
潮止まり前に引き返してディープホールのボトムをジックリ探る。
上げで意識するのは蟹。



で、結果、全くなんにもベイトに触れず、全くなんにも鱸らしいバイト無し!

同行者は下げでバイトを拾ったらしく、シャローフラットで粘っていたが、その後は結局なんにも無し。
おれは作戦通りにディープホールに移動してゆるんだ潮の中でスネコンのスラックジャークをやり切ったが、チヌのゴン!以外何も無し。

二人でトボトボ引き上げる途中でなんとなく水温を測る。
なんと、17℃!!
この時期は15℃を超えることなんかあり得ない。
同行者は沖の海水温の動向を注視してるんだが、なんと24℃もあるらしい。
河川近海とも異常な高水温のまま。

コノシロ、トウゴロウ、ヒイラギ、サヨリ等、例年肝属河口域を賑わすベイトもなくスッカラカン!
釣れる鱸も他の地域の方から見れば立派かもわからんが、この時期の肝属にしては非常に痩せている。
80cm 7kg クラスが乱舞するのがこの時期の風物詩みたいなもんなんだが、6kgすらもまれだ。
シーズンが遅れているのか?終わってしまったのか?
全く判断がつかない。

そこでお楽しみのホゲカウンター始動ですよ(笑)

ホゲカウンター 1

プロが精一杯頑張っていつホゲから脱するのか?
もちろん肝属川以外で魚は探しません(笑)




で、昨日ブレーキをデチューンしたカルコン。
スゲーですよ!
やはりちょいとカットし過ぎたらしく、スネコンをキャストする際には少しだけメカニカルに頼りましたが、素晴らしい飛距離の伸び!
今夜はもう少しカット量を減らした仕様を試してみよう。




Android携帯からの投稿

コメントを見る

登録ライター