プロフィール

上宮則幸

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:295
  • 昨日のアクセス:568
  • 総アクセス数:3742266

QRコード

好きな釣り方

  • ジャンル:日記/一般
写真は貼らない、お世話になってるメーカー様の宣伝はしない、技術論は語らない、メッセージへのレスが素っ気ない…これほど皆様にとって役立たずなログなのですが、みてくださる方々には感謝しております。
冷やかしで頂くコメントにも嬉しかったりします(笑)



好きな釣り方の事を今回は書きます。
一言で言うと流し込む釣りが好きです。
ターン時に出るバイトを、狙った場所、狙ったレンジで出す事にもうずっと心血を注いでます。
行為自体は投げてスラッグを調整し、ラインテンションの加減でルアーの波動を制御(巻いたり送り込んだり)するだけなんですが、細かいことですが、ルアーのヘッドアングルのコントロールには気を使います。
若干アップに放って流れの筋に対して頭の向きを同調させた状態から意図的に決めた位置で頭の角度を変えてバイトチャンスを作り出す事にこだわってます。
クドいようですが、あくまで意図的にです。
だから、必要なシルエット、波動、カラー、レンジ…を実現できるルアーのみを使うようになりました。
優先順位は、レンジ>シルエット>カラー>波動です。
とにかく鱸の目の前に的確にルアーを送り込む事が大切と思ってます。
それで食わない魚がいる?
そんな魚は釣りません(笑)



結果、もう長い事ルアーのローテに大きな変化がなかったわけです。
それを続けてきたが故、おれの釣りは精度を増してきた反面、ネガティブな意味での「殻」を形成してしまいその殻がおれの限界を決めてしまっているように思っていました。

それを打ち破るべく今シーズンは新しい取り組みにもトライしてきました。
自分のスタイルに合わない事にも精力的に取り組んできたわけです。

今は、新しいものを取り組む意欲がめちゃくちゃありますが、以前の自分のスタイルを益々好きになりました。

技術的には「殻」を保ちながら、殻の外の世界を新たに形成していきたいと思ってます。

読まれて気づかれた事でしょうが、わたしの釣りなんて行為自体は初心者とほとんど変わりありません(笑)
言葉にできるノウハウも大してありません。
単純にその精度にこだわってるだけです。

長く浸かって振ってきましたが、ほとんど変わらぬスタイルであるにもかかわらず、行き着く果てを未だに感じさせない川鱸釣りの奥の深さと喜びと驚きを今後も書いて行きます。

多分、皆様ご期待の内容とは程遠いと思いますよ(笑)

コメントを見る