プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2014/4 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

アーカイブ

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9678
  • 昨日のアクセス:7408
  • 総アクセス数:6885272

QRコード

アラスカ釣行2012 その2

アラスカ釣行2012 その2    
その1はこちらから。
PCの方はBGMをどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=HoRkntoHkIE&feature=branded
朝、いつの間にか寝入ってしまった僕は、けたたましい目覚ましの音で目が覚めた。
いよいよ、キングサーモンに挑む日がやってきたのである。
どんな河かも、どんな流…

続きを読む

アラスカ釣行2012 その6

アラスカ釣行2012 その6
その1はこちらから
PCの方はBGMをどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=J6ZWlDks0nQ
朝、アラスカは見事なまでの天気に変わっていた。
前日に飲み過ぎた事もあり、Bradが遅刻することも予測して、僕らは集合時間に起きたのだが、今まで時間通りに来たことがないBradがなんと見事に…

続きを読む

北海道2012初夏

ある日、どどんと、RYOGAを衝動買いした。
これを持って白浜でジギングをしにいった。
朝から梅雨の霧雨の中、イナダ中心にポツポツとヒット。
10時を過ぎた頃だろうか、レインウェアが蒸し暑くなってきた。
日差しも出てきたようだ。
レインウェアを脱ぐ際にふと顔を上げると、雲の切れ間から青くて高い空が見えてい…

続きを読む

久米島釣行記2012

機内の窓から外を伺う我が子が言う。
「雲の形があっという間に変わっていくね。」
そう、今、この瞬間にしか無い時間があるんだよ。
色々な想いを実現するために、色々なものを背負って生きていると、時に先の事の不安が脳裏を支配する。
自分が今までやってきたことの全ては、もう自分だけのものでは無く、多くの人がそ…

続きを読む

湾奥シーバスゲーム

最近はギターにはまっている。
車の100Vで鳴らせるし、時合い待ちにちょうどいいし、海沿いだから車から音が漏れても良いし、、、、
と思っていたら、通りすがりのギターショップで衝動買い。
飽きの来ないデザインが素敵じゃんか。
アンプも買ったので、全て一式を宅急便で送ることにして店を出る。
近くのスタバに入…

続きを読む

奄美大島GTその2

その1はこちらからどうぞ。
奄美大島は初めて行くところだ。
GTを狙いに行くのも初めてだ。
昔、週間ルアーニュースのAPCをやっていたときに、毎週毎週あちこちの船宿に取材に行っていた。
そのとき、よく依頼を受けたのはオフショアネット系と呼ばれる外房のジギング船などなど。
取材の際は交通費は出るし、乗船費…

続きを読む

奄美大島GT

忘れ物を探しに行く旅がある。
探し物を忘れに行く旅がある。
最近、日本各地に忘れ物ばかりしている気がするが、、、
忘れ物の数だけ、人は幸せに生きるのである。
という言葉に自分を慰める。
奄美大島への旅に出る前に届いた、一通のLINEメール。
そこには
「今までありがとう。私のことは忘れてください・・・」
僕は…

続きを読む

一人、また長崎へ。

震災から一年後。
その瞬間を静かに新島で過ごしていた。
震災の直後、津波で壊滅した都市の映像や、次々に爆発する原子力発電所の映像を見ながら思っていたこと。
まったく先が見えない状況の中で、日本経済も僕の会社もどうなるのかもわからない。
自分が背負っているものの大きさに僕がこの難局を背負いきれるのかと考…

続きを読む

いい感じ。

fimoの釣りログで盛んに議論というか荒れていた部分もありますが、だいぶ冷静さを取り戻した方が多いと思いますので、書いてみます。
fimoは誕生して1年と6ヶ月になります。
fimoには運営の理念があります。fimo運営理念
僕はこの理念を追うことを20年はやろうと思ってます。
最終ゴールは、釣り人が…

続きを読む

fimo下克上杯

今年は余裕をある程度確保したスケジュールの中で、一つ一つのクオリティをしっかりと高めていくと決意して業務開始したものの、最初の一週間でその目論見は泡と化し、昨年以上の地獄的なスケジュールが3月頃までは続きそう。
今年こそ、冬山の登山をがっつりやろうと思っていたので、それだけは死守しつつ、フィッシング…

続きを読む