アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2605
  • 昨日のアクセス:10553
  • 総アクセス数:7957143

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2014/9 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

遠征北海道2013初夏 その1

なんだか、20代の頃からずっと人生の勝負をしてきた感覚があったが、ここにきて徐々に少しその勝負の場の横にいるような気がしている。
もちろん、自分の人生の勝負が今の段階で終わっているなんてハナから思ってはいない。
しかし、人生という舞台が鉄火場のようなものだとしたら、「ちょいと一休みさせてもらいますよ…

続きを読む

早朝デーゲーム

雨上がりの早朝。
まずは河川デーゲーム。
開発まっただ中の鉄板系が3つ。
投げまくって引きまくって、、鉄板の何がなんなのか。
それは、今年のフィッシングショーimaブースで話したとおり。
いいものができたとは、まだ言えない状況。
冴えない頭をフル回転させてあーでもないこーでもないとやるけれど、長年やっていれ…

続きを読む

自然と触れ合う大切さ。

本当にこればかりは、皆様のおかげで、fimoもますます発展し、1人の女性アングラー育成に力を入れるチャンスまでもらうことができた。
注目アングラーのぶんちゃん。
だけど、今は昔と違って、多くのメディアで活躍する女性アングラーがいる。
釣りをするだけでは、もうちやほやされる時代ではない。
だから、ぶんちゃん…

続きを読む

河川 上流~中流

ありとあらゆる釣りをやっていると、本来のスズキ釣りの感覚が少し狂うように思う。
釣りビジョンの次の撮影がまた始まるのだけど、昨年と同じ夏の河川ゲーム。
一昨年の利根川編では、かなりの渇水の中、最終日の夜までノーバイト。
が、最後のポイントで85cmをキャッチ。
150km以上上流でスズキが釣れるシーン…

続きを読む

トカラGT遠征記 その2

トカラGT遠征記 その2
その1はこちらから
前夜、ヨシイさんから、パンドラを譲り受けた。(無理矢理?)
カーペンターのパンドラはGT用のプラグだけど、ポッパーとかの水面系では無く、かなりヘビーなシンキングペンシルである。
25cmほどの大きさと200g近い重さなのでイメージはしづらいが、紛れもなくシ…

続きを読む

トカラGT遠征記 その1

GT。ジャイアントトレバリー。
またの名をロウニンアジ。
沖縄ではガーラ。
ソルトルアーフィッシングを楽しむ人なら、ぜひ一度は釣って欲しい魚。
日本近海はそのGTの生息域の北限にあると言われている。
そういった北限もしくは南限といったエリアの魚はとても大型化する事が多く、GTもその例外ではない。
鹿児島県、…

続きを読む

タイ遠征 その4

タイ遠征記 その4
タイ遠征記 その1はこちらから
長崎の七里ヶ曽根から帰るなり、成田から出国した今回のタイ遠征。
ようやく気分がタイになってきた気もするけど、あっという間の最終日。
前の日のオフショアのあとは、タイではとても有名だというレストランに連れて行って頂いたのだけど、疲労の極地で写真も無いわ…

続きを読む

タイ遠征 その2 釣り堀編

タイ遠征その1 はこちらからどうぞ。
フィッシングショーが終わり、車に乗ると今度は釣りに行くという。
明日の朝は午前4時にホテルを出発とか聞いたような気がするんだけど、はて。
これから釣りをしたら寝る時間が無いでは無いかと思ったのだが、彼らには関係ないらしい。
街中より走ること40分。
東京都心からで言え…

続きを読む

ボートシーバス

昨日は久しぶりにボートシーバス。
マリーナから出た途端に、強風スタート。
川の明暗行こうと思ってたんだけど、この風では同船者が釣れないので諦めて港湾部へ。
途中の運河はすごい人。
釣れてるもんね。
ボートでやるより、断然釣れるのが陸っぱりのバチ抜けパターン。
僕らもアンカーを準備してじっくりねっとりな釣…

続きを読む

ボートシーバス

昨日は久しぶりにボートシーバス。
マリーナから出た途端に、強風スタート。
川の明暗行こうと思ってたんだけど、この風では同船者が釣れないので諦めて港湾部へ。
途中の運河はすごい人。
釣れてるもんね。
ボートでやるより、断然釣れるのが陸っぱりのバチ抜けパターン。
僕らもアンカーを準備してじっくりねっとりな釣…

続きを読む