プロフィール

フミニイ

兵庫県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/5 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:168
  • 昨日のアクセス:429
  • 総アクセス数:216171

QRコード

第二話,自作超ミニスピン,ひとくちスピンIII,構想。

こんにちは!

ラインアイを支点として、留まろうとするスピンと行こうとする親ルアー。

時に姿勢が横向きになり、ひとくちスピンIIの動きにはチドリが加わる。

まだ釣果こそはないものの、視認性が低いはずの45mmに満たない全長のブツが波動を出すわ、チドルわで、必ずしやドストライクバブルがくるんじゃないか?と期待している。

んで、クリアブレードの方。

ソレ自体の重量が軽く、ルアー全体を水平に維持するパワーが得られず、

前傾になる上に

チョットしたウエイトの差なのにも関わらず、

10号程度のトレブルフックを後方に収めるパワーが不足して、

より不自然な三角形シルエットとなってしまう。

ブレード自体に工夫をするのも良しだが、

いっその事、ブレードの力に頼らず、水平進行する親ルアーを作るという事は後々の展開を考えても得策で有るし、全く静かなスピンテールが効く場というのも有るだろうから、IIIに着手。


私が良くやっちゃう失敗。

バイブレーションを作る時に水平や尻下がり姿勢にこだわりすぎて、全くバイブしない、i字系のブツを作ってしまう事。

原因は背アイが前過ぎる場合と

ウエイトが配分を後方に配置し過ぎている場合がある。

って、事はこの辺りのノウハウは沢山有るという事とも言え。

失敗は成功の布石!を証明する様なケースと言える。笑

72bv9v95ajizc7fsmsms_480_287-7176d196.jpg


コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

高比重PE(よつあみ・オードラ…
7 時間前
rattleheadさん

バス釣りがシーバス釣りに生きた
22 時間前
ふぃーもくんさん

白昼の奇跡とは。
2 日前
渡邉 雄太さん

【コスパ抜群】テイルウォーク…
4 日前
平田孝仁さん

サーフの散逸構造について
4 日前
BlueTrainさん

連休中に和歌山の磯を目指す皆…
11 日前
ねこヒゲさん

僕とは違うリールの買い方
14 日前
ワカメマニアさん

込みと季節、日没、日の出、鱸…
26 日前
こいのぼりさん

一覧へ