アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:94
  • 昨日のアクセス:1325
  • 総アクセス数:15228366

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/9 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

玄界灘サンライズ遠征ツアー2017 (釣果無し)

2017年3月 玄界灘サンライズツアー



2017年3月。

プロショップMOGIさんのサンライズツアーに参加させて頂いた。

引率は里見店長。

オフショアアングラーなら、一度は乗りたいサンライズ。

一週間前からワクワクしっぱなしだった。

最初に書いておきますが、釣果は無し。

それでも充実した釣行になった。






今回の遠征も全てのロッドをダイワのエアポータブルにした。

そうすると仕舞い寸法108cmのこのケースで全てが収まってしまう。
9ubje4djs5an49adhwxp_480_480-cedb5dfe.jpg
ツナ級、GT級と対応できる85XXHS、85XHS、83XHSの3機種を入れて、リールもソルティガを3台。

他にレインウェアや衣類を入れてクッション材代わりにすることで、ロッドもリールも梱包されて、重さも18kg程度と運びやすい形に。

一つだけ悲しいのは、この仕舞い寸法に合うジギングロッドが無いということ。

あ、ダイワのエアポータブルにはあるけど、俺が持ってないって事。


どうするか考えたのだけど、今回の遠征の主目的はBlueBlueでGW頃発売のガチペン200を投げ込むこと。

金型製作も終わり、金型からインジェクションされた量産サンプルの最終調整をするためなのだ。

各地でテスターがガチペン200の量産サンプルで好釣果を出している中で、自分でも徹底的に使い込んで一番良いセッティングを出そうという狙いだ。

ということで、ジギングロッドを持って行かないことにした。

他の人がジギングしている最中でもキャスティングをしていようと。

というか、キャスティングで出ないときほど、じっくりとアクションチェック出来たり、プロトルアーのローテーションをして色々なものが見えてくるチャンスだしね。





ということで、午後に羽田から福岡入り。

そのままプロショップMOGIの里見店長の運転するレンタカーでサンライズのある佐賀県唐津を目指す。

今回のツアーは、さすがプロショップMOGIだけあって、常連さんばかり。

北海道、新潟、福井、東京、神奈川、佐賀から集まった個性豊かなメンバーばかりだ。

全員初めましてだったのだが、皆さんベテランで気の良い方ばかりで今回の遠征が楽しくなる予感がますます。

夜は顔合わせも兼ねて軽く飲んで、少しだけお姉さんに囲まれて早めに就寝。


翌朝、早朝からサンライズへ。

やっと乗れる新海号。。。(嬉)

nhie4khbyymg8vyp4bme_480_480-91ec2282.jpg




荷物を積んで、タックルをセットしていざ出発!
f8ntcffxp4fg35mcjuyg_480_480-6c2b3cd5.jpg

もちろん先発はガチペン200。




船長の判断で五島方面へ出撃。

潮回りは小潮ということであまり潮が効いていないようだけど、キャスティングゲーム主体でポイント移動しながら流していく。
s7ydtr83wccw7df8c6ah_480_480-9f86a6f7.jpg


キャスティングゲームの方が相当厳しいようで、各日ともメンバーのうちの2人に1本ずつヒットみたいな感じ。

バイトはもう少しあるんだけど、なかなかフッキングしない。

俺のガチペンにも3日間で6発くらいの水柱が上がったが、衝撃を感じたのは2回のみ。






ちなみにガチペンはどんなルアーか。

コンセプトは3つ。

・太めだけどすごい飛ぶ。

・不規則S字ダイビングアクション。

・遊動ウェイトが鳴らすサウンドで魚を狂わす。

o62dk3zr3397cp5dd79w_480_480-4ef37373.jpg

飛距離に関しては、プラスチックの浮力の無さに対して、構造設計をギリギリまで詰めて可能な限りのウェイトを詰め込んだ。

重さは91g。リングと針を装着して103g。

水面に浮かべると2cmほどしか顔を出さない。

通常の形だとそれだとダイブの際の泡がほとんど出ない。

だけど、ガチペンは口が開いている。半分ポッパーみたいなもの。

こいつがダイブするときに泡を巻き込んでいくので、しっかりとしたバブリングも出しながらダイブする。



そして、前方に配置された8mmステンレスウェイト。

数cm立法あるスペースを自由に転がりまくる。

そう、SNECONと同じでどこにも固定されることが無い、非安定式重心移動。

これを採用したことにより、ダイビングの軌道はとても不規則。

ミドルジャークした際に水を掴んで水深10〜20cmをスネコンのような不規則な軌道でS字を描いて泳ぐ。

ショートジャークでは、ダイブしてすぐに顔を出すのだけど、その際も中のウェイトが移動して、決して単調では無いランダム性のある飛び出し方、ステイの仕方、ふらつき方をする。



最後に誘導式ウェイトが鳴らすサウンド。サウンドが効くか効かないかは状況による。ハマったときの強さが欲しくてサウンド有りにした。

オフショアの世界では鳴らないものの方が多いので受け入れられるか心配なところはあるが、GTからヒラマサまで今まで、ガチペンへの反応の方が強いときも体験しているので、ケースバイケースで効果的であればいいなぁと思っている。




ということで、最終プロトを持ち込んで、それこそ0.5g単位でいじったモデルを投げ込みながら釣れない時間を過ごした。



魚のヒットはカーペンターγ45や60など、少し小さめのものに集中していた。
39vdni8gvpdou8dbj3rm_480_480-4b9511d0.jpg


サイズを落としたらすぐにヒット!なんてケースが目の前で起きているので、小さいルアーが有利って雰囲気は感じたんだけどそれでも200しかない俺は投げ続けるのみ。

ガチペン160も最終段階まで来ているんだけど、最後の味付けは200と合わせたいので開発保留中。(持ってくりゃ良かった)

5aif4jvt4psbn8rg5h5u_480_480-ab68bac4.jpg

投げに投げて初日終了。
gjgxxrxrc8ts8ue8t9pw_480_480-2851bf6e.jpg

初日夜は五島の宿に泊まり、次の日の相談。

田代船長からの提案は、ほぼ無風のべた凪とのことで、男女群島に行きませんか?というもの。追加料金で1人2万円かかるとのことだったけど、全員が即決。

小潮で風も無かったらどうせ苦戦するだろうし、男女なら、、、、。


そんな想いで人生初めての男女群島。

テンション上がりまくりで投げまくったが、そんな簡単な世界では無いのね。。。

終日平和な感じ。
7y7xiexwywmwukvkc5gt_480_480-e9d59c69.jpg
キャスティングは1本か2本出たのみ。

これもカーペンター。ホントすごい。というか、みんなカーペンターしか投げてない。素晴らしい実績が作ったこの信頼性。圧倒的だった。


釣れなくても男女群島は美しい。
twgyjtuhcb4xnny26msp_480_480-c115b1b2.jpg


俺は船の中で誰よりも投げた。
m5vd78ierp8jsppmvfnz_480_480-73dd7aba.jpg

最後の方はキャストがさらに上手くなって、飛距離も少し増していた。


男女を離れるときに記念写真。
e397uc9zr9yxj2wddt75_480_480-820111cb.jpg

その日も五島列島に泊まり、次の日も午前中は佐賀に戻りながら打つも、ノーバイト。

残念ながらノーフィッシュとなってしまった。

が、4月に平戸の一栄丸、6月に長崎のステータスと、玄界灘への挑戦はまだまだ続く。

ガチペンの可能性、投げ政の楽しさをもっと味わうべく、頑張っていきたい。





 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ