アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:458
  • 昨日のアクセス:9334
  • 総アクセス数:8374170

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2014/10 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

金谷

新年会が終わり、続々と帰るのかと思いきや、寒いのか、二日酔いなのか、夜霧のせいなのかわからんが、それぞれの理由で、それぞれがだらだらと過ごす時間。
そんな落ち着いているような時間もたまにはいいと思って、一緒にだらだらと時間を過ごす。
夕方になり、それぞれが家族の元へ帰って行く。(一部は釣り場へ)
我が…

続きを読む

初釣り

正月休みの最後の日は友達とちょっくら競馬に行った。
メインレース以外は1000円、メインレースのみ10000円の運試しと思って買っていたが、なんと的中に次ぐ的中。
メインレースはどっかりと7300円も着いて幸先の良い一年を予感させた。
次の日から会社。
年賀式を終えた僕を待っていたのは猛烈なスケジュー…

続きを読む

釣り納め房総遠征

今年最後の釣りはやっぱりシーバスを釣りたいということで、仲間5人で集まって絶好調の内房遠征に。
現地の漁港堤防に着くとすごい数の釣り人。
こんばんは、と声を掛けて間に入れさせて頂いてスタート。
20mほどの間に13~14人くらいが並ぶという、過去に経験したことの無い密度でキャスト開始。
間隔は2mも開…

続きを読む

夜タチウオ

12月9日、駿河湾の夜タチウオルアー船に乗船。
明るいうちに船は江浦港を出港。
乗船メンバーは、たつろー、ちゃり林さん、あつえちゃんに、イシグロ沼津店の梅原さん、伊東店の稲葉さん。
ポイントに向かう最中、船長が反応を見つけて、「はい、どうぞ。」
あつえちゃん、1投で掛けます。
イナダ。
ジグはBlueBlueよ…

続きを読む

鹿児島遠征記2013

お誕生日、fimoとBlueBlueのみんながくれた誕生日プレゼント。
本当に嬉しい。ありがとう。
来年は、いっぱい捌いちゃうぞ。
ということで、S-1の翌日から始まったDVD撮影、釣りビジョン撮影とこの鹿児島取材が3連戦。
身体も悲鳴を上げていて、整体に1日おきに行って何とか凌いでいる感じ。
鹿児島空港ではおなじ…

続きを読む

フォローベイトの欠片

最近はフォローベイトについて、熱が再燃している。
フォローベイトとは、ルアーローテーションにおいて前のルアーの残像やイメージ、波動を利用して、その次に投入するルアーの決定度を増す考え方だ。
日頃、雑誌の取材やTV撮影などで真剣勝負をしていると、1尾1尾の釣果がとても大事であり、ゆえにルアーローテーショ…

続きを読む

タイ遠征記2013 その3

タイ遠征記2013 その3
その1はこちらからご覧下さい。
3日目。
早朝集合でRayon近郊の河口へと向かった。
ここは朝マヅメにバラクーダが出るとのこと。
ゴロタが砂浜に飛び出す感じでいくつか岬があって、そこから沖の潮目に投げる回遊パターンらしい。
地元の人もかなり来ていてキャストするスペースが無い。
サ…

続きを読む

タイ遠征記2013 その2

タイ遠征記2013 その2
その1はコチラからお読み下さい。
「日本って世界最大級のルアー釣具市場なんでしょ?
何もうまくいくかわからないタイまで行ってやることないんじゃない?
もう日本で成功してるんだしさぁ。」
という話を出発前の日本で聞いた。
別に日本で成功してるなんて、自分の会社含めて思ったことも無…

続きを読む

ルアマガソルト取材

先週のある日はルアマガソルトの雑誌&動画撮影。
最近一緒になることが多いこの3人での企画。
自分のミッションを完遂するために、狭い地域の中を東へ西へ走り回る。
ナイトでもデイでも魚を出すことに全力を注ぐ24時間。
最後にゴロタ場で仕留めた納得サイズ。
オヌマンやゆうきはどうだったのか。
それは僕もよく知ら…

続きを読む

夏休み最後の日。

君と過ごした夏休みも今日で終わり。
空が秋の到来を教えてくれている。
今の自分は毎年の秋のために生きている。
60歳まで現役として、あと20回しか無い秋。
今年もまた迷惑を掛けてしまうけど、ごめん。
前の日は,TAKEさんが長男のカズキ君を連れて遊びに来た。
なんかの目的で出航。
シイラの大きいのをばらしたり…

続きを読む