アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1214
  • 昨日のアクセス:1807
  • 総アクセス数:14964346

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/5 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

玄界灘遠征2017 平戸一栄丸


2017年4月、今年も長崎の平戸にある一栄丸に遠征。

春の玄界灘のヒラマサゲーム。

今回で7年連続かな?6年かな?

初めて平戸に来たときはBlueBlueの使えるアイテムもシーライドV位しか無かったのだけど、今では様々なアイテムが揃って、玄界灘のオフショアゲームを楽しむ事ができるようになってきた。


特に今年の5月に発売するガチペン200は玄界灘のヒラマサや各地のGTを相手にずっとテストを繰り返してきたアイテム。
jvuogkkjgxt9m8kkyamt_480_480-0293c811.jpg
その量産版を持っての初めての遠征とあって、今回はキャスティングメインで行くことに決める。(まあいつもだが)






玄界灘遠征を前に、カラーリングを仕上げる。

ロックショアアングラーである横山侑亮、田尾裕介などの意見も取り入れ、視認性やプラスチック樹脂だからこそできるクリアカラーを重点的に配備。


クリアチャートは曇り空などの少ない光量でもしっかりと下に光を届けるよう、上下とも薄めのチャートカラーを採用。

ガチペンはグリグリッと動くアクションなので縦ホロのフラッシングとクリアカラーの乱反射がしっかりと魚にアピールするように。
s4tcgjekr8vzbou2ed98_480_480-629430e3.jpg

クリアピンクはさらに光を透過するよう、クリア部分を大きく。

マグマホロが馴染んで全体的に透明感のある感じを作り出すように仕上げた。
vavab8n6gd5amkzt8mao_480_480-20eeeea4.jpg

そして、ガチペンから採用になったグローグロー。
g9oytcdk24e296vm73tf_480_480-44f6c99e.jpg
背中とお腹にグローカラーをうっすらと塗り、まだ暗いうちのショアからの誘い出しに対応。

夜〜曇天までの状況で明らかにグローに反応する状況はけっこう多く、発売するにあたり、最も期待しているカラーである。




他にも最終テスト段階を迎えつつあるSNECON180S。
7j3u39sef2vzwur8eudz_480_480-abedf15b.jpg
オフショア用S字シンキングペンシルとして、どこまで通じるか。

そのテストもしっかりと行いたい。





釣行前日に定宿となった銀鱗荘に到着。

天気予報を確認して、明日からの遠征が2日間とも行けることを確認。

この遠征、過去に出船中止になったのはたった1日だけ。

あとの全ては沖に出ることができている神日程(笑)



ゆうすけも到着し、みんなで準備。
sxamodfu38hrd5t6y7fz_480_480-c5a2aeb8.jpg




翌朝、5時に港に集合し、出船。

昨日は強風で出船中止とのことだったが、朝のうちはまだ波が高い。

玄界灘に出る頃にはどれくらい荒れてるんだろう。

そんな気持ちで朝日を見ながら走る。
wchikoynjc2zys5kias3_480_480-ea52781c.jpg


最初のポイントは生月の沖合。

結構荒れていて、みんな速攻で寄っている。



一流し目から当たる。

俺には乗らず。

次の流しでたつろーにヒット。

ガチペン特選サンマカラーでキャッチしたのは15kg。
rk7aw4c9up8n6hsxt75w_480_480-c8147a41.jpg

h3xk8gvnxwzmcvhuautj_480_480-a45c990b.jpg
船酔いしつつも、釣るところでは釣るね。



長崎在住アングラーの横山侑亮もヤズながら続く。
wdww3fzt2pu3miimma8y_480_480-32ff57a0.jpg


たつはガチペン160プロトでもすぐにキャッチ。
g3rtec3a6imzpnvu3js9_480_480-66f1aca5.jpg



俺もガチペン200のピンククリアで5kg位をキャッチ。
fj5yyauxx7tsh6huzasd_480_480-bfa3f0a6.jpg

4j4cr4kawur8ozcc7e2m_480_480-33752e5b.jpg
いや、4kgかね。。。





その後も流す度にガチペンに水柱が上がる。
ugpyynpmkz4v8uj9nv5n_480_480-30061a48.jpg

魚影の濃い玄界灘だから、ある程度釣れるのは当たり前。

しかし、業界にはもう百花繚乱のごとくそこに投入されているダイビングペンシルがある。

その中で生き残れるルアーは、圧倒的に釣れるか、特定の状況でしっかりと結果に繋げることができるルアー。

その中でもガチペン、飛距離は文句なし、太めボディのワイドなウォブリングと、S字アクションなどでしっかりと存在感を出していけそうな実感を得ての発売である。


浪人鯵さんもナイスサイズキャッチ。
g2vzbbnghz7ytiasgo5t_480_480-15410c63.jpg

という具合に北上しながら釣っているうちに夕方に。

今日の宿泊は対馬に。
3hz4dyvcwyaemtpiokxz_480_480-54c49bad.jpg

港に着いたら宿の主人が来るまで迎えに来てくれる。
w7bg6tm3rnci5gvm9tmk_480_480-bc42ba4d.jpg

美女塚山荘。
3imjomvzr4vc7a9tf36h_480_480-725e0010.jpg

たーぼう船長を囲んでみんなで乾杯。

疲れ切っているけど、楽しい時間。
htpjomwivimvky49as23_480_480-4973689b.jpg

今日釣ったブリを刺身に、宿の食事も豪華。
t3pg9c272ps92f8mr9kc_480_480-74bdbd0e.jpg



翌朝は6時に出港。
6c5pohovskw4cbfpzwc2_480_480-47743c16.jpg


この日はジギング主体。
vrc5ubfkx9pa5srt696k_480_480-d668241a.jpg
たつろー、コニファーで快調に魚を獲っていく。

ゆうすけも。
dprydf255j97kvanwshn_480_480-51da3247.jpg

俺もジギングはのんびりとやりつつ、隙を見てはキャスティングばかりやって、ヒラマサにヤズに釣り重ねていく。


潮がたるんでアタリの無い時間帯はシーライドV。
br5zychkkb7ej4fn3o3b_480_480-dfe195fe.jpg
ヌルッヌルッとボトムの方でマイルドにジグを飛ばしていたらヒット。

引きはヒラマサだったんだけど、残念ながらバラシ。



その後はヤズ地獄。
6nx9625mgvhxtjr4ktsa_480_480-3de588a2.jpg


たまにヒラマサが混ざる展開ながらも大半はヤズ。
evxgtxpdvbgk2abwkzn7_480_480-3932af77.jpg

それでも飽きずにポツポツ釣れるのが玄界灘の良いところ。



たくさん釣って、たくさんリリース。

写真は全て撮ってないのでわからないけど、ヒラマサが船中15、ヤズが40といったところ。。。
vpx87hpt6tu97kcucenr_480_480-80865a59.jpg

r9bkc8xmuryracomk4ur_480_480-6301c4dd.jpg

スネコンでもしっかり結果が出せて、また次回につながる遠征になった。




今回の遠征釣行でも動画を作成してみた。

ぜひご覧になってください。

 

ヒラマサ、ブリヒットシーン満載!玄界灘オフショアゲーム by BlueBlue






ガチペン200解説動画




 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ