アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5845
  • 昨日のアクセス:7602
  • 総アクセス数:8387159

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2014/10 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

房総ティップランエギング

週末は館山に行ったので、リューゴを誘ってティップランエギングに。
この釣り、単にエギを落としてしゃくってアタリを待つ、という釣りと思われがちだし、やってみても淡々とそうなってしまう場合が多いのだけど、しっかりと考えながらやるととても面白い釣り。
何が面白いって、船がどんどんと動いていくって事。
エギを…

続きを読む

S−1GP&ボートシーバス

10月12日、日曜日に行われたS−1GPにお越し頂いた方々、ありがとうございました。
前々日の晩からシーバスに行き、ほとんど寝ないでライトジギング船に乗った関係で、恐ろしく疲れた状態でしたが、多くの人の笑顔に元気をもらって一日を過ごしました。
BlueBlueもfimoも出展させて頂いて、両者並んでのスタート。
BlueBlu…

続きを読む

房総ライトジギング船

連休の土曜日は房総富浦の第三共栄丸にお邪魔してきた。
ヒロ船長はたまに陸の上で会うのだけど、船に乗るのは本当に何年ぶりか分からないくらい。
いつもシイラ船で乗っていたので、パープルの船体を見るとシイラをやりたくなるね。
出船前。それぞれの期待感でワクワクした船上。
ポイントは港がある大房岬の周辺。
水深…

続きを読む

秋のボートシーバス

台風18号が通過し、塩分濃度もすっかり薄くなった都内河川。
上流では増水によって水深が上がり、一気に川のスズキが落ちてくる。
濁っている状態は光量が著しく落ちていて、昼間でもナイトゲームと一緒ということだ。
スズキは果敢にシャローに入り、手当たり次第にエサを食う。
上の水が澄んで下の水が濁っている、そ…

続きを読む

本州最北端に挑む〜青森〜

BS釣りビジョン、筑後川編が毎日放送中です。
まあ頑張りました。次回に繋がる映像ということで(笑)
さて、その次回は本州最北端、青森県を指定されました。
いつもはぶっつけ本番で挑みますが、今回はロケハンに行ってきました。
青森は4月以来。
そもそも青森にスズキなんかいるの?
みたいな感覚も4月の時点ではあ…

続きを読む

東京湾奥は開幕。

9月中旬の東京湾奥、港湾部。
あちこちから爆釣の話が入ってくる。
一方で渋い渋いとのログも結構散見する。
走りのシーズンは毎度こんな感じだ。
これから湾奥中がシーバス一色に染め上がる10月まで、日に日に魚影は濃くなっていく。
俺のホームは今年魚入るのかな?
そんな不安も感じながらのホームの夕マヅメゲーム…

続きを読む

北海道へ その2

前回の続き。
ゆっくりとした時間を過ごしつつ、魚のアタリは渋いみたい。
ケンさんのブランド、BEAMSから繰り出されるTracy25gに2回ほどアタリがあったのみ。
まあのんびりと、いい時間。
でも天気が良くなってきたような・・・?
と思っていると、みるみるうちに晴れてきて、頭上に青空が!
BlueBlue、来た-!
ここで…

続きを読む

夏休み2014 その1

これも1ヶ月遅れですみません。
7月の夏休みのお話。
館山に4泊ほど滞在。
ボートを出して、毎日釣り三昧。
一番好きな釣りはシーバスフィッシングだけど、どんな釣りでも好きだ。
自然の中で遊ぶことが好きなのである。
茂原から磯ヒラエキスパートのTAKEさんが遊びに来た。
まあ、軽くライトジギングでもしましょ…

続きを読む

サーフゲーム好釣果

先日は宮城に遠征。
海辺に立つまでは震災のことを考えたりして,少し憂鬱な気分だった。
震災の記憶は忘れてはいけないことだけど、現地の人々はそれを乗り越えてフィールドに出ている。
フィールドに出れば、そこにはそんな悲劇があった事なんて微塵も感じられないフィールドがあった。
BlueBlueテスターの目黒氏やその友…

続きを読む

7月湾奥はフォールで攻略せよ

6月は怒濤の忙しさでログを書く時間も全く無く、
というか、家に帰って風呂に入って歯磨きしたら速攻で寝る
(しかも3~4時間)
、という一息つく時間すらないギリギリの生活を2週間ほどを過ごしていた。
その間には取材がかっちりと入っていて、時間が無いのでどれも数時間で終わらせるようなスケジュールばかり。
こ…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ