アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5850
  • 昨日のアクセス:7612
  • 総アクセス数:7713355

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2014/8 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

南房ティップランエギング

前日のランカーヒラに続きのお話。
4月6日の前に雑記。
BlueBlueは北京の国際フィッシングショーに出展した甲斐あって、世界進出が進んでいる。
この3ヶ月間で海外に出荷したシーライドは5000個を超えた。
その一つの国がタイである。
タイに届き、タイ各地に出荷されたと同時に、Facebook上でシーライドの文字が躍…

続きを読む

房総ヒラスズキ

先日、忙しい日々に少し余裕が出てきて、久しぶりに怒りの感情を覚えた。
あまりの忙しさに、怒ることすら忘れている。
怒りとはエネルギーの源泉であろう。
若い頃の自分はそれで突っ走ってきた。
が、40歳にもなると少し違う考えを持つようになる。
怒りで世の中は変わるのか。
怒りで人は動くのか。
長い激務生活によ…

続きを読む

朝ゲー

土曜の朝はかなり冷え込んでいたけど、花粉も少ないので早朝デーゲーム。
春の港湾のスズキは食べやすいベイトを食べやすいときに狙っている。
夜になるとバチに狂うスズキも、昼間は稚アユなどのベイトフィッシュに着いているときが多い。
あまり時間が無いので、駐車場から近いところ優先でポイント選び。
満潮からの下…

続きを読む

南房ヒラメ

週末は久しぶりのお休み&シーマガの取材。
金曜夜は、BlueBlue関係者が集まって飲む。
小さい会社の現実は色々と大変。
だけど、BlueBlueには夢がある。
それを酒の肴にして、明日を語る。
釣具業界は不況だとか、釣り人口が減少しているとか、色々と言うけれど、
たった70年前の戦後の焼け野原のあの時、レジャーで釣…

続きを読む

釣れん!

言い訳でもなんでもなくて、今は釣れないけど、釣りたいつりをしているのである。
出ればでかいのかもしれない。
いないかもしれないけど、いるかもしれない。
もうこの釣りを24年もやってるので、魚を釣るだけだったら、この時期どこに行って何をすればいいのかはわかるのである。
しかし、それはそこにもうエクスタシ…

続きを読む

アピアTV

レッドの対決企画。
一緒に笑ってください。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IEXSktE0TXU
ふふふふふふうふふっっふふふふふふふふ。

続きを読む

初釣り2013

新年の初釣りは家の前の荒川から。
南西がかなり吹いているので、河口域は流れがグチャグチャかと予想し、下げ5分に河口の少し上からスタート。
わずかに逆波が入ってきているけど、流れは順調に下げている。
レンジは水面直下より少し下と予想して色々と攻めるが反応無し。
1時間ほどやって、旧江戸へ。
こちらは風が背負…

続きを読む

初釣り2013

新年の初釣りは家の前の荒川から。
南西がかなり吹いているので、河口域は流れがグチャグチャかと予想し、下げ5分に河口の少し上からスタート。
わずかに逆波が入ってきているけど、流れは順調に下げている。
レンジは水面直下より少し下と予想して色々と攻めるが反応無し。
1時間ほどやって、旧江戸へ。
こちらは風が背負…

続きを読む

2012年最終ログ

2012年、本当に有意義な年だった。
来年はさらに良い年にしよう。
そう思って、年末をのんびり過ごしている。
写真の整理をしていて、今年のベスト5が決まった。
僕のプロ活動のテーマは
「感動を釣ること」
それにふさわしい1本に出会えたか。
全ての写真を見てランキングを決めた。
2012 感動の魚ベスト10

続きを読む

2本目のメーターオーバー

毎年書いているが、今年も様々な事があった年だった。
自分の周囲は本当に大きく動いていた。
それは旅立ちだったり、自立だったり、嫉妬だったり、裏切りだったり、過信だったり。
今年も多くのものを得て、多くのものを失った。
そしてまた自分という人間が大きく成長するチャンスをもらえた。
人は必ず幸せになるために…

続きを読む