アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1886
  • 昨日のアクセス:5380
  • 総アクセス数:14768296

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/3 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

フィッシングショー御礼と関連のお話し。


2017年の横浜と大阪のフィッシングショーが終わった。


今回は横浜で11本、大阪で6本の合計17本もステージの上に立たせて頂いた。

横浜はさすがに多過ぎで、土曜日6本、日曜日5本とステージ原稿を用意するだけでも本当に大変だったし、他のことが何にもできなかった。





思い返せば初めてプロアングラーとしてフィッシングショーに出たのは25歳の時だから、かれこれ19年間出ていることになる。

一度か二度は仕事で休んだものの、プロアングラーとして参加した年はいつも自分が立つブースがあり、トークショーなどができるステージがある。



一番覚えているのは、初めてのメガバスブースでやったトークショーだ。

30分前にブースの裏に入ったのだが、その時には会場がお客さんで一杯。

誰かのトークショーでもやるのかと思ったが、その時の俺の担当の人が「村岡さんのトークショーを待っているお客さんですよ。」と言った。

その瞬間から手が震えだし、あの手に力が入らない感覚は未だに人生の最高記録。

が、いよいよ自分の名前を呼ばれる段になった時、裏にいた伊東由樹社長に「大丈夫、いつもの釣りの話をすればいいよ、君ならできる。」と言われ、「さあ晴れ舞台だ、頑張って!」と声を掛けて頂いた。

その一言で緊張が取れた、と書けばなんだかカッコイイ話だが、実際はその一言でますます緊張してしまい、トークショーはもうガッタガタであった。





だが、その時の言葉は今でも俺の心に残っている。

そう、プロアングラーにとって、フィッシングショーのステージは晴れ舞台だ。

そこに立つことができるのは、それはとても幸せなことなんだ。

歌手がステージの上で輝くように、プロアングラーも活動の成果や反響をステージの上で総決算する。


だから、どんなステージだろうと全力で挑むし、来てくれたお客さんが少しでも釣果に近づくような話をすることや、心から笑ってもらえるような話を心掛けている。



今年の反省点はトークショーの数が多すぎて、その精度が落ちてしまったことである。

俺が尊敬する村田基さんのように、どんなステージでも全力でお客さんに語りかける。

俺もそれを目指している。








近年はBlueBlueもブース出展をしているので、そっちの動きも見てないといけない。
v3ozn8gicfzxbakab2yo_480_480-c2cd56b9.jpg
運営は社員がやってくれるが、やっぱり心配。

心配しながら各ステージを回る感じ。

横浜ではBlueBlueガールの蒼木まやもブースに立ってくれた。






東レブース。新製品の紹介をする予定をすっかり忘れて、3月4月のバチ抜けパターンの話で盛り上がった。
sj8h9na6rc37dt363ww4_480_480-1d9e09da.jpg
最後に慌ててラインの紹介をしたり(笑)



一番人を集めていたのは横浜のAPIAブース。
6bzb5dcwzy7hrxjfjnys_480_480-6e062d5b.jpg
松尾道洋君と失敗しないロッド選びについてトーク。

結構、核心に迫ったと思う。




DAIWA−ブースでは高橋ミッチーと。

シーバス以外の話をさせてもらったのは始めて。

シーバスの所ではBlueBlueのBlooowin!140Sによる釣果を画面にどどんと出してもらったり。

DAIWAは他社製品が出ることに寛容になった。素晴らしいよね。
jius2bmc2un223fmsgb3_480_480-f96d07d0.jpg
日本を代表する釣り具カンパニーとして、威風堂々としたメーカーでずっといて欲しい。






日釣工、このフィッシングショーのメーンステージで大野ゆうきと。

3月のアミパターンなどなど。
izye2saudx3m4i44aoch_480_480-9d10e9f6.jpg
大野ゆうきと話をするのはとても楽。見ているアングルが一緒、フィールドが一緒だから。

俺が少し聞きたいこと、教えたいこと、そんな立ち話のような情報交換をとても興味深く聞いてくれることがありがたい。

よくあるショーの形ではないけど、それぞれのみんなの釣りにおけるジグソーパズルの一片を撒き散らすって点ではこの形が最適。

拾う人、もう持ってる人、パズルの一片である事に気付かない人、様々な。




釣りビジョンブースでは藤澤さんと。
egshh4zifzrfb3t7nwu8_480_480-3ad21a08.jpg
このおっちゃんは面白い。

どんな球でも全て拾ってくれるので、俺は好きなように自分の球を投げるだけ(笑)

とても助かる。






大阪のAPIAブース。
6type3s98pvekjf4m7fx_480_480-34ac4f1b.jpg
濱さんとレッドも集まるとさらに盛り上がる。

imaとのバトル。

負けたくないなぁ。




邪道のトークショー。

最後はなぜか仮装大会に。
fmnoxuve53usdsbm8agd_480_480-5b2b25e9.jpg
なんか俺のピコ太郎って一番罰ゲームじゃね?

この日、お腹の調子がすごく悪くて、ステージの上で催さないかどうかがひたすら心配だった。

催してきたら我慢してるんだか踊ってるんだかわかんないし、最悪この格好でトイレに並ぶこと考えたら、プロアングラー人生の終了が掛かっていたと言っていい。

幸い、何にも無く。






ということで、横浜・大阪フィッシングショーの報告。​

お越し下さいました方々、ありがとうございました。

euzhnfh7sg3gprucn4r6_480_480-af23c415.jpg
APIA大阪

67gj7ry5faeoj7z3898d_480_480-7c556a89.jpg
BlueBlue横浜


6urzopzermrp4xoitpyr_480_480-621eef19.jpg
BlueBlue大阪





 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ